RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。キャリアクリエーター。採用広報。
人事・経営の家庭教師。米国大学院卒業後、人材エージェント・企業内人事として活躍。
大手旅行会社、自動車販売会社、大手機械メーカー、IT企業など100社以上の採用ブランディング、ダイレクトリクルーティング、リファラル採用をメインミッションとして活動。
人材育成のスペシャリスト、研修講師としても活躍中。

■SNSアカウントのお知らせ
それぞれフォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★ご相談、ご依頼について★
info@jobrescue.net
または各種SNSのDirectMessageでお願いいたします。
失敗のすゝめ
0

    失敗したっていいじゃないか!?

     

    先日、3月から就職活動をするという学生さんと話をする機会があった。

    就職活動に対しての不安や心配事などいろいろと生情報を手に入れる機会であり、非常に有意義な時間であった。

    2014年ぐらいから少しずつ変わってきたが、今年は特にかわってきたと感じている。

     

    失敗することは落第点をもらうことと思いこんでいる学生が多い。

    にんげんだから失敗することはあるし、その失敗を活かせるかどうかは本人の捉え方次第。

    失敗をすることというのは年齢を重ねるとプライドというものに邪魔をされてしまう。

    それによって素直さと謙虚さを忘れてしまう人もいるから、そうならないためにも気を引き締めないといけない。

     

    人は失敗をすることで成長をしていくということに注目をしてほしい。

    今輝いている人たちも、みなさんと同じだったということ。

    右も左も分からない青二才の時にいろいろな失敗を重ねて、今の地位になっているということ。

     

    ロールプレイングゲームで例えるならば、戦闘を繰り返す事によってレベルをあげていくのと同じである。

    レベルアップをしていくうちにいろいろな人に出会い、メンター、師匠、目標になる人が出てきて、

    その人達がやっている方法を間近で見る事によって徹底的に成功する方法を考えた結果である。

    失敗は成長する過程で絶対に必要な要素である。

     

     

    恥をかき、失敗して、学び、行動すること

     

    成長をする過程で1つ目に必要なのが恥をかくこと。

    恥をかくというとあまりいいイメージがないというのが正直なところです。

    しかし裏を返せば自分が至らない点やできないことを明確にしてくれたチャンス。

    これを世に出す事によって、第三者に評価をしてもらったことになります。

    自己評価と他者評価は全く違うものですし、自信過剰にならないようにしないといけません。

     

    恥をかいたら、悔しいと思うことが重要です。

    これは意外に重要なんです。恥をかいてそんなの関係−ねっておもったり、

    割りと嫌じゃないしね−なんて考えていたら、成長をする機会を逃してしまっていることに気づきません。

     

    また、言い訳を考えたり、他人の責任にしてしまうということもおなじことがいえるでしょう。

    自分を守るために「相手がそうだったからしかたない」と言い訳をしたところで、

    あなた自身は成長する機会をスルーしてしまっていることに気づいていない。

     

    昔、超大手の社長さんから教えていただいたことが今でも思い出すことがある。

    「いいもの、悪いものどちらにしても何かしらの結果が出るということは、

    そういう結果になった原因がどこにあるのかを考えなければならない。

    その時にあの人のせい、あの会社のせいなどと他人の責任にしてはいけない。

    まずは自分自身の行動と振る舞いを再度検証してみて、第三者も検証してあなたじゃないということになったら、

    はじめて相手の責任とすることができるんだよ。

    それまでは自分に非があるということ考えて、慎重に発言をしたり行動をしないといけない」

     

    原因があって結果が生まれるものです。

    原因の究明をする前に、他人の責任にするのはどうでしょう。

    原因が自分にないことを証明することができれば、次に進むことができます。

    失敗したあと、同じことを繰り返さないように行動することが求められます。

     

    最後には行動をすることがポイントです。

    ここまでのことを自分の中に溜めておいても意味がありません。

    どんなに笑われようが、どんなに悔しいことだろうが、どんなに嫌われようが、

    今できることを淡々と自分でやっていくしか方法はありません。

     

    目の前にある仕事を名一杯やりきることからはじめてみましょう。

    スピード感が求められる事になり、ミスも起きることもあるかもしれませんが、

    チームでフォローをしあえるようにしておくことが必要になります。

     

    ここで焦りは禁物。

    一気に見返してやろうと思って、普段以上の力を発揮しようとしても空回りをするだけ。

    普段は80%の運転から120%にアップをしたところで、気持ちが先にいってしまい、

    結果としてミスを重ねることになってしまい、更に恥の上塗りになってしまう。

    自分ができることからコツコツと試行錯誤をしながらチャレンジしていくことをオススメします。

     

     

    成長はすぐに現れない

     

    最近では特にすぐに結果を求めたがる傾向があり、下積みという言葉が薄れてしまっている。

    基本的には一発逆転ホームランというシナリオは成長の過程ではない。

    日々小さなことからコツコツとやってきた結果が現在になり、

    現在から未来のcareerにつながっていくことになるから。

     

    コツコツとやってきたことが認められるようになり、山となり圧倒的なスキルになることは間違いありません。

    無心で走っている時は目標とする人の背中を追いかけてしまっているため、

    周りを見る余裕がなかったりすることが多くあります。

    コツコツとやっている時はあまり周りを見ることがなく、成長している実感がないため、途中で諦めてしまう。

    それでは今までやってきたことに対して意味がない。

     

    山の頂上を目指す最短の方法としては、目の前にある仕事をを一生懸命やり続けて、

    信用と信頼を勝ちとこることにつなげることが必要です。

    それが3ヶ月後、6ヶ月後、1年後、3年後、10年後になるかどうかは、

    あなたが正しい方向で正しい努力をすることで、他者評価を得るかどうかがポイントです。

     

    成長のサイクルにのって、山の頂上を目指して目の前のことをしっかりとやることで、

    登るに連れてかわっていく景色をみることができるのと、

    あなたがつくった山を登ってくる後輩たちもいるでしょう。

    負けないように常に先頭を走っていくためには、失敗をすることでいろいろなことを学んでいくことをオススメします。

     

    | career | 00:05 | comments(0) | - | - |
    ノマドブームから見え隠れする既存の働き方の限界!?
    0

      会社を辞めましたblogから見えてくること

      最近よく見かけるのが「◯◯を辞めました」という超大手企業、優良企業を辞めましたというblog。

      退職したことを大々的に公言することはいいことですが、

      そこには学んだことや自分がやりたいことなどフリーランスになるきっかけを書いているものが多くあります。

       

      週休3日、リモートワークスなど新しい働き方を模索していく企業が多くなりつつあるが、

      それでは働き方について根本的なカイゼンにはつながらない。

      長時間労働や残業時間の圧縮などもメンタルヘルス的なことから言われているが、

      携帯電話とインターネットがつながる環境であれば、24時間365日仕事をしていることと変わらない。

       

      経営者が本気で働き方を変えようというのであれば、

      パソコンの持ち帰りや就業時間が終了をしたらメールの対応をしなくていいとか、

      独自のルールを決めない限り、Officeの外で仕事をすることによって情報漏えいの可能性も高くなる。

       

      パソコンを置いてトイレに行っている間に、重要な情報が盗み取られてしまったりすることもあるので、細心の注意が必要だ。

      働く時間や場所にとらわれず、仕事内容も自分次第という自由なところがあるから、フリーランスになる人も多くいるのが現状。

      しかしここで間違った認識をしてしまうと、独立後仕事がうまくいかないということは誰も教えてくれない。

      失敗談を見るより、栄光でキラキラした成功の話をするほうが共感を得やすいと思われているからだろう。

       

      フリーランスは甘くない

      フリーランスになったから成功する保障はない。

      会社員時代にきちんと布石をつくっておいて独立開業をするのであれば、食いぶちに苦労をすることはないだろう。

      起業して10年残っている企業は1割という統計が表しているように、会社が残る確率は非常に低い。

       

      しかし、最近careercreatorの相談で多いのがフリーランスになりたい!という人が増えている。

      理由を聞いていくうちに共通点がある。

      人に使われたくない、自分がやりたい仕事でキラキラ輝きたい、有名起業家のようになりたいという理由である。

      人に使われたくない、自分がやりたい仕事でキラキラ輝きたいというのは、フリーランスになって成功をする確率は低いといえる。

       

      フリーランスの裏側を知らないからである。

      フリーランスの仕事というのは、常に不安との戦い、そして代替が誰かいるという危機感をもっていないと成功はしない。

      体調不良になったり、できないと断ることで仕事が回ってこないこともよくある話。

       

      また、実績がないことを理由に値段を不当に叩かれることもあり、友達価格でやってくれとか無茶ぶりがあるのは当たり前。

      どうしても人との関わりの中で仕事をしていくわけですから、

      人に使われるというよりうまく使ってやるというぐらいでなければ、

      すぐに疲弊してしまって廃業してしまう。

       

      有名起業家のようになりたいといっても、そこには時代の先駆者であり、

      ブルーオーシャンの市場であり、圧倒的なスキルがあるということが揃わないとその人を超えるようなことができない。

      つまり2番煎じ。資金に余裕がある企業が追っかけて来ることになり、その人は潰れてしまうのが社会のルールである。

       

      フリーランスになるということは自由があるということが全面に押し出されていますが、

      実は明日仕事があるかどうかわからないというのが現実。

      手取り7桁も稼げるというキャッチコピーでソーシャルネット上で起業家を語って教材を売っていたり、

      ノウハウを教えるため何十万の教材を売っている人もいる。

       

      電通問題で残業が悪という公式が成立!?

      リーマンショック以降、残業禁止令が出ている企業もあった。

      実際に私が在籍をしていた企業では、就業時間が終わる30分前になると管理職が一斉に、

      「全員、日報を書いてすぐに提出をするように!」ということを言い出す。

      そして15分前になると「◯◯、××、日報が出ていないから早く出せ!」と怒鳴り散らす。

       

      就業時間の定刻になると、

      「お前ら何で残っている!残業申請を出していないのになんでいるんだよ!」

      と怒鳴り知らして部下を強制的に追い出すこともあった。

       

      逆に中小企業やベンチャー企業にいたときは土日を問わず出社して、

      終電を逃したときは、始発で帰ってシャワーを浴びて出社をするという生活も経験をしている。

       

      ここ数年で残業に関しては細かい規定が決まっていくが、仕事内容については職種によって業務量が増えている傾向がある。

      多様化しているにも関わらず、人員を割くなどは行わない経営者が多いのは事実。

      残業代は不確定要素であり、場合によっては営業利益を圧迫することになってしまう。

       

      また、ワークライフバランスということを前提に働き方を変えようという政府の意向もあり、

      働き方が多様化しているのは事実である。

       

      過労死を防止する意味でも企業が残業時間について規制をはじめている。

      電通事件がきっかけとなりいろいろな企業が労働基準監督署の家督がいつくるかという恐怖に苛まれている。

      ディスカウントストアや引っ越し業者ではあまり大きくならなかった問題ですが、

      いろいろな企業でサービス残業の強要などが明るみになってきた。

       

      そうなる前に手をうち健全な経営をしている会社ですということをいいたいのか、急いで整備をしている企業が増えている。

      政府も月60時間、繁忙期で100時間という制限を設けるようにしているけど、

      これではワークライフバランスが取れるのかというのは危惧するところである。

      家に仕事を持ち帰る事によって、何も変わらないのだから。

       

      ノマドワーカーという職業

      ノマドワーカーという言葉が2010年初期に流行ったことを覚えていますか?

      働く場所を問わない働き方を目指すということでブームになった。

      その後東日本大震災によって働き方を見直す人が増えたのは事実。

       

      その裏ではブームにのってノマドワーカーになった人たちが、スタバや街中のカフェでパソコンを叩くのが当たり前になった時代。

      いまでは副業(あえて私の複業とは違う意味で)をしませんか?という広告をインターネットでよく見る事になった。

      どちらの複業をするにしても、会社員である以上は禁止されている可能性が高い。

      そのルールを破ってしまうと懲戒解雇になる事あるので、注意してほしい。

       

      ブームはブームでありちゃんと備えて準備をしていたのか、

      もしくは資金が安定するまで泥水を啜る覚悟があるのかで答えは違う。

       

      ブームにのってなんとなくやってしまった場合は失敗する。

      覚悟を決めて、腹を括れたら成功をする確率が高くなる。

      なぜなら人は人を呼び、一生懸命で丁寧な仕事をしている人であれば、誰かが手を出して救ってくれるから。

      底から這い上がってきた人は非常に強い人が多い。

       

      可能性を広げたクラウドワークスとセルフブランディング

      フリーランスといえば、ドブ板営業が主になっているのは今でも変わっていないが、

      インターネットを使って仕事の依頼、受注が簡単にできるようになった。

      ここで実績を作った上で営業先へ持っていく人も増えている。

       

      クラウドワークスやランサーズが時間を選ばず、仕事ができるということから、

      フリーランスのハードルをグッとさげてきたのは事実である。

       

      子育て中の方や在宅勤務しかできない人へ恩恵があった。

      ウェブデザイナーの仕事やプログラミングの仕事も多数ある。

      契約の問題であったり、いろいろな問題で巻き込まれてしまうケースもあったが、

      この仕組によって稼げるフリーランスも増えている。

       

      それと同時に、blog、ソーシャルネットでいろいろなことを発言することができるようになり、

      日本国民全員が編集者になった時代である。

      表面だけをなぞる評論家や批評家も増えた。

       

      物事の本質、核心をつくことはなく嫌われることなく、キャラを演じる時代になった。

      物事を良くするなら偉くなり、圧倒的な実力がなければ理想は現実にならないということ。

      人は求められるから仕事があることをわすれてはいけない。

      フリーランスになるということは、それなりの努力をして結果を残せないと生き残れない職種である。

      | career | 00:05 | comments(0) | - | - |
      パラレルキャリアの考え方
      0

        デパートの本館と別館をつなぐ連絡通路!?

        駅前のデパートとパラレルキャリアが関係あるのかっていわれそうですけど、

        建物の全体像を思い浮かべてください。

         

        地上部分と地下部分と空中で渡り廊下みたいな橋でつながっているていますよね。

        例えば地下鉄や電車に乗ろうとしたら地下からいけるし、

        バスやタクシーを使うなら地上でいいですね。

        しかしあのお店とこのお店と行くときは、連絡通路を使ったほうが早いってケースもよくあります。

         

        この建物の構造がパラレルキャリアと同じではないかと見えてきたんです。

        なぜなら、careercreatorとして相談を受けている時に、

        ものすごいスキルを持っていたり、こんな情熱を持っているのに、

        なんで複業しないんだろうって思う人に出会ったからです。

         

        その人は最初お会いした時に、出世のチャンスがないのでベンチャー企業に転職をしたいといっていました。

        人材エージェントなら、そのスキルと実績ならベンチャー企業でもやっていけますというものでした。

        私は話を聞いているうちに、この人は置かれた場所で花を咲かせてきた人ではなく、

        きちんとした信念を持っている人と感じたからだ。

         

        最近の芸人さんを見ているとテレビ芸人になっている人もいれば、

        ピースの又吉さんのように芸人と小説家。

        キングコングの西野さんのように芸人と画家。

        芸人と俳優。芸人と放送作家。

        芸人と飲食店経営者などいろいろな人が増えている。

         

        ジャニーズも同じような気がする。

        アイドルという肩書を持ちながら、キャスターになったり、小説家になったりしている。

        お笑い芸人は面白く、おかしく人を笑わせることに対して全力投球をしているプロフェッショナルなんです。

        本来であれば本館の2階か3階にいた人たちです。

        本来であれば最上階にあるレストラン街を目指して日々切磋琢磨をしながら、

        賞レースにでたり、テレビで奮闘したり、劇場で芸を磨いていくのが本来の姿でしょう。

        オチがわかった人もいらっしゃると思いますが、しばしお付き合いを。

        ふとした瞬間に横を見たら…

        本来であれば切磋琢磨をしながら、最上階のレストラン街を目指しているはずなのに、

        ふとした瞬間に横をみたら連絡通路を見つけてしまったんです。

         

        セルフブランディングと同じことなんですが、縦の力をもちながら、横の動きができる人だったということになります。

        元々才能があるけど、努力の仕方が違った場合や間違った方法だった場合、才能が開花することがない。

        その方法をスライドさせて違う方面で活躍できるように気づいたことがポイント。

         

        ここは素直に認める謙虚さが必要です。「有名だから賞がとれた」とか、

        「有名人パワーを使ったのか」とか妬んだり、嫉んだりしていては成長がないということ。

         

        そういう人は地下の食料品売場をウロウロしていたり、

        喫茶店やカフェでまったりしているのと変わらない。

        そういう人であれば応援することはなく、そのまま放置してしまうだろう。

        自分自身の強みを見つけると…

        どんなことでも構いませんし、自分が何をやりたいのか、

        どうなりたいのかと腹が決まっている人というのは、どういう状況下に置かれたとしても、

        自力で困難な場面を打破することができるようになる。

         

        私は縦足があり、横の動きもできる自力型の人とよく表現をすることがある。

        この理論については、「努力をして何か成功体験をした人というのは、

        どんなパターンにおいても力を発揮することができるということ」である。

        修羅場をくぐってきた人や失敗を繰り返してきた人というのは人間味が厚くなる。

        そして人徳もえられることになる。

         

        ゴルフを始める時に、レッスンプロに手ほどきを受けておかないと、自己流になると言われている。

        自己流で身についたスイングを改造するには時間、労力がかかるだけでなく、

        身体に染み込んだものをすべて忘れさせるようなぐらい練習をしないと悪いスイングが良くなることはないと言われている。

         

        パラレルキャリアについてもうまく戦場を選ぶことによって、

        上手に戦うことができる。戦場によってはまだブルーオーシャンのエリアであったりする。

        | career | 00:05 | comments(0) | - | - |