RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。キャリアクリエーター。採用広報。
人事・経営の家庭教師。米国大学院卒業後、人材エージェント・企業内人事として活躍。
大手旅行会社、自動車販売会社、大手機械メーカー、IT企業など100社以上の採用ブランディング、ダイレクトリクルーティング、リファラル採用をメインミッションとして活動。
人材育成のスペシャリスト、研修講師としても活躍中。

■SNSアカウントのお知らせ
それぞれフォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★ご相談、ご依頼について★
info@jobrescue.net
または各種SNSのDirectMessageでお願いいたします。
転職先として外資系を選択する理由
0

    情報に惑わされてはいけない!?

     

     

    人生100年時代になったといわれ、労働寿命が伸びたことがあります。

    日本の年金制度はリタイアしてから10年は保障をするという制度です。

    時代の流れが変わっているにもかかわらず、制度にメスを入れずに放置してきた結果です。

    女性の活躍社会とか、国民総活躍社会といっていますが、労働環境の整備が追いついていないのが現状です。

     

    その例として日本企業の定年制があげられます。

    60歳定年制がいまだに多くの企業で採用をされており、双方の合意があれば65歳までの定年延長となり、その後は契約社員として働くか、リタイアをするかという選択になっています。

     

    また、グローバリゼーションが進み、国内系企業、外資系企業という垣根はなくなり、新卒で外資系企業に就職をするということも当たり前になってきました。

    海外へ留学をした学生の場合のほとんどは、外資系企業で勤務をするのか、現地企業で働くことになります。

     

    そして、リクルートが最近になり、30歳以下限定で通年採用を実施すると発表しました。

    外資系企業では当たり前だった通年採用という考え方、インターンシップに対する考え方が変わるかも知れません。

    4月の一括採用、広報宣伝活動のインターンシップは今後なくなるかも知れません。

     

    人材の流動化が進んでいくにつれて、日本企業の終身雇用、年功序列というイメージと、企業が守ってくれるということイメージはドンドン薄れていく可能性があります。

    今後は解雇法案が成立することによって、国内企業、外資系企業の差がなくなる時代もすぐそこまできています。

    そうなったときに選択肢として外資系に転職するということがでてきます。

     

    外資系に転職をする3つのメリット

     

    日本企業ではなく外資系企業への転職のよくあるきっかけや理由、外資系に転職するメリットを3つお話します。

     

    1:自分の能力を活かしてキャリアアップしたい!

     

     

    外資系企業は語学力はもちろん専門性など、ビジネスに必要な能力がフルに求められることが多いため自分のスキルを最大限に活かしたいと考える人にとっては最適な職場といえるでしょう。

    また日系企業と違い、外資系企業は自分で希望しない限り他の部署への人事異動は頻繁にはなく、特定の分野のスペシャリストになりたい人にとってはキャリアアップの最適なフィールドといえます。

     

    2:グローバル企業で働きたい!

     

     

    外資系企業は日系企業とは異なる社風・企業文化をもっています。

    ワークスタイルが違うのはもちろん、外国人と働く機会も増えるため、英語を日系企業よりも多く使うことになるでしょう。

    英語力がある方は英語をどんどん活かすころができます。

     

    また人間関係はビジネスライクであることも多く、立場にかかわらず会議では発言することが求められます。

    会議で発言しないと合意したとみなされる、参加していないと思われるなどというエピソードは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

    また文化圏が違う人へわかりやすく説明するプレゼンテーション能力が鍛えられるのも魅力です。

     

    ただ一方で外資系企業の日本支社には日本人しかおらず、日系企業と同じ社風の企業もたくさんあります。

    転職の応募をする際には仕事内容だけでなく、事前に職場環境へのリサーチが重要といえそうです。

     

    3:実力主義で勝負してみたい!

     

     

    外資系企業の特徴として「結果を出せば出すほど給料が増える」ということがあげられます。

    そのため能力があれば年齢や経歴、学歴に関わらず活躍することができます。

    性別や年齢にかかわらずトッププレイヤーでいたい人にとっては最適な職場といえるでしょう。

    | careercreator | 00:05 | comments(0) | - | - |