RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。

個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。
転職駆け込みFAQ
0

    転職をする時にトラブルだけは避けましょう。

     

     

    意外と多いのが退職時のトラブル。

    人ですから感情があるのはわかりますが、コンプライアンスをしていないとブラック企業へ転落をするかも知れません。

    上司だろうが、人事だろうが、あなたの一挙手一投足でブラック企業判定をされてしまうかもしれませんので注意をしてください。

     

    ネットの口コミはあまり当てにしなくてもいいよっていう人もいますが、それが企業への先入観、思い込みになっていくことは間違いありませんし、これから採用を長期的に考えるとマイナスになることもあります。

    ネットだから匿名性があるから気にしないでいいという時期は終わっています。

     

    辞める側としては会社に対して最後までちゃんとした対応をするようにしましょう。

    下手をうつと損害賠償責任を追うことになってしまうケースもあります。

    退職時の誓約書の内容については確認をしておかないとあとで痛い目にあうかもしれませんので、注意が必要です。

     

    よく質問を受けるベスト6についてまとめてみました。

    退職時には注意しておいて損はありませんので、もう一度よく考えてみましょう。

     

    1:退職を申し出たが「考え直せ」の一点張り

     

     

    これは、まずは就業規則を確認してください。

    ほとんどの会社は1ヶ月から3ヶ月前に退職願を提出することと、就業規則に明示しています。

    なぜ、この期間が設けられているかどうか考えてみましょう。

     

    まずは退職をするにあたって、あなたの業務の引き継ぎ、後任、残務整理が発生します。

    その期間で行うことが条件ですから、1〜3ヶ月は妥当な期間といわれています。

     

    たまにあるのが、法律上は14日前でいいんでしょという人もいますが、それでは人道的、業務的にも追いつかないのが現状です。

    引き止め工作も必要にですが、あまりにも長期化することは問題になります。

    なので、ちゃんと話し合いをした上で、退職日を決めることが円満退社への近道になります。

     

    円満退社を実現するためのチェックリスト

    ・就業規則にある退職規定を確認したか

    ・自分が担当する仕事はすべて終わらせたか

    ・後任者への引き継ぎを済ませたか

    ・社員証、パソコン、名刺、携帯電話など、会社から貸与されたものは返したか

    ・健康保険証をかえしたか

    ・14日以内に年金手帳、雇用保険被保険者証、源泉徴収票の3つをもらったか

    ・経費の精算はおわらせたか

    ・デスクやロッカーを片付けたか

     

    この項目をチェックしておくことを忘れないで下さい。

    特に多いのが源泉徴収票ですが、最終の給与が確定してからの発送になるため、時間がかかることがあるのでチェックをしてください。

    離職票、雇用保険被保険者証などは退職手続きが終われば、すぐに発行してもらえるので、退職日にもらいたい場合は事前に相談をしておくことが必要になります。

     

    2:退職を伝えると、ボーナスの減額された

     

     

    大手企業の場合であれば、人事評価が確定したあと、ボーナス評価が確定しますので、問題はあまりないのが現状です。

    ただし、中小企業やベンチャー企業の場合については、ボーナス査定は経営者が決めるケースがあるので、思っていた額より少なくなるケースもあります。

     

    不服申し立てをしても受け入れられることは少ないのが現状。

    全額を確保したいというのであれば、ボーナス支給後に退職を申し入れるのがベストなタイミング。

    賞与の規定については、就業規則の賃金規定にかかれているのでそこを確認してみましょう。

    わからなければ、人事に聞いてみるのも一つの方法です。

     

    3:同業他社への転職はNG!

     

    退職する際の誓約書をみてびっくりをすることもあります。

    底には同業他社への転職についてはNGという項目があります。

     

    確かに日本では職業選択の自由がありますが、企業によっては就業規則などで同業他社への転職を禁じているケースもある。

    これは、ノウハウや顧客を流出させないようにするための手段です。

    大手企業がクライアント情報や顧客情報をもって転職先にいったことが判明しているケースもあります。

     

    どの程度の効力があるかどうかはケースバイケースですから、まずは企業に相談をしてみるのも1つです。

    後ほど、訴訟問題になってしまうと不利益になりますから。

     

    4:有給休暇の消化を拒否された

     

     

    これも退職に関するトラブルになるケースが多い。

    これは上司との関係性が問題であったり、退職するタイミングが繁忙期など、会社の事情に寄ってトラブルになるケースが多い。

     

    退職時に残っている有給休暇、振休については、消化をすることは労働者の当然の権利です。

    有給休暇の消化を拒否され内容にするには、退職までのスケジュールを余裕を持って設定をすること。

    きちんと残務整理、引き継ぎを行うことで周りに迷惑を掛けないことがポイント。

    そうした上で工夫をすれば上司も認めるしかなくなります。

     

    また、退職時期が繁忙期にあたるのであれば、その時期を避けておく必要があります。

    それでも上司に拒否をされたから、上層部または人事部に掛け合うことが必要です。

     

    5:入社時期1ヶ月先送りといわれたら

     

    これはたまにあることですが、理由を聞くことを忘れないようにしましょう。

    企業側が受け入れ時期をずらすことは違法ではないので、基本的には受け入れるしか方法はありません。

    ただし、引き延ばされた挙句に、内定取り消しになるケースもあるので、その判断にはどのようなことがあったのかを確認しましょう。

    ちゃんと答えてくれないケースは、怪しいでしょう。

     

    6:募集職種と違う職種に配属

     

    これは実に巧妙に仕組まれていることもあります。

    面接時に募集職種と違う仕事をしてもらうケースもあるといわれて、合意をしたものとみなされることがある。

    それがなかった場合については、企業に説明を求めよう。

    応じてくれない場合には、労働基準監督署などに相談をするようにしましょう。

     

    | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
    失業保険には裏技が存在する!?
    0

      準備をしていることがポイント!

       

       

      転職をしようと考えてから動きはじめたけど、なかなか時間が取れないということはよくあります。

      会社にバレないようにするには、面接が休みの日になるか、有給休暇、振休などを駆使していくことも必要になり、いろいろと消耗するぐらいなら、退職した後にゆっくりと仕事を探そうという人もいます。

       

      以前にもお話をさせていただきましたが、自己都合による退職は待機期間が7日と3ヶ月あるので、その間の生活費、光熱費などいろいろと計画をしながらお金のやりくりをしていかなくてはなりません。

      そこで活用をしたいのが職業訓練という裏技。

       

      職業訓練を活用して、待機期間を短縮する方法

       

       

      職業訓練をうまく受講しながら、待機期間を減らして給付金をもらうことでお金の余裕が生まれてきます。

      この裏技を利用する時にはちゃんと準備をしておかないといけません。

      そのためには日頃からハローワークの職業訓練の情報を仕入れて置く必要があります。

       

      職業訓練を申し込むのは離職をしていることが条件ではありません。

      給付金を貰える条件は受講時に失業状態であるということがポイントなんです。

       

      失業と共に職業訓練を受けることが出来ればすぐに受給できる。

      自己都合による退職の場合は、7日間の待機期間に加えて、通常は3ヶ月間の給付制限期間が設けられている。

       

      この間は失業給付金をもらうことができないので、預貯金を切り崩して生活費に当てる必要が出てくる。

      ここで余計な出費がかさんでしまうと、心に余裕がなくなってしまい、負のスパイラルへと入り込んでしまう。

      ましてや、冷静な判断ができない可能性もあり、再びブラック企業へ入社する可能性があります。

       

      しかし、国及び都道府県が実施している公共職業訓練を受講することができれば、給付制限を解除して、退職後に直ちに失業給付が受けられる。

      訓練期間中については、1日当たり7000円の受講手当と月42500円までの通所手当が基本手当に上乗せされて支給されるというメリットまである。

       

      ただし、入校と共に制限期間が解除されるため、入校のタイミングを合わせる必要があります。

      1月、4月、7月、10月に開始をする講座がおおくあり、4月は年度替わりということもあり、多くの講座が開講されています。

      募集開始時期については、約2ヶ月前から始まっており、面接を経て受講できるかどうかが決まります。

      応募時点では現職、離職は関係ありません。

      入校時に失業状態であることで、待機期間が解除されることになります。

       

      失業給付金をもらいながらアルバイトをする方法

       

       

      これも間違って認識をしてしまうことが多いのですが、失業給付金をもらいながらもアルバイトは可能なんです。

      ただし、1日4時間未満ということが条件ですので、4時間を越えるとこの規定は利用できません。

      すごく微妙なラインですから、時間管理をちゃんとしないといけません。

       

      待機期間後は4週間毎にハローワークへ通いながら、失業認定をしてもらいます。

      手続きの際には、期間中働いた期間があるのかどうかを申告することになります。

      原則として1日の労働時間が4時間以上の日数分については就業、就労扱いになるので、失業給付金からは控除されます。

      バイトをしていても4時間未満であれば内職手伝いをして扱われるため、失業給付金はもらえることになります。

       

      ここで注意をしてほしいのが虚偽申告をしてしまうと、罰則の対象となりますので気をつける必要がある。

      大丈夫と思い込む前に、ハローワークの窓口で相談をしておくことが必要になります。

      何事もわからないことや曖昧なことがあればすぐに聞いてみることをオススメします。

       

      最長3年!お金をもらいながら資格取得ができる

       

       

      離職者が厚生労働大臣師弟の職業訓練を自己負担で受講をした際に、その経費の一部が支給される制度があります。

      お金をもらいながらキャリアアップを目指せるメリットがあり、まさに一石二鳥である。

       

      2014年10月からは、この教育給付金制度が大幅に拡充をされた。

      給付割合が経費の40%(年間上限32万円で最大3年間)に引き上げられたほか、講座終了から1年以内に資格を取得するなどして被保険者として雇用された場合に20%(年間上限48万円)が追加されることになった。

       

      さらに離職中かつ受講開始時が45歳未満の人は、訓練期間中に離職前の基本給の50%相当の教育支援給付金が上乗せで支給される。

      取得でいる資格には、看護師、保育士、介護福祉士など再就職に有利な難関資格もズラリ並んでいます。

      その後の就職に有利に働くこともあります。

       

      | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
      失業中にもらえるお金のエトセトラ
      0

        失業給付金以外にももらえる給付金がある

         

         

        意外と知られていない給付金が実は3つあります。

        申請をすればもらえるものですし、失業中には意外と嬉しいサポートで金銭面でも少し余裕ができますから、転職活動がやりやすくなります。

         

        再就職のために受講費などをサポートしてくれる給付金。

        訓練・生活支援給付金

        再就職手当の3つがあります。

        それぞれについて細かく見ていくことにしましょう。

         

        その他給付金について

         

         

        職業訓練を受ける場合や、怪我や病気によって就職が困難な場合に受け取れる給付金のこと。

        公共職業訓練を受けている期間や怪我や病気で働けない時に、ハローワークに申請をする。

        再就職のために受講費などをサポートしてくれるシステムであり、再就職のために公共職業訓練などの受講が必要であると、ハローワークの所長が認めた場合、その費用として、受講手当、通所手当などが支給される。

         

        通所手当とは、職業訓練中の交通費の支給です。

        通所手当は、受給資格者の住所または居所から、公共職業訓練を行う施設へ通所するために交通機関や自動車を利用する際に支給されるものである。

         

        受講手当については、職業訓練中は1日500円が支給をされる。

        受講手当は受講資格車が公共職業安定所長の指示した公共職業訓練を受講する場合に支給される。

        支給の対象となるのがは基本手当の支給対象となる日のうち、公共職業訓練を受けた日。

        受講手当は1日500円。

         

        寄宿手当は、通所のために家族と離れる必要がある人に支給される。

        寄宿手当は、受給資格者が公共職業安定所長の指示した公共職業訓練を受講するため、家族(そのものより生計を維持されている同郷の家族)と別居して寄宿する際に支給される。

        対象となる期間は公共職業訓練を受けている期間のうち、上記家族とべっきょして寄宿する期間。

        寄宿手当の月額は10700円。

         

        傷病手当金については、病気や怪我によって15日以上就業できない人をサポートする。

        傷病手当金とは、受給資格車が離職後、公共職業安定所に来所して、求職を申込んだ後に15日以上引き続いて、疾病または負傷のため、職業につくことができない場合に、疾病または負傷のために基本給付の支給を受けることができない日の生活の安定を図るために支給をされるもの。

        14日以内の疾病または負傷の場合には基本手当が支給をされる。

        傷病手当の日額については基本手当の日額と同等しきゅうされる。

         

        訓練・生活支援給付金について

         

         

        無料で受講できる基金訓練や公共職業訓練期間中の保障であり、雇用保険を受給できない人が、職業訓練を受ける場合に支給をされる訓練、生活支援給付金です。

        基金訓練または公共職業訓練を受講するともらえ、ハローワークに申請をする必要があります。

         

        無料の職業訓練を受けている期間、生活費を受給することができる。

        失業期間の長期化などにより雇用保険の受給できない人が、職業訓練を受けている期間中の生活保障として、訓練生活支援給付金が支給をされます。

         

        ただし、条件が多く審査も厳しいからといって、申請をしないと損をすることもあるので、ハローワークで相談をしてみましょう。

        1:ハローワークに求職登録をしている人で、ハローワークの所長のあっせんをうけて、基金訓練または公共職業訓練を受講する人。

        2:雇用保険の求職者給付、職業転換給付金の就職促進手当および訓練手当を受給できない人。

        3:世帯の主たる生計者である方。原則として申請時点の前年度状況により決定する。

        4:申請時点で年収見込が200万円以下、かつ世帯全体の年収が300万円以下の人。

        5:世帯全体で保有している金融資産が800万円以下であること。

        6:現在住んでいるところ以外に、土地や建物を所有していない人。

        7:過去3年間不正行為により、国の給付金等の支給を受けていない人。

         

        3〜7については新生児に証明書類をハローワークの受付に提出することになっており、その場で確認を受ける事になります。

        審査に通過をすると被扶養者がいる場合は月額は12万円。それ以外は月額10万円支給される。

        ただし支給されるには条件があり、確定申告をしなければならないので注意が必要。

         

        再就職手当について

         

         

        再就職をするのが早ければ早いほど受け取る金額が多くなり、有利になる制度。

        基本手当の受給資格が決定した後、早期に安定した職業についた場合もらえる手当。

        これについては一定のルールがあるので、気をつけてほしい。

         

        再就職手当は基本手当の受給資格がある人が、安定をした職業についた場合に基本手当の支給残日数が所定の給付日数の3分の1異常あり、一定の要件に該当をしている時に支給される。

        再就職が決まったら管轄のハローワークの窓口で相談をしてみるといいでしょう。

         

        | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
        意外と知らない!?失業給付金の手続き
        0

          失業した時にもらえるお金について

           

           

          失業中はちゃんと申請をすれば国から書く給付金が受け取れます。

          たとえそれが自己都合の場合でも待機期間を経てもらうことができる。

          条件やもらえる期間も違うので、ちゃんとチェックをしてほしい。

          失業保険受給しかないと思われていますが、実はその他にも条件を満たせばもらえるものがあるんです。

           

          その1:失業給付金

           

           

          就労意志があり、能力があり、就職先を探しているのに仕事につけない人に支給される基本手当のことです。

          退職理由が自己都合の場合と会社都合の場合では待機期間が異なるので、離職票に書かれている退職理由が正しいのかどうかを確認してください。

          もし違うのであれば、ハローワークを通じて異議申し立てができるので、ハローワーク職員に相談をしてみてください。

           

          例えば休職期間満了後、有給休暇を消化しても復帰ができない場合は、会社が最後に給与を出していることから、自己都合にされがちですが、直前の給与支払いを見ると0円と表記されていますから、ハローワーク職員も気づいていますが、ちゃんと申告をしないと失業保険をもらうことができないこともあります。

           

          認定資格がないということになると、せっかくもらえる失業給付金がもらえなくなってしまいます。

          その決定に対しては2ヶ月以内は不服申し立てをすることができますが、ひっくり返るまでには時間がかかるケースもあるので、そうならないためにも、失業保険の手続きをする前にちょっとでも疑問に思ったら、窓口で相談をしてみてください。

          そうすることでいろいろと方法を教えてくれることもあります。

           

          その他にも補助金対策で解雇にもかかわらず、自己都合というケースもあるので、失業保険手続きをする前にハローワーク職員に事情を伝えて、異議申し立てをしてください。

           

          離職票に署名、捺印をする前にちゃんと離職理由について見てみる必要があるので、きちんと見るようにしましょう。

           

          会社都合だと年齢と勤務期間によって支給条件が変わります。

          1年未満 1年〜5年未満 5〜10年未満 10〜20年未満 20年以上
          30歳未満 90日 90日 120日 180日
          30歳〜
          35歳未満
          90日
          120日
          (※90日)
          180日 210日 240日
          35歳〜
          45歳未満
          90日
          150日
          (※90日)
          180日 240日 270日
          45歳〜
          60歳未満
          90日 180日 240日 270日 330日
          60歳〜
          65歳未満
          90日 150日 180日 210日 240日

          (表中の※:受給資格にかかる離職日が平成29年3月31日以前の場合の日数)

           

          会社都合の離職なら自己都合や定年退職より、給付日数が多くなる。

          「基本手当」については、失業した日から1年間給付日数分を受け取ることができる。

          給付日数は年齢や離職理由によってもことなる。

          給付日数が残っていても1年をすぎると打ち切りになるので注意が必要。

           

          2:待機期間があるから生活を左右する可能性もある!?

           

           

          退職する理由が自己都合の場合は、3ヶ月+7日間先になる。

          ハローワークで受給資格の決定を受けた後、待機期間が7日ある。

          さらに自己都合で退職をすると、3ヶ月の待機期間が生じます。

          3ヶ月間は失業給付金をもらえないため、預貯金を切り崩していくことになります。

           

          ただし、7日間の待機期間を経てすぐに失業給付金をもらえることもあります。

          次の3つの理由が該当をする場合です。

          1:会社が倒産したため、退職になった場合

          2:解雇などにより離職をした場合。

          3:正当な理由のある自己都合による退職した場合の3通りです。

           

          会社が倒産をしてしまった場合には労働者保護の観点から、待機期間なしという措置がとらえれています。

           

          解雇などにより離職した場合などについては解釈を間違えないでほしい。

          例えば次の4つの例が該当します。

          1:賃金額の3分の1を超える額が支払期日までに支払われなかった月が、引き続き2ヶ月以上あった場合。

          2:賃金がもともと支払われていた賃金に比べて、85%未満に低下をした場合。

          3:事業主が労働者の職種転換等に際して、労働者の職業生活の継続のために必要な配慮がされずに退職をした場合。

          4:期間の定めのある労働契約の更新により、3年以上引き続き雇用された後、労働契約の更新がされない事による退職の場合。

          労働者保護の観点から不利になるケースは認められることもあるので、手続きをする前に窓口で相談をしてください。

           

          正当な理由のある自己都合による退職した場合は、次のようなときである。

          1:期間の定めのある労働契約の期間が満了し、契約の更新がないことにより離職をした場合

          2:体力の不足、心身の障害によって離職をした場合

          3:配偶者または扶養すべき親族と別居生活を続けることが困難になった場合

           

          わからないことがあったら、ハローワークで失業給付金の手続きをする前に、窓口で相談をすることを忘れずに。

          | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
          退職が決まった後のお金、保険の問題
          0

            昨日は会社を辞める、転職をすると決意をしてから、会社員だからデキることについてお話をしました。

            今日はその続きで、退職直前の1ヶ月から退職日までにやっておくことについてお話をします。

             

            4:退職後の保険関係について

             

             

            ここは2週間ぐらい前には確認をしておくことが必要になる部分です。

            月中での退職になると書類が月末まで届かないこともあるので、人事に確認をしながら早急に手続きをする必要があるのであれば手続きをしてもらうようにしておきましょう。

             

            健康保険については2つの選択になります。

            国民健康保険に加入をするのか、会社の任意保険へ加入をするのかということになります。

             

            国民健康保険に加入をする時には各区市町村の役所で手続きをしておく必要があります。

            退職日の翌日から加入をすることになりますので、月末退社で1日加入というのが理想的です。

             

            日割り計算ができないため、退職時には健康保険料が取られないけど、国民健康保険料を取られるケースが月中退社にはありますので、出費が増えたりすることもあるので注意が必要です。

            加入期間については制限はありませんが、転職が決まった場合には新しい保険証のコピーと一緒に健康保険証を返却しないといけません。

            怠ると毎月国民健康保険料と健康保険料が同時に引かれていることになるので、注意してくださいね。

             

            任意継続をする場合には退職した前日までに2ヶ月以上の健康保険の被保険者であることが条件になります。

            加入できるのは2年間ですので、それ以降については、新しい会社の健康保険家の加入か、国民健康保険への加入になります。

            ただし、気をつけなければいけないのが、保険料は100%自己負担になるので、給与明細の健康保険料の倍額を払うことになります。

            そのため、出費についても検討をしなければならないので、注意が必要です。

             

            厚生年金については、世帯主(年収の高い方)の扶養に入るか、国民年金保険への加入になります。

            60歳まで支払うことになりますし、将来の年金額が変動しますので、ねんきん定期便などでチェックしましょう。

             

            5:退職日(最終出勤日)にもらうもの

             

             

            退職日が月中である時、人事にきちんと書類をいつもらえるのかを確認しておく必要があります。

            月末退社の場合でも、人事が処理をするのに時間がかかる場合が多く、翌月末日に郵送で送られてくる可能性があります。

            会社の規模や人事と社労士の親密度によって変わりますので、至急ほしい場合は人事に相談をしておくことが必要です。

             

            会社からの退職の書類が届かないと健康保険の切り替えや年金の手続きが遅くなってしまうこともあり、出費が膨れることもあるので注意が必要ですし、保険証がないと医療機関にもいけない事態になりますから、ちゃんとしておきましょう。

             

            離職票

            会社を退職したことを証明する書類。ハローワークでの失業給付の際や健康保険での被扶養者受給資格手続き等で必要になる書類。

             

            雇用保険被保険者証

            雇用保険(失業保険)の加入者であることを証明する書類。

            失業保険受給手続きの際に必ず必要になるのと、次の転職先でも必要になる書類。

             

            源泉徴収票

            退職時までの収入、支払った所得税などを書類。

            年末に次の転職先が決まっていれば転職先への提出、決まっていなければ確定申告をする必要がある。

             

            年金手帳

            公的年金(厚生年金、国民年金基金)の加入者であることを証明する手帳。

            同じものを使いますので、会社へ提出をしている場合については返却をしてもらうようにしましょう。

             

            健康保険資格喪失証明書

            健康保険被保険者資格の喪失を公的に証明する書類。

            退職後に国民健康保険へ加入する際に、役所の確認にも使われます。

             

            任意継続被保険者資格取得申出書

            これまで加入をしていた会社の健康保険を、退職後も継続する際に提出する書類。

            退職後も健康診断なども受けることができる。

             

            厚生年金加入員証(該当している場合のみ)

            厚生年金基金を将来受け取るために発行される。

            加入員の資格を喪失しても、将来受給時に証明する書類になる。

            加入番号が必要になることもある。

             

            年金基金脱退一時金裁定請求書兼取扱方法選択届(該当している場合のみ)

            厚生年金基金に加入していた場合に発行される。

            脱退した今、一時金を受け取ることも選択できる場合がある。

            一般的には将来年金基金として受給できることもある。

             

            生命保険料口座振替依頼書(該当している場合のみ)

            会社で生命保険に加入をして、給与天引きされていたら発行されるもの。

            退職後も継続可能なタイプであれば個人の銀行口座から引き落とし手続きをする必要がある。

            | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
            意外と知らない失業給付金の極意
            0

              自分に対しての退職後の段取りちゃんとしないと損する!?

               

               

              昨日は退職を決意してから会社に対して行うことについてまとめてみましたが、本日は自分自身の退職後の段取りをちゃんとしていないと損をすることもあるので、お話をしていきましょう。

              タイムラインに合わせて時系列で5つのカテゴリーに分けていきましょう。

              知っているようで知らないことが多いので、注意をしないと大変なことになります。

               

              1:健康保険料、住民税はここで決まる。

               

               

              毎年新年度になると、給与改定をする企業が多くなります。

              それによって社会保険料と住民税が変わると勘違いしがちです。

              そうならないためには、しくみをしっかりと理解することが必要です。

               

              算定月が設定されており、3ヶ月間の平均給与額が健康保険料、住民税の基本になります。

              それは毎年4月〜6月の3ヶ月間です。

              ですので、4月〜6月については、残業を極力減らすことをおすすめしています。

              ここで残業をバリバリしてしまうと、保険料、住民税が1ランク上がる可能性もあり、高い料金を差し引かれてしまいます。

              これは転職時に使えるテクニックではなく、節税する対策の一つです。

               

              そして、失業保険については退職直前の6ヶ月の給与額によって決定します。

              ですから、残業をバリバリして置くと若干支給額がアップすることもあります。

              目安としては、基本給の50〜60%前後を目安にしておくといいでしょう。

               

              ボーナスについては在籍中が条件になる会社が多く存在をしていますので、ボーナス直後に退職をするのであれば、ボーナス月の締日に退職をするのがベターな方法です。

               

              2:会社にいるうちにやるべきこと

               

               

              これは退職を決めた2ヶ月ぐらい前にやることとしてあげられます。

              有給休暇、振休などの日数確認と、会社員であるうちにやっておくお金まわりのこと。

               

              会社員であり、かつ社歴がないとできないこともある。

              代表例としては住宅ローン。

              銀行でも融資をする際に、会社名と社歴から融資額を決定することになるので、マイホームについては退職前に組みましょう。

              社歴が短いとなると高金利のローンになることや融資額が満額回答をもらえないこともあります。

               

              その他にもクレジットカードの作成もわすれずに。

              クレジットカードも会社員にならいくらでも作れるのに、退職したとなると作成が難しくなります。

              辞める前に作るだけ作ることをおすすめします。

               

              生命保険への加入も忘れずにしたいところです。

              会社を辞めてから病気になってしまって、保険未加入は辛いので、会社員のうちに生命保険への加入を忘れずに。

               

              住宅の賃貸借契約もトラブルのもとになります。

              家を引っ越したい人も、賃貸先を決めて契約をしてしまいましょう。

              退職後だと保証人を求められたり、最悪の場合は貸してくれないこともあるので注意が必要です。

               

              3:辞める前にお金の段取りを忘れずに

               

               

              会社制度を利用していたものはすべて解約をしたいのが退職の1ヶ月前ぐらいです。

              社内預金、財形貯蓄、確定拠出年金などは解約をしたり、転職先でもつかえるのであれば乗り換えの手続きをすすめていきましょう。

              会社から住宅ローンを狩りていた場合については、借り換えをしなければなりません。

              忘れちゃいけないのが団体保険の解約です。

               

              会社融資の住宅ローンについては、一括返済が必要な場合もありますから、銀行ローンなどへ借り換えも手配することが必要です。

              持株会については証券会社の口座に移管手続きを行い、退職と共に一括売却をしてしまいましょう。

               

              財形貯蓄については、全額を解約して自分の銀行口座に振り込んでもらいましょう。

              団体保険については、個人生命保険への乗り換えが必要。保険料については口座振替にしておきましょう。

               

              企業年金については、退職後についても維持をしてもらうようにしておく。

              60歳以降に給付金としてもらえる会社もあるので、こちらについてはよく調べておくことが必要です。

               

              確定拠出年金については全額解約をして、自分の銀行口座に振り込んでもらうことも必要です。

              ただし、転職先が確定拠出年金を利用しているのであれば、引き継ぎをする必要があるので、こちらについてもちゃんと調べてから行動をすることをおすすめします。

               

              社宅については、明け渡しが必要になりますので、転居先を決めて引っ越しておきましょう。

               

              | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
              円満退社への道のり
              0

                立つ鳥は跡を濁さず!?転職を決意した時から準備をすすめよう!

                 

                 

                ちくしょう!転職だ!となってから、転職活動と一緒に下準備をしていくのが、退職に関する準備についてです。

                同時並行で下準備をしておかないと、退職意思表示をした時に引き止め工作があったり、ルールを守れと言われてしまい、想定外の時間がかかるケースがよくあります。

                そうならないためにも準備をしておく、調べておくということは、円満退社に向けての最低条件です。

                 

                会社員だから認められている手続きについては、退職前に行っておくこと。

                いざ、会社を辞めるとなると、しなければ行けない手続き、やっておいたほうが得な段取りがあるのでチェックをしておきましょう。

                一番大きいのは会社員だからこそ認められる手続きがあります。

                 

                代表的なのが、クレジットカードの発行。

                失業中やフリーランスになると、カード会社の審査がなかなか通らないということがよくあります。

                社会的信用度が低いため、債務不履行になりやすいのと、不良債権になると回収コストがかかるからだ。

                 

                マイホームの購入についても同じことが言える。

                会社員であり、社歴もある程度あるからこそ、住宅ローンが組めるのであって、転職直後はローンが組めなかったり、組めたとしても提示金利が高いなど不利になるケースが多くあります。

                 

                また、社宅から引っ越す等の場合については、退職する前に引っ越しをすることが無難である。

                退職後だと保証人を求められたり、最悪貸してくれないこともあるので、注意が必要だ。

                貸し倒れになる可能性が高いのであれば、契約更新せず、場合によっては強制退去になることもあるからだ。

                 

                働き方も気にしておかないと、支出が多くなる!?

                 

                 

                また、退職前の働き方にも気をつけよう。

                退職してすぐ転職先が決まるようなら良いけれど、退職後ゆっくり探そうとする場合もあるだろう。

                その場合は当然、質票給付金をもらうほか、税金、社会保険加入などの手続きが必要になります。

                 

                まず、失業給付の金額については、退職直前から6ヶ月の給与額を基に査定されるので、その時期は残業をしてバリバリ額面をアップさせることにしましょう。

                そうすることで失業給付額が上がるから、やっておいたほうがいい。

                 

                しかし、毎年年度替わりの4月から6月はなるべく残業をしないようにしましょう。

                できれば、この3ヶ月間についてはノー残業を推進しています。

                なぜならば、健康保険料、住民税が決まるので、失業時の支払いが楽になります。

                 

                また、退職まで必要な上司への報告や仕事の引き継ぎなどはきちんとしておきましょう。

                退職後に電話をかけてくる企業も多くありますし、業界内で噂になると仕事がしづらくなります。

                 

                会社に対してやることについて

                 

                 

                退職をするということが決まった時に、会社に対してやることをまとめてみましょう。

                大きく分けて5つのカテゴリーにわけてお話をしていきます。

                 

                その1:上司への退職の意思表示

                 

                一番最初にやる退職手続きの1つです。

                3つのチェックポイントがありますので、確認をしながらすすめていきましょう。

                 

                1:就業規則を確認しましょう

                退職に関する取り決めは就業規則に載っていますので、チェックをしておきましょう。

                労働法上では14日前に通知すればOKといわれていますが、トラブルになることもあるので注意が必要です。

                就業規則が原則として適用される事になりますので、30日前、60日前など企業によっても変わります。

                 

                2:上司への報告

                まずは直属の上司に退職の意志を通知することが必要。

                職場の都合によって退職日が予定している日程より前後することはあるので、上司にとにかく相談をすることで円満退社を目指しましょう。

                 

                3:退職後のお金について準備をする

                転職先が決まっていればお金の心配はありませんが、もし決まっていないのであれば、6ヶ月間暮らせる生活費を用意しておくことをおすすめしています。

                また、失業給付金についても貰える額が少なかったりするので、暮らしのレベルを下げられるのであれば対応できますが、なかなかできないので、注意が必要です。

                社宅などに入っている場合については、引越し費用と転居先の費用が必要になるので、余計な出費につながることもあります。

                 

                その2:最終出勤日を決定する

                 

                有給休暇、振休などの日数の確認を忘れずにしてください。

                上司と相談をした上で、最終出勤日を決定した後、有給消化、振休消化を確認しましょう。

                月末退社をする場合については、そこから逆算をしていくようにしましょう。

                 

                その3:引継書を作成する

                 

                 

                誰に何を引き継ぐのかを確認して、なるべく資料に残すようにしましょう。

                上司と相談をした上で、自分が担当している業務について、後任への引き継ぎをしていくことになります。

                担当の引き継ぎの挨拶だけではなく、担当者の名刺や思考性などについて、プロジェクトの進捗状況などについて、資料化しておくとすごく便利になります。

                 

                その4:引き継ぎ挨拶、挨拶状の発注

                 

                担当クライアントには必ず行わないとトラブルになるので注意!

                クライアントと仕事としている場合は、退職の挨拶と引き継ぎを直接あって行うことが人道的に必要になります。

                メールやソーシャルネットで発信すればいいというのは、後々トラブルになりますので気をつけましょう。

                挨拶状については業者へ頼むことができれば、頼んだほうがラクです。

                 

                その5:退職手続きを完了させる

                 

                退職の本手続きを済ませることからはじめよう。

                社員証、入館証、保険証など会社へ返却するものを人事へ返却する。

                社内預金の解約など手続きをしたあと、退職後に必要な書類を受け取る手続きをする。

                 

                上司や同僚に挨拶のメールを送る。

                出社最終日には、社内の知り合いい退職の挨拶をメールにて忘れないようにすること。

                感謝の言葉を伝えるようにしましょう。

                 

                挨拶のメールでの必須事項として2つは押さえておきましょう。

                会社での仕事歴を書くこと

                何年に入社をして、どんな部署でどんな仕事をしてきたのか。簡潔に感謝の気持ちを込めて振り返るようにしましょう。

                 

                心に残ったエピソードを書くこと

                ●●部署で◯◯プロジェクトに参加をして、無事に目標達成をすることができた喜びは忘れませんといったエピソードを加えると締まります。

                | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                ビジネスパーソンに必要な資格とは一体何か?
                0

                  闇雲に資格をとっても意味がない!?

                   

                   

                  資格、検定といえば履歴書、職務経歴書にもって威力を発揮するもの。

                  いざビジネスの現場に出るとOJT(実務トレーニング)が主体となり、「勉強のための勉強」をかるんじてしまうビジネスパーソンもいる。

                  しかし、昨今の資格ブーム伴って、コツコツ習得にを目指している若年層の会社員も少なくない。

                   

                  資格習得に必死にならなければならないのは、ミドル層である35歳前後から45歳ぐらいまでの間のビジネスパーソン。

                  この世代は部下を抱えてマネージメントにも視野が向くようになりつつ、現場のプレーヤーとしてもまだまだ自己練磨していかなければならない世代。

                   

                  昨今吹き荒れているリストラの嵐から自衛をするためにも資格取得を真剣に考えていくべきだろう。

                  では、どのような資格が自己防衛に最適なのだろうか。

                  40代といえば、マネージメント系のスキルは見逃せないところ。

                   

                  昨今では社内研修の内容については、メンタルヘルス系、モチベーション系の研修もコンテンツ化され、社内、社外でもりあがっています。

                  資格は国家資格、民間資格など様々なものがあり、続々と投入をされているのが現状です。

                   

                  もちろん、これからのマネージメント系スキルの取得を後押しする動きも活発化している。

                  経理財務系などでは、簿記、FASS(経理、財務スキル検定)などの取得の際に受験費用補助を行ったり、昇進の条件となっている会社も増えています。

                   

                  メンタルヘルス系の資格取得は管理職昇進の要件定義にしている会社も多くなっているのが現状であり、心のケアと人材育成を担うことになっています。

                  資格のトレンドは、マイナンバー検定や知的財産管理技能検定など、注目のビジネスワードを冠にした資格、検定も登場をしています。

                  今後はどのような資格がブレイクするかはわかりませんので、常にアンテナを張り巡らせて、業務とリンクする資格を取得するようにしましょう。

                   

                  王道、流行、メンタル系資格がバランスよくトレンドになっている

                   

                   

                  ミドル層をターゲットにして最強の資格と言われるのが、中小企業診断士。

                  以前から全世代に対して手堅い人気だが、大リストラ時代を鑑みて、転職や出世のためではなく、独立の可能性も視野に入れることができるため、各世代で高評価になっている。

                   

                  中小企業診断士は行政書士と同様に難易度が高いというのが特徴である。

                  国家資格としての価値もあり、難易度もそれなりに高いことから、バランスを保てる国家資格として考えられている。

                  希少性が担保されているというのも特徴です。

                   

                  ビジネスの現場では王道、スタンダードな資格を取得しておくことが必須条件になっています。

                  人材マーケットで頭1つ抜き出したいのであれば、弁理士、公認会計士、司法書士など難易度の高いものでなければなりません。

                  メンタル系の資格が人気になっているのは、時代背景が裏付けられるものであり、逼迫した問題でもある。

                   

                  これから管理職を目指すのであれば、健康経営、CSRの観点を鑑みて、メンタルヘルスケアに意識を向けていくことも必要である。

                  一方、トレンドよりとして浮上しているのが、データ解析系、知的財産系であり、いざという時にはリスクヘッジになる資格。

                  管理者として資質と問われる資格もあるので、これからも注目をしておく必要があるでしょう。

                   

                  | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                  40代のための資格
                  0

                    大手企業でも相次ぐリストラ

                     

                     

                    終身雇用、年功序列が崩壊して、もう20年以上が経過をしようとしている。

                    最近では、働かないおっさん、老害、粘土層ともいわれるのが、40代以降の社員である。

                    バブル時代を経験していて、定年まで無事完走を目指す彼らに取っては逆風が吹いているのが現状。

                     

                    最近では、東芝が7800名のリストラを発表したり、シャープも3200名、ソニーもモバイル部門で2100名のリストラなどの話は、今も続いているのが現状である。

                    表面化はしていませんが、各企業で早期退職制度を導入していたり、独立支援ということで新陳代謝をしようとしている企業も増えている理由でもあります。

                     

                    40代以降については即戦力としての活躍が期待される一方で、ポストが用意できることがあまりない。

                    新規事業、欠員補充というかたちであればいいが、年収とスキルマッチをするかどうか慎重に判断する企業が多い。

                    そのため、失業後1年以上再就職ができなかったのが20万人いるというのが事実である。

                     

                    失業期間が長くなると不安定になるため、ハローワークのトライアル雇用に応募をしてしまう人もいます。

                    ブラック求人の噂が絶えないハローワークで正社員の確約ゼロのトライアル雇用に手をだすのはリスクが高い。

                    メリットとしては、ノースキルでOK。様々な職種にチャレンジをすることができ、入社前に社風の確認をすることができる。

                    デメリットとしては、悪用するブラック企業が多く、正社員の確約はなく、ハイリスク、ローリターンである。

                    雇用、契約のうち力が経歴になってしまう。

                     

                    40代以降のサバイバルで生き残る方法とは資格取得が有効手段である

                     

                     

                    リストラ対策に強みを発揮するだけではなく、社内における存在感もアップする。

                    ミドルのビジネスパーソンとして非常に厳しい状況であることはわかった。

                    では、会社で生き残るためには何をすべきなのだろうか。

                     

                    そこで頼りになるのは上司のコネクションでもなく、派閥でもなく、己の腕のみ。

                    資格やスキルを持っていれば、生き残れるチャンスが多い。

                    同じ年次で社員が並んだら、これらの技能は大きな差別化の要因になるからだ。

                     

                    それは再就職に直結するだけではない。

                    給与アップなど、社内のサバイバルにもつながることになる。

                     

                    資格取得の4大メリットとは、次の通りです。

                    1:リストラされにくくなる

                    2:再就職が見つかりやすい

                    3:年をとっても働き続けることができる

                    4:給与ベースがアップする

                     

                    有効な資格は目的によって変わっていくことになりますので、業務にリンクしていくことが必要になる。

                    己の腕のみで勝負するのであれば、IT関係の資格、会計の資格、英語などビジネスパーソンの三種の神器ともいわれています。

                     

                    リーダー層についてはメンタルヘルス系、人事系の資格。

                    メンタルヘルス系についてはストレスチェック制度の義務化に伴い、資格取得を目指す人が増えています。

                     

                    業界系の資格についても忘れずに。

                    金融系なら証券アナリストであるように、各業界ではマストな資格があります。

                    それに加えて、実務に合わせて掛け算できる資格習得を目指すことをおすすめします。

                     

                    | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                    生の声がわかる!?口コミサイトの3原則
                    0

                      2ちゃんねるから真実を見つけるのは至難の業!?

                       

                       

                      結論から話しをしますと、砂漠から宝石を見つけるようなもの。

                      2チャンネルの口コミは、ほとんど役に立たないといっても過言ではありません。

                      しかし、極稀に内部の者しか知らない情報が混じっていることもある。

                      すべての情報を鵜呑みにするのはリスクが高い。

                       

                      口コミサイトをうまく利用するためには、あくまで主観、客観的は判断が重要になります。

                      「上司がえこひいき」「社内政治が幅をきかせている」など、口コミを書いた人に取っては真実かもしれませんが、他人から見ると間違ったミカタであることも多くあります。

                       

                      そのためにも複数なサイトに登録をしておき、たくさんの口コミを見て、総合的に判断をしたいところ。

                      また、新興ベンチャー企業などはどうしても件数が少なく、情報が乏しい。

                      その場合はあくまでも参考程度にすることをオススメします。

                       

                      定量的なコメントだけではなく、評価点やデータを多く載せているサイトも多くあるので、複数の口コミサイトをチェックしてほしい。

                      今回は口コミサイトを読み解く上で必要な3つの原則について、話をしていきます。

                       

                      1:基本的にネガティブな情報が多いことが前提

                       

                      複数の口コミサイトを見ることで、客観的に見ることができるようになろう。

                      コメントについてはやめた人が書いている可能性が高いため、サイトによっては不満や辛口評価が多い傾向にある。

                      点数評価や待遇に対するコメントについては、複数のサイトを見比べることで、客観的な判断を下せるようにしよう。

                       

                      2:口コミサイトの判断は100のコメント

                       

                      投稿された口コミが多い場合は偏っていることもあるけれど、口コミが少ない場合はあくまでも参考程度に捉えよう。

                      書き込みがネガティブな内容に偏っている可能性があるからだ。

                      たくさんの口コミを見たときも、それが多数派なのか、少数派なのか見極めることができる。

                       

                      3:口コミの投稿時期についてもチェック!

                       

                       

                      企業が創業期、成長期、衰退期のどの時期であるかで、社風や雰囲気、また代表の考えなども変動している。

                      その影響は口コミに当然関わってくることになるので、書き込まれた時期がポイントになります。

                      そうした背景をしっかりと踏まえた上で内容を読み解いていくことが必要です。

                       

                      創業期については、ブラック気味な内容がかかれている可能性が高い。

                      少人数で業務を回しているため、創業期はどこもブラック気味な内容がかかれている。

                      この時期の口コミは悪く書かれていることが多いので、注意が必要。

                       

                      成長期については、比較的いい評価、口コミが書かれている可能性が高い。

                      成長している段階では、社員がイケイケ状態であり、自ずとその時期に書かれている口コミもテンションが高いことが多い。

                       

                      衰退期については、非常に判断がしづらいイメージがある。

                      投稿当時に企業が衰退していたかは、口コミから判断をしづらい。

                      しかし経営者の悪口が書かれているケースが多いというのが特徴である。

                       

                      口コミサイトの解析は量をこなしていくしかない

                       

                       

                      口コミサイトを見て、応募する企業がブラックかどうか見極めたいところですが、結局のところブラックであるかどうかというのは個人差があり、個人の見解によるものですから、判断をしづらいというのが現状である。

                      人はネガティブな情報に引きづられれる傾向にある。

                       

                      あまりにクチコミ情報を信じ過ぎてしまうと、悪印象が先行をしてしまうことになり、応募する気がなくなってしまうようでは本末転倒です。

                      あくまでも参考程度に考えておきましょう。

                      口コミサイトには複数登録をして、内容を比較検討することも重要だ。

                      ある程度の量の口コミを見ることで、それ自体の目利きを転職活動中に養いたい。

                       

                      例えば、中にはホワイト企業の中にもブラック部署というものがある。

                      その部署の人材の口コミだけをみて判断をすることは危険すぎる。

                       

                      複数の口コミサイトを見てエージェントにも複数登録をして、セカンドオピニオンとしたほうがいい。

                      そうすれば、エージェントの口車に乗ることもなく、また、求人票や口コミをうのみにすることも無く、総合的に判断をすることができる。

                      盤石の体制で結果を得られることにつながるだろう。

                      3種のツールをうまく使いこなして、納得した上で転職をしたいものだ。

                      | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                      エージェントの落とし穴
                      0

                        相性のいいエージェントを見つける!?

                         

                         

                        エージェントも営利団体であることは先日お話をさせていただきました。

                        転職エージェントは転職斡旋のプロとしてサービスを提供しているということを大前提に考えてください。

                        ただし求職者とエージェントにも相性があるので、全員が自分に取って最善のフォローをしてくれるとは限りません。

                         

                        さらに、エージェントのフォローの質は各担当者の経験やスキルに依存しているので、ピンからキリまでサービスがあるのが現状。

                        企業や業界の専門的な知識をもっていることはもちろん、ネガティブな情報もちゃんと伝えてくれるかどうかをチェックしよう。

                        つまり、同じ会社のエージェントであったとしても、人によってフォロー内容が変わってくる。

                         

                        自分とあわないと感じた場合については、エージェントの変更を遠慮なく申し出てください。

                        エージェント本人を通さずにできることがあるので、気を使わなくてすみます。

                         

                        エージェント自体の登録料は無料であるので、用途によって使い分けることも可能です。

                        例えば求人情報の収集については大手エージェントを使う。

                        業界の情報や企業の情報を詳しく入手するなら、一気通貫型のエージェントを利用する。

                        書類の添削については、マンツーマン型のエージェントを利用する。

                        目的を明確にしておけば、使えるエージェントが自ずとみえてくる。

                         

                        エージェントも営利団体であり数字を追っていることもあるので、数字のためなら何でもやるエージェントもいます。

                        こういうエージェントに当たってしまうと、転職活動が間違った方向にすすむので注意が必要です。

                        ではどういうことに気をつけて置かなければならないのかを4つのポイントに絞ってお話をしていきます。

                         

                        1:登録期間が決まっている!?

                         

                         

                        エージェントも営利団体ですから、すぐに転職をする人、3ヶ月いないに転職をする人を中心に企業への紹介を考えているというのが現状です。

                        大手の場合、登録者数、面談数、書類選考数、面接設定数、成約数、売上などと細かく行動指針が決まっています。

                        転職サイトからの特集で紹介されると、1日100通以上の応募があったりするのが当たり前ですから、常に新鮮な登録者が増えていること。

                         

                        転職をしたいと思っても、登録期限を過ぎていることもあるので、注意が必要です。

                        転職エージェントはどれも永続的に受けられるサービスではない。

                        登録期間に制限が付けられているケースもあるので、エージェントの特徴をしっかりと抑えてから、応募をするようにしよう。

                        長期で転職相談を受けてくれると勘違いしてしまって、先に登録をしてしまうと、期限切れで紹介がとまる可能性があるのです。

                         

                        リクルートエージェントについては登録期間が3ヶ月で、延長できて6ヶ月が基本になっています。

                        理由は転職を本気で考えている人に登録をしてもらいたいと言うのが本音です。

                        現職中の場合については登録、面接、内定、退職が3ヶ月スパンで行なわれるケースが多いため、これを踏襲しています。

                         

                        また、経営側からの視点では、長期の登録者を減らす事によって、常に動いている転職希望者を相手にすることで効率を上げることにしている。

                        どんどん応募をしてもらって、早く転職をしてもらうことで、社内の活性化をはかるのが特徴になる。

                         

                        その他のエージェントについては、無期限で登録期間を設定しているところが多い。

                        どのエージェントも6ヶ月以上動きのない人については、自然と斡旋停止になっているケースがあります。

                        極稀にですが、担当の印象に残っていた場合については、ほそぼそと案件を斡旋してくれることもありますので、コミュニケーションはしっかりととっておくことをおすすめします。

                         

                        2:ブラック企業を紹介されることもある!?

                         

                         

                        世間的にブラック企業といわれている会社を斡旋してくるエージェントも多くいます。

                        数字のためなら推薦をしていくという、エージェントのエゴがゴリゴリ出てくることもあります。

                         

                        内部情報が少ないまま、斡旋を受けるとキケンがあるので、慎重に選択をしましょう。

                        転職エージェントと契約している企業の中には、ブラック企業が存在している場合がよくあります。

                        こちらの要望とマッチングしているのはいいのですが、内部事情に詳しくないエージェントから、ブラック企業を紹介されるケースもあります。

                         

                        エージェントからの情報が少ないと感じたら、信憑性の高いクチコミサイトを利用することや、他のエージェントに企業情報を教えてもらうことも可能です。

                         

                        3:徐々に求人の紹介が減る!?

                         

                        登録直後はこれでもかというぐらいのボリュームで企業紹介を受けることは、大手のエージェントの場合よくあります。

                        1ヶ月、2ヶ月と時間が経過をしていくとともに、求人数が先細りになってくることがあります。

                        そのため、エージェントの優先順位を入れ替えることをしてください。

                         

                        定期的に紹介を受けれるケースとしては、エージェントとの信頼関係が出来上がっているかどうかです。

                        信頼関係が出来上がっていると、似たような案件を継続的に紹介をしてくれます。

                        登録面談時のイメージ、その後のレスポンスの速さなど、自分にあうエージェントを見つけることも必要です。

                         

                        4:電話にうんざり!?

                         

                         

                        粘り強いフォローが負担になるケースも多くあります。

                        なかなか採用が決まらないと進捗を確認する電話が頻繁にかかってくることがあります。

                        また、紹介した案件に対して求職者が難色を示すと、あせらせるようにエントリーを迫るエントリーをいます。

                         

                        一番多いのは内定が出た後、他の会社との競合になった場合は、エージェントの本質が出る。

                        競合他社の悪口をいうエージェントや、エージェントのエゴを押し付けてくることもある。

                        理由は自分の数字のためであり、決まらないエージェントほど自己都合を押し付けてくるので注意が必要。

                         

                        契約社員、派遣社員だけでは登録もできない!?

                         

                        内定確率が低いと判断をされてしまうとエージェント側から断るケースも多くあります。

                        転職回数が多い、大学名、企業名などで判断をすることが多くしていることがあります。

                        その他にも、契約社員、派遣社員だけで正社員の勤務実績がないと、そもそもマッチングする求人自体が少なくなってきている。

                        そのため、エージェントも斡旋できる案件が少ないため、事前に断るケースも増えている。

                         

                         

                         

                        | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                        エージェントを賢くつかう3つの法則
                        0

                          まずは転職エージェントの仕組みを知ろう!

                           

                           

                          転職エージェントの報酬形態は転職斡旋をして、自分の担当する候補者が入社すれば、その候補者の年収の35%の報酬を得られる事になっている。

                          つまり、年収が1000万円の35歳を入社させることができれば、350万円が転職先からエージェントへ支払われるしくみになっている。

                           

                          成功報酬なので、候補者の採用数が各エージェントの営業成績に直結するしくみ。

                          そのため、優秀な人材については手厚くフォローをして、そうでない人については手を抜かれるケースが多い。

                          例えば、スカウトメールへ返信したけど、「企業様のご都合により〜」とか「応募者が殺到してしまったため〜」など、枕詞がついた断りのメールが届いているのは、手を抜いているケースである。

                          クレームにならないように、企業のせいにしているだけである。

                           

                          よくあるパターンはキャリアカウンセリングをした後、案件を紹介してくれないこともあります。

                          「後ほどメールで案件をお送りしますので、ご確認ください」といいながら、メールも電話連絡もない。

                          こういうエージェントに当たったときはすぐに個人情報を削除してもらうように依頼したほうがいいでしょう。

                          エージェントは案件を獲得するために、ダミーの経歴を使い交渉をすることもあリますので、そういう際に勝手に利用をしているケースもあり、どっかで見たことがあるというケースもあれば、エージェントが勝手に応募をしてしまうケースもあります。

                          そういうときは個人情報の削除依頼を忘れずにするようにしてください。

                           

                          エージェントから高待遇を受けて、優良な企業の紹介を得るためには、まずエージェントに自分を売り込むことから始めないといけない。

                          エージェントによって経験や知識の差があるために、エージェント能力も雲泥の差がある。

                          そこを見極めながら、転職相談をするようにしましょう。

                          この3つをチェックしておけば、いいエージェントなのか、悪いエージェントなのかがはっきりとわかります。

                           

                          いいエージェントを見抜く3つのポイント+α

                           

                          Episode0:スカウトメールをもらったとき、ここに注目!

                           

                           

                          ダメな例としては、案件がついていない、または違う案件がついている場合。

                          よくある例ですが、案件の内容に触れずに自己紹介だけを書いてくるケース。

                          これは釣りスカウトであり、面談数を確保したい時に使われるので注意が必要です。

                           

                          また、メール内の内容と添付している求人票が違うことはあってはなりません。

                          仕事が雑な人であるということがわかります。

                           

                          コピペメールについては時間の短縮で使うケースがありますが、返信率は10%以下ですから、内定が出ると手のひら返しでゴリゴリ転職をするようにと迫ってくるケースがよくあります。

                          コピペメールはちょっと注意が必要です。

                           

                          最近増えているのが直近の経歴の会社名を使って、◯◯会社では素晴らしい実績を残しています〜という文章が多様化されています。

                          素晴らしい実績とはどう定義をするのかによって答えは変わりますが、リップサービスであると疑うことは必要です。

                           

                          実績とか◯◯会社には実績10名以上採用してもらっていますとか、具体的な内容を展開しているスカウトメールは信頼度が高いものとも言えるでしょう。

                           

                          Episode1:案件紹介時に業界の情報に精通しているかどうか?

                           

                           

                          これはものすごく力量を測る上では重要なファクターになります。

                          大手なら縦割り分業制といって、キャリアカウンセリング、アシスタント、営業の3人1組になって動いていることがあります。

                          この時に注意をしなければならないのが、キャリアカウンセリングをしている人が業界の情報に精通していないのであれば、やめたほうが無難とも言えるでしょう。

                           

                          チームで仕事をする以上、業界のことはもちろんですが、会社のことについてもしっかりと把握しているのがプロです。

                          しかし、連携が取れていないとネットでわかるような情報ばかり羅列して説明をしようとしてしまいます。

                          こういうエージェントはお断りすることをおすすめしています。

                          企業の詳しい内部事情やリアルタイムの業界の動向について語れるぐらいにならないと信用されるエージェントではありません。

                           

                          中小、ベンチャー企業系であれば、営業とカウンセリングの両面をやるケースが多いので、面接官の癖や志向性もわかっていたり、職場環境や面接の内容など詳しく知っている人が多くいらっしゃいます。

                           

                          Episode2:紹介してくれる求人数が多い!?

                           

                           

                          大手のエージェントは機械的に案件の紹介をするため、精査していないことがよくあります。

                          経験年数と経験職種、経験職務を入れると自動的にメールを送ってくるケースも多く見受けられます。

                          きちんと採用まで導きたいという思いでフォローをしてくれるエージェントは、様々な角度から求人を紹介してくれる。

                           

                          よくあるのが、「意向とは違うかもしれませんけど、話をしていてこの企業にマッチするのではないかと…」といいながら、違うものを持ってくるエージェントはいいエージェントです。

                          また、案件の紹介がない時でも、「最近のご転職状況はいかがでしょうか?」というパトロールメールを送ってくるエージェントもいいエージェントです。

                           

                          昔の電話帳ぐらい厚い求人を持ってくるところもあるのですが、それはカウンセリングで何を聞いたの?という疑問がつくところはやめておいたほうがいいでしょう。

                           

                          Episode3:希望年収、要望を聞きます!

                           

                          しっかりと要望を伝えておくことが必要になりますが、要望と合わない求人を紹介するエージェントは採用数を稼ぎたい、面談数を稼ぎたい、紹介数を稼ぎたいだけのケースも多くあります。

                          エージェントも行動指針が数値化されているため、そのような動きになるエージェントもありますから。

                          職場の雰囲気、年収など細かくヒアリングをしてくるエージェントを選択しよう。

                           

                          面談対応でレベルがわかる

                           

                           

                          最近ではITツールを活用するケースが多くなっていますね。

                          Skype、FaceTime、ZOOMなどいろいろなものを駆使しながら、遠隔地との面接をしている状況です。

                           

                          しかしこれからお話をすることについては、意外と知られていないことです。

                          実は面談対応によって、社内でランク分けされている可能性が高いからです。

                           

                          S級:ホテルのカフェでの面談

                          エージェント内でも最高級の待遇であり、ホテルでの面談となるとコストも時間もかかります。

                          会議室が空いていないこともありますし、小さい会社の場合はこの手をよく使います。

                          しかし、費用と時間がかかっているので手厚くフォローをしてくれます。

                           

                          A級:社内での面談、Skypeなどのツールを使った面談

                          エージェント会社内の会議室での面談。これが一番多いケースであり、会社の雰囲気や対応などを見る絶好のチャンスです。

                          人の表情を見ながらいろいろと突っ込んだ話をできるのもこの時です。

                           

                          B級:電話のみで面談

                          エージェントからすると数%前後と踏んだ時に使う方法です。

                          スカウトメールを送ったから定義上、やっておけばクレームにならないようにするための手段ともいえます。

                           

                          C級:メールのみでの面談

                          エージェントからするとほとんどゼロに近い人に使う方法です。

                          文字のやり取りから、熱量を判定するのは難しいのが現状です。

                           

                          危機感をアピールして優良案件を確保する

                           

                           

                          エージェントも営利団体です。

                          新しい登録者が増えるとともに、あなたの情報はどんどん薄くなっていく。

                          そうなってしまうと、転職案件が来なかったり、何度も同じ話しをしなければなりません。

                          そうならないためには次の3つのことを実践してみてください。

                           

                          その1:いますぐに転職をしたい!という姿勢をとる

                          斡旋の優先度をあげてもらえるように緊迫感を演出することで、対応をしてくれる。

                          退職日を明確に述べたりすることが有効になります。

                           

                          その2:レスポンスは早くしましょう。

                          エージェント担当者は何人もの登録者を相手にしているので、即レスとはいいませんが、レスポンスは早めにして、マメに連絡をとることが必要になります。

                           

                          その3:紹介された案件は選り好みしない!

                          まずは全社にアプローチをすること。

                          断ることが多くなってしまうと、マッチングが難しい人材とみなされないように注意が必要。

                          | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                          あなたの知らないエージェントの世界
                          0

                            エージェントの大前提、情報屋として利用すること

                             

                             

                            日本中には約1万5千もの人材紹介会社があります。

                            誰もが知っている超有名企業から専門的に展開をしている企業、個人で経営をしている企業、企業の子会社が作っている企業まで実に様々な企業が乱立している状況です。

                             

                            その中から自分が転職をする際に、自分の事を理解して、企業売り込んでくれるエージェントを見つけ出すには時間がかかります。

                            というより、そこまで深く考えて仕事をしているエージェントはほとんど皆無でしょう。

                            なぜなら、エージェントも数値がついて回るため、面談数、推薦数、面接設定数などすべて行動指針通りにしないと、会社からは謀反モノとして扱われてしまうからだ。

                             

                            そのため、エージェントの質が最近では問われているのが現状です。

                            転職活動をしようとして、転職サイトへ登録をしたら、スカウトメールがどんどん来てしまい、メールを見るのが嫌になった経験を持った人もいるかも知れません。

                             

                            なぜ、エージェントがスカウトメールを送りまくるには理由があります。

                            転職を考えている人がいる限り、アプローチをすることになります。

                            しかも、コピペメールで何をいいたいのかよくわからないメールが送られてくるから厄介である。

                            案件についても鮮度が古いものや新しいものが混在をしているのが現状であり、明らかに会社へ登録をしてもらうことが目的になっている会社もあるので、見極めることができないのが現状。

                             

                            しかし本質を知ることができれば、エージェントを賢く使うことができる。

                            エージェントを情報屋として利用することにすればいい。

                            スカウトメールがどんどんくるから人気者になってしまったのかという錯覚をしてはいけない。

                            エージェントの本質は営業団体であり、売上を上げるためにはどうしたらいいのかということが大前提にある。

                            このことをしっかりと理解しているのと、理解していないのでは、エージェントの巧みな罠をかいくぐることができる。

                             

                            エージェントを賢く使う4つのメリット

                             

                             

                            転職エージェントは企業と独自のパイプをもっているケースが多くあるため、面接のレクチャーをしてくれたり、基本的に求職者に対しては無料で登録、活用できる頼もしいツールである。

                             

                            例えば年俸の代理交渉をする際にも企業の市場価値を把握しているので、的確に年収額などの条件面について調整し、交渉してくれたりします。

                            通常の転職活動では勤めている会社に黙って仕事の合間を縫って行うため、自分だけでやるには限界が生じることになります。

                            エージェントに任せることで、求人のピックアップや面接日程のすり合わせなどを代理で行ってくれるのでメリットもある。

                             

                            1:未公開求人を紹介してくれる!

                             

                             

                            基本的にはエージェントが持っている求人数というのは、公開されているものより多く存在をしています。

                            企業の人事としては費用対効果を考えて、ハイスペックでスキル重視、即戦力として活躍してくれる人材については、人材紹介会社を利用することになります。

                             

                            費用対効果を考えて1名の採用に対して、広告宣伝費用を使うなら、エージェントを使います。

                            複数名の採用については、エージェントを使うと広告宣伝費用が安くなりますので、転職サイトへ出稿をします。

                            不測の事態が起こり、早急に採用をしなければならない場合は、エージェントを使うことになります。

                             

                            そういう事情もあり、求人サイトより未公開求人が多いというのが特徴になります。

                            非公開求人の斡旋が受けられるのは、企業側が求める人材とのマッチングした人材のみが前提となるので、転職回数が多い人やこれという実績がない人、再現性がない人というのは書類選考段階でエージェントがお見送りにするケースがあります。

                             

                            2:いいづらいことも交渉をしてくれる!

                             

                            エージェントをはさむ事によって要望も出しやすくなります。

                            広告サイトからの応募の場合、交渉しづらいのが給与交渉、勤務形態交渉、入社日交渉など、シビアな部分です。

                            エージェントに自分の希望をしっかりとつたえておけば、転職先と交渉をしてくれます。

                            デリケートな部分であっても交渉なれしているエージェントであれば、丸く収めてくれます。

                             

                            3:自分では思いつかない意外性求人の斡旋

                             

                             

                            スキルや経験を活かせる職種を探してくれる。

                            キャリアカウンセリングをしていて、いろいろな角度から質問をしていくことによって新しい発見をすることができる。

                            エージェントに相談をすることで、今までの経験や実績から、関連性の高い求人を紹介してもらえるケースがあります。

                            個人で転職活動をしていた時には考えつかなかった職業の引き出しも提供してくれる。

                            スキルの幅を広げられるチャンスもありますが、キャリアチェンジをすることも可能です。

                             

                            4:スケジュール調整もおまかせ!

                             

                            企業側に気を使いながらアポイントをとる必要はない。

                            転職活動は現職業務と並行して行なわなければならない。

                            エージェントを使えば、企業の候補日と自分の候補日をすりあわせて、面接の日程を決めてくれる。

                            わずらわしいスケジュール管理を丸投げすることで、面接対策に時間を割けるようになる。

                            | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                            転職サイトだけで安心していてはいけません
                            0

                              応募完了でひと息入れるのは早い

                               

                               

                              転職サイトへ登録をしたから安心してくださいということはありません。

                              これで転職への準備が完了をしたということもありません。

                              これだけやっていればいいやということではなく、転職準備の1つのツールを手に入れただけなんです。

                               

                              転職サイトへ掲載をされている写真から偽りがないかを丹念にチェックしてして、社風に対する仮説を組み立てるようにしましょう。

                              転職サイトに不確定な情報もあり、情報源としては万全ではありません。

                              そのため、サイトを見る際には掲載されている写真から職場の雰囲気、年齢構成、男女比なども見て読み取りたい。

                               

                              ただしここで注意をしなければならないのが、ポジティブな印象をシンに受けすぎないことがポイント。

                              良い印象のみを見せたいと考えている場合も必要だ。

                              では転職サイトで応募をしただけでは安心できない理由を3つあげてみましょう。

                               

                              その1:ライバル数が多すぎること

                               

                              誰もが登録をできることによっての弊害として起こりうることです。

                              気軽に登録できるぶん、敷居が低くなってしまった。

                              インターネットの登場により、転職について簡単に考えることができるようになりました。

                               

                              実際に応募をされる人材は、同じ求人票の中でもキャリアには雲泥の差があり、中には職務経歴自体が怪しい人もいる。

                              本当か、嘘かを見抜くことは採用担当者レベルではできない。

                              応募が簡単にできるだけ、熱量、温度がわからないというのが実情。

                              このため、採用側については、転職回数、企業規模、職種など一定のジャッジをしてしまう傾向が生まれてしまう。

                               

                              その2:定員数が不明なこと

                               

                               

                              応募をしたら締め切っていることもありますし、選考が進んでいるからその人が終わるまでお待ち下さいということをいう企業人事もいる。

                              求人情報の鮮度がわからないことが原因である。

                               

                              職種によっては1人の枠に対して、100人以上の応募が実際にあり、掲載当日で一旦応募を締め切ることもあります。

                              そのため、実際に応募をしてみないとわからないということ。

                              連絡が遅い場合は、順番待ちになっている可能性が高い。

                              人事としてはクイックレスポンスが基本であり、レスがないということはクライアントにもそうしているということが裏付けられることになる。

                               

                              その3:年齢制限が書けない

                               

                              これは求人広告のルール、法律上原則として書けないことが原因である。

                              理由付けをするには、法律に則って明記しなければならず、それを証明する書類を提出することになります。

                              採用企業としては面倒くさいことになるので、そこをグレーゾーンで処理してしまうことになる。

                              応募年齢を判断する材料としてあるのが、平均年齢や社風の記載から推測をして仮説を立てるしか方法はありません。

                               

                              未経験者歓迎と書いているけど、戦力になる人材を探している

                               

                               

                              応募者の数を担保するために、未経験者歓迎のフラグを立てることがあります。

                              しかし、採用したいのは戦力として活躍をしてくれる人材です。

                              広告業界が母集団の形成に必要ですし、応募してきた人から選択をすればいいといっているからです。

                               

                              では、どちらかわからない時にどしたらいいのかということを考えてみましょう。

                              結論からいうと応募資格を満たしていない場合でもちょっとしたことで面接に呼んでもらえます。

                              ただし、100%ではありません。企業の採用担当者が会って見たいと思うかどうかという、感性の問題もあります。

                               

                              ピタッと当てはまらない場合は、スキルや経歴を異業種、異職種に活かせるケースはあるので、自由掲載できる欄できちんとアピールをすることを忘れないで下さい。

                              空欄で送るより、何かアピールするポイントを持っておいて、書くということが必要になり、その一手間が心を揺るがすことができれば、面接へという次のステップへ進んでいきます。

                               

                              足りない部分を補い、合わせ技の極意

                               

                               

                              転職サイトは自分の職種にマッチしたものを選ぶことが正解になりますが、転職エージェントはある一定の審査をすることがあります。

                              転職回数が多い人、正社員の経験がない人、年齢の壁など転職エージェントによって決めています。

                               

                              また、スカウトメールを送った場合であっても、社内規定に合わない場合については断るケースも増えています。

                              クライアントの事情により、案件がクローズになりましたということを言ってきますが、案件がずっと出ていることも多く、断られたということはエージェント内の規定に合わなかったからというのが原因です。

                              これはスカウト担当の能力の低さ、クライアントへのヒアリングができていないことが原因です。

                               

                              エージェントの情報の鮮度も問題になります。

                              大手企業の場合、企業担当、登録担当、アシスタントなど、分業をしているところも多く、情報の共有をされている場合とされていない場合があります。

                              共有されている場合については、注力している企業、注目企業であることが多く、情報のレスポンスも早いのが特徴です。

                               

                              しかし、共有がされていない場合については、情報の鮮度も古く、注力している企業ではない可能性もあります。

                              質問をしてもレスが遅いということは、注力していない可能性も高い。

                               

                              営業担当と面談担当が一緒のエージェントについては、求人票に載っていない情報や面接担当官の癖などについて、話をしてくれることも多く、情報の鮮度も新鮮であることが多い。

                              ここでわかるのはどれだけ企業との信用関係ができているかということが対応一つでわかってしまいます。

                              特に業界に特化をしているエージェントも多いので、自分がほしい情報を提供してくれるかどうかを見ることもできます。

                               

                              その場合には口コミサイトやSNSでライバル会社の社員、友達にアプローチをしてみてもいいでしょう。

                              なぜこんなことをするのかというと、ポジティブな情報の裏取りをすることができるからです。

                              エージェントからはポジティブな企業情報が得られますが、エージェントもビジネスですから情報が正しいとは限りません。

                               

                              口コミサイトでしっかりと現場の声やデータを習得することが必要になります。

                              SNSでライバル会社の社員へのアプローチ、友達に業界に詳しい人がいたら聞いてみても損はありません。

                               

                              | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                              史上最強の転職サイトマルトク活用術
                              0

                                転職のキホンである転職サイトのマルトク活用術とは!?

                                 

                                 

                                転職サイトはいろいろなサイトが乱立していますし、無料会員で使えるもの、有料会員で使えるものなどがあります。

                                本来であれば1つのサイトに絞って使ったほうが効率的ではないかと考える人もいるかと思いますが、それでは損をしています。

                                失敗しない転職、ブラック企業に入社しないようにするにはどうしたらいいのかを考えいてみましょう。

                                転職サイトのマルトク活用術を3つのポイントから絞ってお話をしていくことにします。

                                 

                                その1:転職サイトは複数のサイトへ登録するべし!

                                 

                                複数のサイトから情報収集をすること、システムを把握することが目的になります。

                                情報の偏りを亡くすために複数チェックするようにしましょう。

                                1つのサイトにしか公開をしていない求人もありますし、複数のサイトでサイトの特徴に合わせて情報を出している企業も多くあります。

                                 

                                また、掲載期間がが2〜4週間(年末年始、夏休み、GWの長期休暇を除く)ですから、掲載が多サイトにまたがって通年掲載をしているところもあるぐらいです。

                                 

                                最近増えているのが業界特化型のサイトや年代別にターゲットを絞っているサイトが増えていますので、各サイトの特徴を知るためにも複数の登録をしておいて、全容を把握することも必要です。

                                 

                                その2:キャリアシートは1ヶ月に1回更新をしておくべし!

                                 

                                 

                                これは、スカウトメール対策としても使われる手段でもあり、これをやるとやらないではまったく結果が違います。

                                常に更新をしておくことで上位表示される事になっていますので、スカウトメールをもらいやすいポジションをキープすることができます。

                                キャリアシートを更新することで、アクティブに動いているというイメージを与えることができるので、スカウトメールがきやすくなります。

                                 

                                ログインも毎日しておくことが必要です。

                                情報はどんどん古くなりますから、新しい情報を仕入れるためにもログインを欠かさずしてください。

                                最近ではスマホから簡単にできますので、行き帰りの電車や移動する時間でサクサクとやってしまうことがいいでしょう。

                                 

                                その3:メルマガは必ずチェックをするべし!

                                 

                                これは意外と見落としがちなのですが、メルマガで新しい情報をゲットできるチャンスです。

                                転職サイトに登録をすると、自分の業界業種、職種、地域を登録しますので、その際にメルマガの条件も絞られます。

                                週に2〜3回程度、条件にマッチしたメールが届くことがあります。

                                 

                                そこでは掲載したての案件の案内が載っていたり、同年代が応募している案件がのっていたりしますので、必ずチェックをしてくださいね。

                                これからチェックできることは、半年や一年経っても同じ求人を出していたり、よく見かける求人については注意してください。

                                これは人を集めるための求人であるケースか、離職率が高い求人である可能性があり、ブラック企業である可能性が高いと判断する材料にもなります。

                                 

                                最近では書類選考通過した場合などをAIで判断をしてメールマガジン化していることもよくありますので、似たような案件やスキルから判断をしてくれて、届けてくれるケースも増えています。

                                 

                                こんなことにならないためには…

                                 

                                転職サイトには非公開求人案件を含め、多くの情報が詰まっているのでこれを軸に転職活動を行っていきたい。

                                企業側はサイトに登録をしている応募者の転職可能時期を見ているため、今すぐ転職をする気が無くても登録をしておくだけで、オトクな最新情報を入手することができる。

                                 

                                転職サイトはこのように簡単に利用することができるため、採用側にも日々応募が舞い込んでくる。

                                ただし、その分採用側はエントリーシートの捌き方が乱暴になりがちになりやすい。

                                面接にいってみたら、応募職種と自分がマッチングしない、なんてこともおこりやすい。

                                そうならないためにも、口コミサイト、エージェント、SNSを有効的に使う必要がある。

                                 

                                外資系、グローバル企業を目指すならLinkedIn、facebook連動サイトも狙い目!

                                 

                                 

                                日本ではあまりメジャーではありませんが、英語を使いたい、外資系を目指しています、グローバル企業で働きたいというのであれば、LinkedInを活用するとより効果的な活動ができるようになります。

                                LinkedInでは世界中の案件が掲載されており、日本にいながら応募することが可能です。

                                面接になった場合はSkypeなどを利用して面接することも多くあり、最終面接については本社でというケースも珍しくありません。

                                 

                                LinkedInについては、履歴書、職務経歴書を載せて置くことができますので、案件へ応募することが簡単にできます。

                                また、友達になった人からスキルの推薦をしてもらうことができるので、企業の信頼度も高いというのが特徴です。

                                 

                                最近増えているのがfacebook連動型の転職サイトです。

                                スカウトに特化をしている転職サイトもあるので、転職サイトとは異なりより細かい条件を登録しておくことで精度が上がります。

                                これからはfacebook連動型の転職サイトへ登録をしておくことで、目障りなスカウトメールから解放されることになるでしょう。

                                 

                                | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                                転職する際の3種の神器とは
                                0

                                  転職3種の神器とは

                                   

                                   

                                  成功する就職、転職をしたいのであれば、いろいろなツールをうまくかつようしてすすめていかなければならない。

                                  基本的な3種の神器ともいわれているのが、サイト、エージェント、口コミサイトの3つですが、最近ではそこにSNSも入ってきて4つの神器ともいわれるようになりました。

                                   

                                  なぜ、この3種の神器、4種の神器を活用しなければならないのかというと、そこには各種のメリット、デメリットが存在をしており、相互補完の関係にあるため、必要と言われています。

                                  えっ!そんなに就職、転職するのには大変なことなんですか?と構えてしまう人もいるでしょう。

                                   

                                  しかし、これらを巧みに利用することができれば、ブラック企業へ就職、転職というリスクを下げられると考えればどうでしょう。

                                  経歴に1つ傷がついてしまうことによって、あなたの価値が下がるかも知れないリスクと比べれば、簡単なことではないでしょうか。

                                  一見すると関係ないことの両立がなされているようですが、実はこれが一番効果的な方法だということには9割の人は気づいていません。

                                   

                                  例えば、求人広告について考えてみましょう。

                                  求人サイトですから、もちろんネガティブなことは一切かかれていませんし、企業のいいところだけが多数掲載されている。

                                  そこで口コミサイトやSNSでの社員の声などを組み合わせることで、本音が垣間見えることになります。

                                  また、エージェントに登録をしておけば、担当に対してこの企業について調べてもらう事もできます。

                                   

                                  そうすることであぶり出されるのが、志望している企業の弱みと強みを見つけることができます。

                                  また、今後の展望や新しい情報が入ってくれば、キャリアアップできるかどうかの判断材料もあります。

                                   

                                  また、エージェントには表に出ていない求人が存在をしています。

                                  広告掲載数の枠が限定されており、会社全体で持っている案件の一部しか掲載をされていないのが現状です。

                                  いわゆる非公開求人など、エージェントの担当者とクライアントとの信頼関係がガッチリしているのであれば独占案件も存在しています。

                                  忙しいから交渉事を任せる事もできるのが魅力的な部分でもあります。

                                   

                                  しかし、エージェントも営業ですから、入社してもらうためには手段を選ばないというのが現状。

                                  入社をしてもらうことで彼らの成績に変わるので、内定後に強引にクロージングを仕掛けてくる、手のひら返しもあるので注意してください。

                                  一長一短をしることで、各ツールを相互補完しながら使用することで、リスク分散をすることができます。

                                   

                                  口コミサイトは情報が玉砕混合している

                                   

                                   

                                  求人広告を見ているとポジティブな情報しか載っていないため、面接に行ってから質問をしたとしても、タブーに触れればお祈りメールが届いてしまうというのが現在の人事の無能さを表しています。

                                  スキルで採用をするということは日本企業ではありえません。

                                  即戦力がほしいと言いながらもスキル重視で見抜ける採用をしている企業は1割あるかないか。

                                   

                                  大抵の場合、社風にあうかどうか、今いる社員に近いイメージができるかどうかという、会社に溶け込めるかどうかということで判断をしており、スキルは書類選考上に必要なツールとして使われている。

                                   

                                  そういう時に見てもらいたいのが口コミサイトである。

                                  そこには社員であったり、過去に応募をした人のコメントが載っていることがあります。

                                  社員のみが知っている企業の内部情報であったり、研修の内容であったり、いろいろと書かれています。

                                   

                                  待遇面、教育環境など、そこで勤めている人しかわからないことが評価されて、チャート化されているものもあります。

                                  ここで見てほしい点は、転職サイトだけでは読みづらい「社風」「社員の士気」「平均残業時間」など、勤務経験がある社員からであろうコメントや評価点などがデータ化されている。

                                  残業上限時間を超えたら、勤怠をきった後に残業をしているが、無給残業扱いになり、目標数値を達成しないと休日出勤が当たり前。などと書かれていることもあります。

                                   

                                  ただし、インターネットの口コミサイトについては、その会社の本当に勤めていたのかどうかは裏が取れていない。

                                  また、転職をしているケースも多いため、名誉毀損まではいかないけれど、小さいことを大きく書いているケースもあるので、情報の正確性という面では、SNSでライバル会社や志望している会社の社員にアタックして、生の情報を仕入れることがいいでしょう。

                                   

                                  エージェントとはしっかりとした信頼関係築こう

                                   

                                   

                                  勘違いしている人も多いので、エージェントの考え方を先に述べておきます。

                                  エージェントも個人目標が設定されているため、登録者数、面接設定数、内定数、売上が細かく設定をされています。

                                  よくいわれている仕事が紹介されなくなったということですが、エージェントとの信頼関係が取れているかどうかがポイントになります。

                                   

                                  エージェントも新規登録が多ければ、鮮度の高い人で企業受けがいい人材を優先しますので、登録直後は紹介が多くなりますが、日数が経過をしたら、どんどん紹介数が減るということがよくあります。

                                  中小、ベンチャー企業については、案件がなくなるということもあります。

                                   

                                  そうならないためにはどうしたらいいのかということをしっかり考えてください。

                                  担当へメールを送っているのか、適度に情報交換ができているのかなど、パトロールメールを送ることが必要です。

                                  担当にこういう人材がすぐに紹介できるというようにインプットしておくことが必要だからです。

                                   

                                  新規案件をもらった時に、担当の頭に残っていないということは負けですから。

                                  面談時に印象に残すと共に、その後もせっつくことが必要になりますのでしっかり信頼関係を築くことを忘れないで下さい。

                                   

                                  エージェントのメリットとしては、面倒臭い交渉事をすべて任せることができます。

                                  案件の提案をしてくれる一方で、あなたをプレゼンテーションしてくれて、面接設定、入社設定、給与交渉など、事細かくやってくれる。

                                  現職に残ることも決断のひとつとして、あなたに寄り添って考えてくれるエージェントを見つけることが最優先課題にはなりますので、登録社数を大手、系列系、中小、ベンチャー企業、専門性のあるエージェントの5つの分野から3〜5社、計15社程度と付き合うことをおすすめします。

                                   

                                  | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                                  まだ間に合う!入社に踏み切る前の5つの注意ポイント
                                  0

                                    キーパーソンは採用担当者

                                     

                                     

                                    採用担当者の言動と態度に企業を見分ける鍵があるというのはあまり知られていない。

                                    書類選考を通過すると次に進むのが面接だ。

                                    これまで、求人広告や企業サイトも確認し、「もう安心」と思っていないだろうか。

                                     

                                    実は面接や内定後の待機期間ですら、ブラック企業の罠が沢山張り巡らされています。

                                    ここで、重要な要素となるのが、面接官とのやり取りだ。

                                    「企業説明が曖昧で」「条件面の確認で口ごもる」場合は、後ろめたいことがあるということを感じてください。

                                    社内の情報伝達機能が破綻している場合もあるので注意してください。

                                     

                                    求職者の多くは「条件面の詮索」はよくないと思いがちですが、世の中には求人広告の募集要項にのっている情報と、面接時の説明が乖離しているというブラック企業が山ほどある。

                                    具体的に詳細な質問は後の自分の人生を救うともいっても過言ではありません。

                                     

                                    まだ間に合う5つのポイント

                                     

                                    面接、内定後のフォローでも気になる点があればどんどん質問をして、不安を消していくことが求められる。

                                    中途半端な決断を下す事によって、ブラック企業に入社することもあります。

                                    次の5つのポイントについて、チェックをすることを忘れないようにしてください。

                                     

                                    1:自社の説明をしないまたは説明しても曖昧

                                     

                                     

                                    企業について質問をされて戸惑う場合は社内体制に不安がある。

                                    面接とはコミュニケーションを通じて企業と応募者が双方で情報交換をして、判断をする場である。

                                    そのために企業側へ8つのポイントについては知っていて当たり前の話である。

                                    明確な回答ができない場合については、社内の体制が整っていないか、あえていいたくないのかということで、ブラック企業の確率がグッと上がることになります。

                                     

                                    面接官である人事担当者なら知っていて当たり前の8つのポイント

                                    1:事業内容

                                    2:仕事内容

                                    3:勤務条件

                                    4:待遇

                                    5:売上高

                                    6:社員数

                                    7:離職率

                                    8:平均勤続年数

                                     

                                    この項目について知らない、口ごもる、歯切れが悪いときは注意が必要。

                                    原因は情報共有ができていない、採用担当者が知らない情報、あえて教えたくないの3つが考えられる。

                                     

                                    2:面接1回のみ、面接時間30分以内での内定

                                     

                                    面接1回のみということを転職サイトでも特集を組んでいますが、これは裏を返せば単なる数合わせのための採用であり、ブラック企業が得意としている常套手段の1つでもあります。

                                    すぐ辞めるということが大前提になっていて、採用を即決してしまう。

                                    現場の人数が足りないということになると圧がかかり、さらに離職してしまい、会社自体が危機的状況に陥ってしまうからだ。

                                     

                                    採用をするのに1000万円近くかかるというのが常識になります。

                                    その人の年収や社会保険料、広告費用、面接官のコストを考えると妥当なラインです。

                                    人材採用については「高くてキャンセルしにくい買い物」といわれている。

                                     

                                    いくら採用のプロであったとしても、一定時間必要だ。

                                    僅かな時間の面接であっさりとは決められないはずである。

                                    ビジネスパーソンの生涯賃金は3億円近くと言われているのに、一瞬の判断で決断をすることはあまりありません。

                                     

                                    3:精神論、根性論を出している

                                     

                                     

                                    精神論や根性論が経営方針に入り込んでいると危険度アップ。

                                    業績不振になるとメンタルを削って労働することが当たり前になる。

                                    これはサービス残業当たり前、休日出勤当たり前で、業績達成のためには長時間労働が当たり前となる。

                                     

                                    精神論が経営方針に入り込んでいる場合、業績不振にに陥ってしまうと、「気合でやれ」「本気でやっているのか」などメンタルだけを問題にされるケースが多い。

                                    こういう会社の雰囲気としては体育会系の会社に多い。

                                    20代なら転職しても後悔はしないかもしれないが、30代以降については後悔することが多く、すぐに転職を考えるケースが多い。

                                     

                                    4:選考や内定承諾を急がせる

                                     

                                    スピード感が必要とされる選考ですから、できるだけ早く面接設定をしたいというのが企業人事の考え方。

                                    ちょっとでも遅れてしまうということは、チャンスを逃すと考えるようになっているのが時代の流れ。

                                    いくら急いでいるとはいえ、近々の日程設定というよりは、3〜4日後から1週間前後の猶予を持ちながら、面接日程を設定をする。

                                    内定承諾についても1週間〜10日前後の猶予を与えるというのが常識である。

                                     

                                    なぜなら辞退をさせたくないというのが見えてしまうと、人手不足でブラック企業ではないかと勘ぐられてしまうと、今までの信頼関係がすべて壊れてしまうことになるから。

                                     

                                    また、入社を急かす会社もあります。

                                    「面接で御社の都合に合わせますので…」と伝えると、「内定承諾後、次の日から来てください」という会社もあります。

                                    入社を急かすというのには裏があると思っていいでしょう。

                                     

                                    ネガティブな情報を発覚してしまうと、内定辞退につながってもおかしくない。

                                    内定承諾書を持っていれば優位に立てるというアホな人事や経営者がやってしまう常套手段である。

                                    内定承諾書を持っていたとしても、職業選択の自由があるわけですから、意味がないということに気づいていません。

                                     

                                    5:入社日が近づいてもフォローがない

                                     

                                     

                                    これは人事が怠慢といえる大失態である。

                                    おもてなしの心と気配りができないということは、顧客に対してもフォローができないということ。

                                    人事が人材の墓場と言われている1つの理由である。

                                     

                                    営業成績が悪く、会社のお荷物になる人達が集まるため、細かいフォローや不安を取り除くことができない採用担当者がいる企業はブラック企業ということも多いので、注意が必要。

                                    大事な顧客に対しても満足のいくサービスができずに、機会損失をしていることが多い。

                                     

                                    入社前に必要な情報は、出社日、出勤時間、出勤場所、訪問先、持参するものなど、当たり前なことですが大切なことですし、出社したけど違う場所にいってしまったりすると、モチベーションが下がり、転職をしたくなります。

                                     

                                    | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                                    求人広告でブラック企業を見極めることができる3つのポイント
                                    0

                                      意外!?にも隠れているキーワードがある!

                                       

                                       

                                      最近、求人広告、スカウトメールなどを見ていると、意外にもブラック企業じゃないの?というようなキーワードを乱発しているものが増えています。

                                      中身のない自社アピールにはブラック企業の要素が隠れていることに気付けるようになれば、転職で失敗する確率は低くなります。

                                      絶対に失敗しない転職術は存在することはありませんが、確率を低くして回避することは可能になります。

                                       

                                      人生の大半を過ごす場所だからこそ、転職後に公開をすることだけは避けたい。

                                      では、企業と接触をする前に、ブラック企業かどうかを見極める方法はあるのだろうか。

                                       

                                      そこでまず注意深く確認すべきポイントは求人広告なんです。

                                      基本的なポジティブな情報が並ぶのは仕方ないことですが、「社風」のみの表面的なアピール、「急募」などの人手不足感が漂う乱立する場合はブラック企業の要素を隠している場合が多い。

                                       

                                      自社商材に自信があれば、社風よりそちらを推すし、急成長をし続ける企業でもない限り、常に募集をしている会社は不自然。

                                      これらを見極める指針として3つのポイントがあります。

                                       

                                      ポイント1:社員の数に対して、求人数が多い

                                       

                                       

                                      これっってわかり易い法則の1つです。

                                      結論からいうと30%を越えると危険!応募をしないほうがいい。

                                       

                                      採用人数が30人として、全社員数が100人だったとした場合、30%になりますからブラック企業と見ていいでしょう。

                                      こういう会社の場合についてはスキルアップできない可能性が高いので、転職先としてはマイナス評価、一発レッドカードでもおかしくありません。

                                       

                                      大量採用の場合については入社後しわ寄せが来る可能性が高く、退職者が多いというのが特徴です。

                                      採用予定人数が書いているケースや10人以上採用する会社などの特集の場合は注意してみることが必要になります。

                                       

                                      予想される弊害としては、社員管理の欠如のある会社である可能性が高いからです。

                                      社員数と新規雇用数のバランスが悪くなると、社員一人あたりの仕事フォローやマネージメントが薄くなり、成長のチャンスだけではなく、昇進、昇給、評価などいろいろな機会を損失してしまう可能性が高い。

                                       

                                      ポイント2:社風の良さばかりを強調している求人

                                       

                                       

                                      社員の仲良しアピールは中身のない企業である。

                                      求人広告の企業説明を見ると、ガッツポーズをした社員、社員旅行の写真など「楽しそうな写真」しか載っていない企業は要注意。

                                      自社製品やサービスに強みがないことへの自信のなさが見え隠れしている。

                                       

                                      風通しの良い社風ですと書いていても実際は年功序列のマウンティング合戦をしている会社であったり、社長との距離が近いことが自慢というのも危険です。

                                      よく使いやすいキャッチコピーではありますが、人間関係で苦労することを裏付けていることに気づいていない会社も多く存在しています。

                                       

                                      本来であれば、自社製品やサービスを見せたいはずですが、やたらと社員のアピール写真や社風についてのキャッチコピーが掲載されている場合は、社風以外によりどころとできる強みがある企業かどうか、自社のホームページや取扱商品をしっかりとチェックしておくことが必要になります。

                                       

                                      ポイント3:いつ見ても求人広告を出している会社

                                       

                                       

                                      転職活動をする人は転職サイトを複数登録をしています。

                                      大きいところで3つ、その他にも業界に絞ってできているサイトなどを含めると、5〜10サイトに登録しています。

                                       

                                      求人広告の掲載期限とういのは2週から4週のサイトがほとんどですが、最近では掲載費用無料という広告も増えているので、よく使うサイトの掲載期限を調べておくと便利です。

                                       

                                      そうすると次から次へと広告を掲載する会社もありますし、ずっと掲載をしている会社もあります。

                                      そんな時にこのキーワードを見たら、注意が必要になります。

                                      「急募」「業績好調」「追加募集」の3つのワードです。

                                       

                                      この3つは言い方を変えれば、万年人材不足ですということを表現していると考えてください。

                                      求職者の目を引くキャッチコピーで流れてしまいがちですけど、欠員補充が追いついていないということは、社内の環境に何かあるのではないかと疑うことが必要になります。

                                       

                                      | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                                      あなたの知らない世界!?ブラック企業とは
                                      0

                                        ブラック企業の定義を再考してみよう

                                         

                                         

                                        皆さんにとってのブラック企業のイメージはどういうイメージでしょう。

                                        残業時間は100時間を超えて休日出勤は当たり前などというハードワークのイメージが強いと思います。

                                        それが本当に正しいのかを考えてみましょう。

                                         

                                        結論からいうとホワイト企業と言われるところは希少です。

                                        次の3つの視点から考えていくことにしましょう。

                                         

                                        その1:勤務時間について疑う

                                         

                                         

                                        1つ目は勤務時間についてですが、求人広告を見ると原則8時間、残業は20〜40時間という文言をよく目にすると思います。

                                        場合によっては、ほとんどが定時で上がることができますという文言を書いていますね。

                                         

                                        原則は1日8時間、1週間で40時間労働まで、休日も週1日か4週間を通じて4日以上が一般的でした。

                                        1年は52週で計算されるため、最低で52日以上の休日は保証されています。

                                        しかし、完全週休2日が定着して、祝日、夏休み、冬休みを入れると、120日以上が当たり前になってしまいました。

                                        求人広告でも年間休日が少ないということはハードワークであるという先入観を生み出すことになりました。

                                         

                                        36協定で月40時間、年間360時間以上の残業をしないようにするという協定も会社と結んでいるのですが、9割以上の会社がこの協定について無視をしているというのが現状。

                                        人事の労務管理でしっかり指導をしている企業はほとんどありません。

                                        現場には現場の理由があり、人事は人事の理由があるということで、確執がありますから。

                                         

                                        月100時間を超えなければブラック企業ではないというのが、企業の本音です。

                                        いくら求人広告で20〜40時間以内と書かれていたとしても、実際はまったく違うことがあります。

                                        100時間を超えなければ、ブラック企業ではありませんし、要領が悪い、生産性が低いという理由で問題ないという見解になります。

                                         

                                        このことについては、基本的に面接の場ではいわないことですし、質問をした瞬間に不採用になってしまうというタブーな質問になります。

                                        それを知る方法は以前に書いていますが、SNSでライバル会社や転職先の社員へのアプローチが必要になります。

                                        過労死ラインを越える100〜120時間がブラック企業の定義であることを理解しましょう。

                                         

                                        その2:給与について疑え

                                         

                                         

                                        2つ目は給与についても考え直さなければなりません。

                                        ひと昔前は、定時を超えた時間については、残業代が支払われることが当たり前の時代でした。

                                        そのため夜遅くまで残業することで会社への忠誠心を示すと共に、長時間労働をすることが当たり前の時代でした。

                                         

                                        しかし最近では、コストカットの意味合いから、見込み残業代込の年収を提示する会社が増えています。

                                        管理職、営業職であれば想定されることもあるのですが、給与計算を簡単にするため、残業代を込みにする会社が増えて、それが意外にもトラブルのもとになっています。

                                         

                                        見込み残業代をつけることはコストカットにつながる事になりますが、時給換算をした時に最低賃金割れを起こす場合もあります。

                                        都道府県別に提示されているので、インターネットやハローワークなどでチェックすることを忘れないようにしましょう。

                                        基本給の考え方については、就業規則にかかれているのできちんと調べてから、計算をしていく必要があります。

                                         

                                        年収ベースでは変わらないけど、労働時間によっては見込み残業代が含まれると、手取りベースで安くなってしまうこともあります。

                                         

                                        採用内定通知と給与通知をもらったら確認をしてみましょう。

                                        基本給の算出方法、残業代の算出方法について、ちゃんと質問をすることで給与が減ることについて気づくことができる。

                                         

                                        評価制度についても質問をしておくと、3年後の年収のイメージがつけられることも多く、現職、前職の給与と比較することができますので、事前にチェックをすることを忘れないようにしましょう。

                                        この質問をして、内定取り消しということはありませんから、安心して人事に詰め寄ってください。

                                         

                                        その3:大手企業だから安泰という時代は終焉している

                                         

                                         

                                        いい大学を出ることはいい会社に入れて、一生安泰という時代はもう終焉しています。

                                        かつては高度経済成長と終身雇用、年功序列などのシステムがあって、経済も右肩上がりという条件が揃っていたため、マイホーム、マイカー、子育てなどがイメージしやすい時代でした。

                                         

                                        最近では大手企業の不祥事から急転直下の赤字経営になってしまったりするケースがおおくなり、大手企業だから安泰という時代は終わりました。

                                         

                                        また、これから雇用の流動化をすすめる政府が持っているカードとしては、通称解雇法案があります。

                                        現状では法律で従業員が守られているため、解雇については間接的な理由がはっきりしていればいいのですが、そう簡単には解雇ということはできないため、追い出し部屋に押し込んで、仕事をさせず自主退職に追い込む会社もあります。

                                        これが簡単にできるようになった時、失業率が上がり、より一層の人手不足を招く事になります。

                                         

                                        巷でいわれている2018年問題については、今そこにある危機でありますが、あまり気にされていません。

                                        人事ではこれは大きな問題になるといわれていることですが、マスコミではなかなか取り上げられておらず、知らない人も多い。

                                         

                                        ライフワークバランスを手に入れたいのであれば

                                         

                                         

                                        ここまでブラック企業の定義について再度考えてみましたけど、巷にいわれているライフワークバランスを手に入れるためにはどうしたらいいのかを考えていくことは必要になります。

                                        ブラック企業の定義を再度考えた上で、自分自身が譲れない部分を決めることで方向性が決まります。

                                         

                                        ハードワークや薄給については、他条件と組み合わせることによって、再考する余地があります。

                                        ハードワークであったら、スキルアップ、高給がオプションとしてつけられないのだろうか。

                                        スキルアップをして転職をすることも手段ですし、お金を貰えるのであればそれも1つの判断材料。

                                        薄給については、スキルアップがオプションになります。

                                         

                                        毎日ハードワークだけど、給料がきちんと支払われる会社、薄給だけどスキルアップにつながるなど、納得ができる対価があり、目標がモテる仕事かどうかを見極める事ができるかポイント。

                                         

                                        セクハラ、パワハラ、違法行為など、明らかなブラックについては再考の余地はありません。

                                        精神的な疲弊があるのであればブラックと認定してしまっても構いません。

                                         

                                        あなたが転職をする際に何を持ってブラックとするか?どう定義をするのかによって考える余地は変わります。

                                        自分の見解1つで選べる企業は可能性が大きく広がっていくことになります。

                                        | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                                        あのGoogleも実際に使っている。最先端の面接とは?
                                        0

                                          最先端の面接の流れを抑えておこう!

                                           

                                           

                                          Googleも採用している新しい面接手法が、人事界隈では主流になってきています。

                                          ちょっと前までの面接とはまったく異なり、流行に敏感な人事は巧みにこの手法を使ってきます。

                                          この手法は応募者の資質や能力がわかりにくいことから、「STAR面接」と呼ばれており、「行動面接手法」ともいわれています。

                                           

                                          Googleも採用しているこの手法は、企業が求職者の過去の行動特性を聞き出すことで、将来の行動バターンを予測するというものです。

                                          通常の面接よりも対応が難しいといわれています。

                                          この行動面接手法で面接されると想定しておくと、他の応募者よりも優位に立てることは間違いありません。

                                           

                                          「そんな経験はない!」では済まされない!これがSTAR面接のしくみ

                                           

                                           

                                          STAR面接は頭文字の省略形です。

                                          S…situation(経験した状況は?)

                                          T…task(経験した職務は?)

                                          A…action(その時の行動は?)

                                          R…result(生まれた結果は?)

                                           

                                          S…situation(経験した状況は?)

                                          そのプロジェクトでの経験はどのような状況でしたか?

                                          これまでの職務での環境や求められたプロジェクトなど、具体的な職務内容の状況を詳しく説明する場面。

                                          ただ、具体例は必要だけど、ダラダラ話すのではなく、短く簡潔に話をしましょう。

                                           

                                          想定される質問の流れ

                                          キッカケ→目的、目標→目標の高さ→チームの構成→周囲の意見という流れで答えられるようにしましょう。

                                           

                                          T…task(経験した職務は?)

                                          そのプロジェクトでは何を担当しましたか?

                                          状況に対してどんなタスク、職務内容だったか、何を担当したのかを詳しく説明する場面。

                                          どんなプロジェクトに何年間従事したなど、求職者の行動特性、思考性を見抜くことができる。

                                           

                                          想定される質問の流れ

                                          チーム内での役割、課題→何をすべきだったか?→課題や工夫→工夫すべき点や狙いという流れで答えられる様にしましょう。

                                           

                                          A…action(その時の行動は?)

                                          そのプロジェクトではどんな行動を取りましたか?

                                          担当したプロジェクトに対して、求職者がとった行動を説明する場面。

                                          プロジェクトがグループ単位によるものだった場合でも求職者がどのように貢献をしたのかを限定して話をしましょう。

                                           

                                          想定される質問流れ

                                          どのような行動をとったのか→なぜそう考えたのか→周囲への影響、周囲からの意見→次にした行動→工夫したこと

                                           

                                          R…result(生まれた結果は?)

                                          そのプロジェクトではどんな結果を導きましたか?

                                          「何を達成したのか」「何を修得したのか」「そこで時間削減、コスト削減が実現できたのか」など、プロジェクトの課題に対して対処した結果や成果について、具体的事例を説明する場面も必要。

                                           

                                          想定される質問の流れ

                                          その結果→プロセスの改善→学んだこと→反省点→同僚の能力を発揮した場面

                                           

                                          いかにコンパクトにわかりやすく話をまとめられるかということで、Twitterやblogなどでアウトプットすることが瞬発力を身につけることになります。

                                          また、コミュニティでプレゼンをしたりすることで間隔や熱量を確認することができます。

                                           

                                          最強の面接術!笑顔を忘れない!

                                           

                                           

                                          当たり前のことをバカにせず、ちゃんとできること=ABCDの法則をしっていますか?

                                          髪の毛、爪、メイク、スーツ、靴など、清潔感のある見た目と相手が不快に感じない装いができていることや、明るく、元気であること、ハキハキとした受け答えができ、面接官以外にも社員に対して配慮ができること。

                                          まさに当たり前な行動が大切。

                                          その中でも笑顔は最強の面接術になる。

                                           

                                          面接官が僅かな時間の面接で応募者の資質を見抜き、自社に貢献する人材化どうかを見定めることには限界がある。

                                          ゆえに応募者には、面接官に自分の特性を正しく簡潔に伝える高いスキルが求められる。

                                          近年では「行動面接手法」が主流となり、確認事項が主流となり、頭文字をとってよばれている。

                                           

                                          これは過去のプロジェクトの行動や結果に話をすることを求めてくる面接手法。

                                          事前に話すことを準備しておくこといいでしょう。

                                          また話し方だけでなく最強の面接手法である笑顔は忘れないようにしましょう。

                                          | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                                          書類選考を通過するための3つのポイント
                                          0

                                            最初の難関は書類選考

                                             

                                             

                                            ハローワークはいまだに応募書類を送ってくださいということが多いのですが、インターネットから応募する際には転職サイトのフォーマットがキホンになります。

                                             

                                            企業によって異なりますが、出身大学、転職回数、業界経験、企業規模などで判断をしている会社も多くありますが、これから転職することが当たり前になり、スキル重視になってくることは間違いありません。

                                             

                                            最初の関門である書類選考を突破するためには書類作成にコツが必要になります。

                                            まずは3つのポイントについて絞ってお話をしていきましょう。

                                             

                                            大前提として、雇う側の気持ちを意識して、要望にあわせて応えるべし

                                             

                                             

                                            どうしても独りよがりになってしまう書類をつくってしまうことがあります。

                                            あれも入れたい、これも入れたいとなると職務経歴書の枚数が増えてしまいます。

                                            それに志望動機、自己PR を入れるとすると、何度もスクロールをしなければなりません。

                                            そうならないためにも、自分の強みは何なのか、どのスキルが企業にあうのか判断をしてください。

                                             

                                            最近ではインターネット経由の応募になると、コピペしたものが送られてくるケースがありますが、そういった場合は面接までにきちんと対策をしておかないと、お祈りメールが届いてしまいます。

                                            テンプレートで簡単にフレームは作れますが、企業の担当者によってはお祈りメールを送ることになります。

                                            雇う側に立って考える必要があります。

                                             

                                            表面より内部を見る目が企業の求める人材を見抜く!

                                             

                                            仕事ができることを企業とマッチさせるイメージが重要になります。

                                            人事は、人と企業のマッチングをする。

                                            あなたがやりたいことを叶える環境を企業が用意してくれるのではなく、あなたのスキルや経験が企業のもつ課題解決に役立つかどうかを判断します。

                                            企業側の意に即した内容をより具体的に説明できるかどうかがポイントになる。

                                             

                                            そのためには3つのポイントを押さえておきましょう。

                                             

                                            1:業界よりも企業

                                             

                                             

                                            まずはその業界よりも企業を選んだ理由を説明できますか?

                                            企業が求めている人物像に即したPR として、まずは大分類として「なぜこの業界を選んだのか」よりも先に「なぜ企業を選んだのか」

                                            企業に対する興味関心度合いをきちんと説明できるようにしておきたい。

                                             

                                            2:企業よりも仕事内容

                                             

                                            なぜこの企業なのか?なぜこの仕事なのか?

                                            次に中分類として、数多くある同業他社が存在する中で、「なぜこの企業なのか」「なぜこの仕事なのか」しっかりと整理しておくことが求められる。

                                            希望部署についても明確にしておくことが必要になる。

                                             

                                            3:やりたいことより解決したい

                                             

                                             

                                            そして最後には「何をやりたいのか」ではなく、「何が解決できるのか」。

                                            自分自身が培ってきたスキルや経験を駆使して具体的に説明ができるようにしておきたい。

                                            企業が求めるのは課題を解決できる人材ですから。

                                             

                                            この3つをしっかりと抑える事によって、採用担当に響く、企業の意に即した内容となります。

                                            イメージができれば、入社後のミスマッチもなくなり、活躍できるイメージができます。

                                            そうすることによって面接へすすむことができるようになります。

                                             

                                            | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                                            情報戦を戦うにはITリテラシーが不可欠
                                            0

                                              ブラック企業に入りたくないなら、3つの◯◯を使え!

                                               

                                               

                                              最近、電通事件から過労死自殺、長時間残業について考えるようになってきました。

                                              労働時間だけを見るのであれば、ブラック企業とホワイト企業を見分ける方法があります。

                                              ブラック企業を見つけようとしても、インターネット上はいろいろな情報が錯綜しており、どれが本物、どれが偽物かはわかりません。

                                               

                                              また、インターネットは匿名性が高いため、口コミサイトを鵜呑みにすることはできませんし、転職サイトに書いていることは建前ですし、エージェントは自分の数字のためなら、平気で嘘をつきますから、信用できません。

                                              では何を信じたらいいのかということになりますが、自分の足で情報を稼ぐしか方法はありません。

                                               

                                              1つ目のツール:SNSをフル活用してみよう

                                               

                                               

                                              それは、ソーシャルネットをフル活用することです。

                                               

                                              私は常に3つのソーシャルネットを押さえてほしいと言い続けています。

                                              Twitter、facebook、LinkedInの3つです。

                                               

                                              Twitterについては、24時間何度つぶやいたとしてもタイムラインで川のように流れていくので迷惑になりません。

                                              facebookについては、1日1〜3投稿をする人が増えています。

                                              facebookのアルゴリズムもあるため、友達の投稿の上位20%位が表示されるようになっています。

                                              LinkedInについては、その人の履歴書がソーシャルネット上に載っており、評価をしてくれている人がいるかどうかを見ることができるんです。

                                               

                                              なぜ、3つを見てほしいかというと、そこにはいろいろな情報が散りばめられているからです。

                                              LinkedInについては、その人の履歴書が載っているわけですから、ライバル会社、転職したい会社の名前が出ています。

                                              そして、その人のfacebookを検索してみると、その人の趣味や思考性がはっきりとわかります。

                                              Twitterについては、連携をしていればfacebookから辿れるのですが、別々になっていると見つけにくいことがあります。

                                               

                                              この情報を持って転職先の社員、ライバル会社の社員にアプローチすることが目的なんです。

                                              同業他社から見た情報や転職先の社員にアプローチをしていくことで情報を得ることができるんです。

                                               

                                              なぜ目当てとしている企業のライバル企業の社員へアプローチするのかというと、それは大局観で話をしてくれるからです。

                                              第三者の視点からアプローチしてくれるので、客観的に判断をしてくれるチャンスです。

                                              かつては、交流会、友達の輪しか方法はありませんでしたが、今はスマホ1台を使いこなせればいい時代です。

                                               

                                              ソーシャルネットはもちろん、ビジネスマッチングのコミュニティなどもできています。

                                              オフィシャルではないので、遠慮せずに突っ込んだ話をするチャンスです。

                                               

                                              ライバル企業の検索をした後は、ダイレクトメールを送ったり、Messengerでコミュニケーションをとることができます。

                                              誘い文句は、業界研究であることを装いましょう。

                                              目的の人が見つかったら、どう誘えばいいのかと考えてしまいますが、同業界内での情報交換を期待している人が多いので、素直に業界研究のためにお会いしたいということを伝えてみよう。

                                               

                                              仕事の話をしながら、次の6つについて質問を繰り出していくことを忘れないようにしましょう。

                                              1:給与水準はどれぐらいなのか?

                                              2:待遇や福利厚生はどうなのか?

                                              3:スキルアップできるのかどうか?どんなスキルが身につくのか?

                                              4:転職はしたいのか?

                                              5:いま会社に残っている理由は?

                                              6:御社のつよみと弱みは?

                                               

                                              情報交換を兼ねて2時間ぐらいで聞き出すことができるのであれば、お茶代だけで済むケースも多い。

                                               

                                              2つ目のツール:帝国データバンクを使う

                                               

                                               

                                              実に9割の人が知らないことであり、お金はかかりますが、経歴に傷がつくことや後々のことを考えると安い投資。

                                              僅かな出費で有益な情報を手に入れることができる。

                                               

                                              企業の通信簿ともいわれる、国内最大級の企業データベースを活用することはあまり知られていない。

                                              法人営業の人であれば、新規取引先の与信ということで使うことはありますが、個人で使えることを知っている人は皆無。

                                              帝国データバンクを個人でも利用することができる。

                                              1社1600円は課金されてしまうけど、1600円で将来を決められるのであれば安い投資である。

                                               

                                              誰にでもわかりやすいのは評価点を見てほしい。

                                              評価点は経営状況によって異なる結果が出ている。

                                              評価項目は健全に経営活動を行っているのか、支払い能力があるのか、安全に取引ができるかなど、9つの項目によって評価される。

                                              100点満点からの減点方式となっており、9項目のチェックができない場合は、空欄になっている。

                                               

                                              55点以上であれば、健全な経営状態。中小企業であれば超優良企業というお墨付き。

                                              47〜54点であれば、大手企業は危険水域に入りかけています。注意が必要と言われる。

                                              中小企業であれば普通の会社という判断をすることができる。

                                              44〜46点であれば、中小企業であれば問題がない。大手なら危うい会社という判断をすることができる。

                                              43点以下であれば、社員か売上、または両方が少ない零細企業

                                               

                                              3つ目のツール:売上高に注目!

                                               

                                               

                                              帝国データバンクの情報にもありますが、ホームページにも情報があるので、決算関係書類などについては見ることができる。

                                              ここでわかることは企業の成長率です。

                                              成長企業で働きたいと考える人は多く、売上高は賞与に反映することになるので、1つの指針になりつつあります。

                                               

                                              算出方法は次のとおりです。

                                              (当期の売上高ー前期の売上高)÷前期の売上高÷100

                                              成長率がこの公式に当てはめるとでます。

                                               

                                              6%以上になるのであれば、成長している企業

                                              0〜5%であれば安定して伸びている企業

                                              −10%以下になってしまうと成長がストップしていると判断をしていい。

                                               

                                              0〜−10%については、外部的な要因で一時期下がっている可能性があるので、数年遡って計算をしてみるとよりわかりやすくなります。

                                              その平均が0を越えるのであれば、問題ありませんから。

                                               

                                              | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                                              転職に必要な下準備 自分の絶対条件の設定
                                              0

                                                コレだけは譲れない!絶対に譲れない条件を明確にする

                                                 

                                                 

                                                「こんな仕事は嫌だ〜!ちくしょう〜転職だ〜」と感情的になってしまう転職活動はキケンです。

                                                転職は自分やパートナー、家族の将来を左右するものになります。

                                                後悔しないためには、まず今の仕事を続けながら、水面下で下準備を始めてください。

                                                いつでも勝負ができるように準備をしておくことは重要です。

                                                自分の転職軸が決まったら、どうしても譲れないものを明確化してください。

                                                 

                                                これって重要な事ですが意外にできていない人が多く、転職した先でも実力が発揮できないこともあります。

                                                最近ではライフワークバランスということで、働き方も多様化しているのが現状です。

                                                転職条件として次の3つがあげられます。

                                                「プライベート重視」「キャリアアップ重視」「収入重視」の3つです。

                                                 

                                                このように理想の働き方は人ぞれぞれであり、生活環境によって変化をしていくことになります。

                                                つまり、必須となる条件は変わっていくことを意味している。

                                                自分にとって譲れない条件は何か、理由とともに書き出してみよう。

                                                そして、最後に「絶対条件とリスク」を予測しておくことが必要になる。

                                                 

                                                絶対条件を決めよう!

                                                 

                                                 

                                                ゆずれない自分の条件は何か?そしてそれはなぜ?なのかをしっかりと書き出してみることから始めよう。

                                                自分がなぜ転職を考えたのか、そう至った経緯には何かしらの理由があるから、答えをだしたわけですから、原因をさぐればいいんです。

                                                 

                                                たとえば、「給与額が業界平均よりも安い会社だった」「スキルアップをしたいけど、アッパーミドル層が粘着しているから出世のスピードが遅くなる」「結婚、出産、介護など家庭の事情が変化をしているから」など、人それぞれの理由がある。

                                                 

                                                その中でもどうしても譲れない条件や妥協してもいい点について、思いつくまま書き出してみよう。

                                                条件設定をするコツは価値判断リストをつくって、自分が何を優先するのかをしっかりと客観的に見てみるとわかりやすい。

                                                 

                                                そして応募を考えている企業の社風や仕事内容を含めて様々な労働条件を調べて、書き出してみよう。

                                                2つのメモが出来上がったら、それを見比べてみて、内定をもらった時にジャッジをすればいいんです。

                                                 

                                                価値判断リストの使い方

                                                1:譲れない条件と妥協できる条件を3つに絞ってみる。

                                                2:その3つを選んだ理由を書いてみる。

                                                3:希望企業の情報をチェックすること。

                                                4:優先順位の理由とズレを確認すること。

                                                 

                                                価値判断基準リスト

                                                1:やりたいことができる。または好きなことができる。

                                                2:大手、一流企業の一員となる。

                                                3:人間的に成長ができる環境である。

                                                4:専門知識、スキルが身につく。

                                                5:お金を稼ぐことができる。(インセンティブや賞与がいい会社である)

                                                6:生活が安定をしている。

                                                7:福利厚生がしっかりしている。(産休育休後に復帰をすることができるか、会社で資格取得を応援しているなど)

                                                8:社会貢献ができる。

                                                9:尊敬される仕事ができる、自分の名前が残る仕事ができる。

                                                10:仕事とプライベートの区別がしっかりできること。

                                                11:職場の人間関係がよい。

                                                12:人脈が得られる。

                                                13:評価については公正かつ厳正なものであること。

                                                14:離職率が低い会社がいい。

                                                15:長時間残業にならないようにしていること。

                                                16:コンプライアンス重視の企業であること。

                                                 

                                                ここにあげたのはほんの一例である。

                                                自分自身の価値観をあげてみることで、自分が何を重視しているのかがはっきりわかる。

                                                 

                                                収入重視なら…

                                                高い結果を求められるので、それに常に応じなければならない。

                                                給与が高いほど、仕事のレベルも周囲の期待も高く、常に価値創造と結果について求められることになるので、面接時に話を盛ったり、職務経歴書に小さいことを大きく書いてしまうと、言動不一致ということになり、不信感にもつながるので注意が必要です。

                                                 

                                                キャリアアップ重視なら…

                                                キャリアアップという言葉は自己成長と訳されますが、大間違いです。

                                                チーム、組織のちからを上げることも視野に入れていくことができないと、お荷物扱いされてしまいます。

                                                 

                                                プライベート重視なら…

                                                自分の時間がほしいなら、効率化と調整は必須条件。

                                                プライベートな時間を確保するためには、仕事の効率化はもちろんですが、チーム、組織との仕事の調整も必要になります。

                                                 

                                                何を重視するにしても責任が派生することになり、給与に見合う実力を発揮することができないのであれば、評価が下がり、降給、降格の可能性もあります。

                                                組織を巧く活用して自分の市場価値を上げるためにはどうしたらいいのかを考えながら行ってください。

                                                 

                                                | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                                                転職に必要な下準備 ポチッと応募ボタンを押す前に
                                                0

                                                  転職の下準備については3つのポイントがある

                                                   

                                                   

                                                  ちくしょう〜転職だ!となった時に、感情的に動いてしまうと失敗することも多い。

                                                  そうなる前にいつでも転職ができるように常に下準備をしておくことが必要な時代です。

                                                  転職をするとなると、3ヶ月から6ヶ月先を見越して動いていかないと、チャンスを逃すことにもなってしまう。

                                                   

                                                  そうならないためにも転職活動は戦略的に準備をしておく必要があります。

                                                  下準備としては条件設定、企業研究、応募書類と面接について3つのポイントにわけられます。

                                                  今回は条件設定について考えていくことにしましょう。

                                                   

                                                  企業選びの大前提はコレ!

                                                   

                                                  転職しなきゃよかったと後悔しても後の祭りになってしまいますから、そうなる前に企業選びは大切なものです。

                                                  やってはいけない3つのポイントがあることはあまり知られていません。

                                                   

                                                  1つ目は見栄との戦い!ネームバリューに流されてはいけない

                                                   

                                                   

                                                  見栄を張って、社名だけで選んでしまうと、「転職を考えたそもそもの原因」が解決されないままで、転職活動をすすめている可能性が高くなり、失敗する確率が上がってしまう。

                                                   

                                                  よくあるのが、リベンジ転職という時に新卒で入れなかった会社へ転職をしようとすること。

                                                  結局は大手で安定して働きたいという見栄があり、ネームバリューがあればモテると勘違いしていることもある。

                                                  大手にいけば安定した給料が入ることは確かだけど、出世の枠は新卒に比べて狭いのが特徴。

                                                   

                                                  2つ目は欲との戦い!目先の給与額に飛びついてはいけない

                                                   

                                                   

                                                  よくあるのが中小企業から大手企業へ転職をすることになると額面が大きく変わります。

                                                  その給与額がプラスになるからといっても、飛びついてしまって失敗する確率が上がってしまう。

                                                   

                                                  私がエージェント時代に伝えていたのは、年収ベースで考えて、今の会社の伸びより良いと感じたのであれば、そちらの会社を選択すればいい。

                                                  数年は高い水準でジリ貧になるのであればやめればいい。と伝えています。

                                                  給与の伸び率というのは重要です。

                                                   

                                                  3つ目は焦りとの戦い!受けやすさ、受かりやすいで選んではいけない

                                                   

                                                   

                                                  よくあるのが、連戦連敗で焦りが出てきたり、退職した後、転職活動をすると銀行口座の残高とにらめっこしながらになるので、心に余裕がないというのが特徴。

                                                  そうすると感情的に決定してしまうことが多くあり、失敗するリスクが増えるのが特徴。

                                                   

                                                  6ヶ月から1年は無収入でも対応できるだけの貯金をしたり、投資をしながらお金を生む仕組みをつくったりしておくことは必要ですし、余裕がなくならないためにはどうしたらいいのかを考えておく必要がある。

                                                   

                                                  そもそも転職をする理由って、なんだろう?

                                                   

                                                   

                                                  あなたはなぜ転職をしたいと考えるようになったのか?

                                                  自分の希望条件を整理している人はあまりいないんです。

                                                   

                                                  転職をしようと考えた時に自分が希望する条件をきちんと設定していることがあるだろうか。

                                                  「ネームバリュー」「給料額」「受かりやすさ」などに流されて安易な決定をしてしまっているのではないだろうか。

                                                  だから、失敗した転職という結果を招いている。

                                                  入ってからこんなはずじゃなかったとなってしまうと、次の転職を考えるようになる。

                                                   

                                                  後悔しないためには、自分が重視したい「絶対条件」を設定すること。

                                                  転職を考えた原因を見つけることができれば、「絶対条件」が見えてくる。

                                                   

                                                  つまり、詳細な条件設定が不可欠!ということ。

                                                  ここをしっかりしないと、ブラック企業に入社をしてしまったり、転職後のモヤモヤしたままパフォーマンスが発揮されずにキャリアの突然死が待っているかもしれない。

                                                   

                                                  | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                                                  あなたの知らないヘッドハンターの世界
                                                  0

                                                    ヘッドハンターとエージェントは違う

                                                     

                                                     

                                                    この違いをしっかりとおさえておかないと勘違いをする原因になります。

                                                    まずはエージェントについてお話をしていきます。

                                                     

                                                    転職サイトに経歴を書き込んだり、登録をすると人材紹介会社からスカウトメールが届いた記憶がありませんか?

                                                    コピペメールのようなものが大量に送られてきて、ゴミ箱直行にする手間が増えたこともあるでしょう。

                                                    大抵は自己紹介文が書いてあって、求人票が添付されているケースがほとんどです。

                                                     

                                                    案件に興味があればポチッと応募をしますが、興味がなければ辞退ボタンをポチッと押すか、ゴミ箱へ直行するでしょう。

                                                    ここでSNSのアドレスを書いていたりする人は皆無に近いのが現状。

                                                    自己紹介の代わりにSNSのアドレスをコピペすればいいのに、テンプレで送るから返信率が悪い。

                                                     

                                                    勘違いしているのはエージェントとして長く付き合いたいという意志はなく、自分の数字を上げるためにあなたを利用させていただきますという意志が丸見え。

                                                     

                                                    こちらの転職時期や条件についてはお構いなし。

                                                    数字が上がればいいので、転職回数が少ない、若手とは積極的に面談をしますが、年齢が高くなる、転職回数が多くなると電話面談となります。

                                                     

                                                    電話面談というのはITリテラシーが低いんですということと、あなたはターゲット候補ではありませんというようなものです。

                                                    Skype、FaceTime、Zoomなどテレビ電話システムがあるわけですから、これらを有効的に使うことができるのであればいいのですが、そうではないケースであれば、ターゲットの対象外ということ。

                                                     

                                                    最悪の場合は経歴書を取り寄せておいて、本人の了解のないまま打診をしているケースもあるので、個人情報の取扱についてはきちんと送る前に確認をしておく必要があります。

                                                    登録者からは無料、企業も入社してから年収の35%を手数料として徴収するのが業界の鉄則となっている。

                                                     

                                                    ヘッドハンティングの流れ

                                                     

                                                     

                                                    ヘッドハンターの流れについてはまったく違います。

                                                    転職のパートナーになってくれるということ。

                                                    あなたの経験や経歴を調べ上げた上で、候補者をリストアップ、交渉などをして高額な報酬をもらう。

                                                     

                                                    しかし中には企業がこの人という指名をしてヘッドハンターに依頼をしていることがある。

                                                    競合企業の戦力低下を狙うこともありますが、架空の詐欺話を持ちかけてくる人もいるので、注意が必要。

                                                    ヘッドハンターからスカウトされたからといって浮かれていてはいけません。

                                                    会社が存在しているのかどうかをきちんと調べておきましょう。

                                                     

                                                    ヘッドハンターが狙っている人とは?

                                                     

                                                     

                                                    営業成績が優秀な人は常に注目をされている。

                                                    対象になりやすいのは、トップセールス、特殊な分野での業務経験者、雑誌、新聞での掲載経験がある。

                                                    また、企業側が開くセミナーでメリットを提示して、その場で引き抜きをおこなうケースもよくある。

                                                     

                                                    もしそこで断られたとしても、さらにその人から紹介を依頼するケースも多くあります。

                                                    ヘッドハンティングをされたいのであれば、セミナーに積極的に参加をしてみてはどうでしょう。

                                                     

                                                    最近ではソーシャルネットで発信をしていることによって仕事の依頼やヘッドハンティングをする人もいます。

                                                    blog、Twitter、facebook、LinkedIn、Google+、Instagramなどいろいろなメディアを駆使することも方法です。

                                                     

                                                    LinkedInへ登録をすることもオススメ

                                                     

                                                     

                                                    ビジネスのソーシャルネットとして、LinkedInがあります。

                                                    LinkedInは英語、日本語で登録をすることができますが、両方で登録することをおすすめします。

                                                    最大の特徴は、LinkedInで知人の紹介で入社をするというリファラル採用に用いられることが多い。

                                                     

                                                    Wantedlyでも、LinkedInでも共通している問題点が1つあります。

                                                    聞いている条件と違うこと、ポストが違うこと、労働条件に関するトラブルが増えています。

                                                    そうなる前にきちんと書面で交わすことをしておかないと、後の祭りになるので注意してください。

                                                     

                                                    特定の転職エージェントに登録をしておくことも転職のポイントになります。

                                                    経理に特化をしている、銀行に特化をしている、金融、証券に特化をしている会社など、子会社系人材紹介会社に自分のスキルとマッチするようであれば、一度登録をしておくことをオススメします。

                                                     

                                                    | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                                                    アラフォーの転職は2つの道がある
                                                    0

                                                      40代はまだまだチャンスがある

                                                       

                                                       

                                                      40代になると転職できる案件は少なくなる。

                                                      出世レースの椅子取りゲームに急に参加をすることになるのだから、そこから幹部になるのか、管理職で終わるのか。

                                                      運命の別れ道に入るのは45歳前後と言われている。

                                                      キャリアの突然死を招く前に最後の転職で、一発逆転ホームランを狙う人も増えている。

                                                      20代、30代とは違うので、事前に準備をしておき、その時を待つことをオススメします。

                                                       

                                                      転職前の心得としては、今後の人生設計について細かく聞かれる。

                                                      40代に入ると、家のローン、子供の養育費、親の介護費用など、背負うものも多く、しかも大きい。

                                                      採用担当者としても状況に見合った給料を支払うことができるのかどうかがポイントになります。

                                                       

                                                      そのため、面接では社会人としての残りの年数をどのように働き、どのような将来設計を立てているのかが運命の別れ道。

                                                      ここをしっかりと考えていないとなるとかなりの致命傷である。

                                                       

                                                      アラフォーの転職は即戦力をウリにするのか、忠誠心を見せるかがポイント!

                                                       

                                                       

                                                      40代は企業に利益をもたらすことができるかどうかというのが判断材料になります。

                                                      転職市場において40代を求めている企業は、10%あるかないかという程度です。

                                                      ヘッドハンターや外資系であれば多いのですが、求人広告上ではほとんど募集がされていません。

                                                       

                                                      しかし、40代はそもそも求職者自体が少ないため、企業とのマッチング割合は、20代、30代とはほとんど変わりません。

                                                      だが、求める企業が少ないということは、転職も至難の業ということは認識してほしい。

                                                      円滑な転職活動をすすめるためには、エージェントをうまく活用することで、斡旋してもらうことが最優先になる。

                                                       

                                                      そして問題になるのはここから。

                                                      40代を求める企業の場合、入社後のポストが明確であることがおおい。

                                                      そのポストに見合う人材であるかどうかを実績、経験、スキルなどすべての面でアピールすることがポイントになる。

                                                       

                                                      3つのハードルを超えられれば勝算あり!

                                                       

                                                       

                                                      40代は自分の居場所は自分で確保するものであり、与えられた仕事をこなすだけでなく、マネージメントも問われる。

                                                      面接では次の3つを巧くアピールすることができれば、チャンスが拡大していく。

                                                       

                                                      1:実践で活用することできる!即戦力人材!

                                                      企業が40代を募集する場合、「すぐに実績が出せる人材」であることが前提条件となっている。

                                                      配属先では遅くても3ヶ月以内に結果を出すことが求められる。

                                                      前職のスキルを存分に活かして、自社に貢献できる人材しかお呼びがかからないというシビアな世界。

                                                       

                                                      2:マネージメントスキル

                                                      40代は配属された直後に部下を持たされることが多い。

                                                      そのため、スタッフ管理が必須条件となる。

                                                      前職で培ったスキル、ノウハウ、すぐに新しい知識として部下に伝えて、それによって成果を上げることが重要視される。

                                                       

                                                      3:上司とのパイプ役

                                                      上司と部下の間に入って、現場を円滑に回す役目が求められる。

                                                      ただ上司からの通達を部下に伝えるだけでなく、部下を自発的に動かすために、現場の意見を吸収しながら、指導をできる人材が重宝される。

                                                      老練なコミュニケーション力も必須といえる。

                                                       

                                                      面接では忠誠心をつたえよう

                                                       

                                                       

                                                      転職しづらい40代だからこそ、重要視される部分である。

                                                      40代で転職後に、再度転職をすることはかなり厳しい状況です。

                                                      そのため、定年まで勤務すると思われると、面接通過率があがる。

                                                      面接では仕事人生が終わるまで御社で能力を活かしきりたいとアピールすることがもとめられる。

                                                       

                                                      | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                                                      今注目の人材層は35歳以上のミドル層
                                                      0

                                                        失われた20年の副産物と人口減少が原因

                                                         

                                                         

                                                        3年ぐらい前までは35歳でビジネスマンは一度死ぬと言われていました。

                                                        35歳以上の転職というのは非常にリスクが高く、企業にとっても高い買い物になる可能性があったからです。

                                                        しかし、ここ数年でその常識が覆される事になりました。

                                                         

                                                        アベノミクスの影響で企業の業績が徐々に伸びてくることになり、新規事業が立ち上がる時代になりました。

                                                        それと同時に長時間労働をする会社はブラック企業ということになり、離職率がどんどん上がっている会社も増えています。

                                                        後継者不足や従業員不足に伴い倒産をする会社が増えているのも事実です。

                                                         

                                                        転職市場もここ数年でガラリと風向きが変わってしまいました。

                                                        35歳以上での転職も可能になっているというのが現状です。

                                                        マネージメントスキルを育成することができないのと、スピードが早くなっていることにより2〜3年先まで待ちきれない。

                                                         

                                                        転職回数についてもその道のプロフェッショナルとして認められる際には関係ありません。

                                                        いまだに転職回数、企業名で判断をする人事も多くいますが、新しい方法で知恵を絞っている会社も増えています。

                                                        リファラル採用も増えることになり、社員からの推薦も増えているのが現状。

                                                         

                                                        崩壊しはじめた35歳限界説

                                                         

                                                         

                                                        求人広告やスカウトメールで多くなっているのが、35歳以上の人をターゲットをしているものが急激に増えている。

                                                        誰でもいいということはありませんし、20代採用よりもハードルは上がってしまいますが、求人数も以前に加えて伸びているのが現状です。

                                                         

                                                        マネージメントスキルをもっている人がいないということや、新規事業の場合については同業他社から採用をすることが短期的には有利になり、業績を伸ばすコツにもなっています。

                                                         

                                                        35歳以上の求人に対してはしっかりと見極める必要があります。

                                                        ピンポイントで経験を活かして転職をするチャンスも転がっています。

                                                         

                                                        また、求人広告の中にある文言で、社会人経験10年以上という文言を見つけた場合は応募は可能です。

                                                        ミドル層を狙っているということのサインでもありますから。

                                                         

                                                        マネージメント経験で重要なのは◯◯の経験

                                                         

                                                         

                                                        マネージメント経験は重要ではありますが、評価について、給与査定に携わったことは絶対に伝えるべき。

                                                        ヒューマンマネジメントスキルの中でも責任重大なのは部下の給与査定。

                                                        これに携わっている経験があるのであれば、面接はもちろんですが、職務経歴書にも記載しておくとポイントがアップします。

                                                        指導や教育だけを経験している人は多いのですが、評価、給与査定までやっているマネージメント層は希少性があります。

                                                         

                                                        業務に関係ない資格は書かない

                                                         

                                                         

                                                        うっかりやってしまうことですが、資格は業務に関係ないは書かないのが原則です。

                                                        いまだに信じられているのが資格取得をすれば、就職、転職活動が有利になるということです。

                                                        経理の人であれば簿記、中小企業診断士、MBAなどは書いてもいいのですが、ボールペン字、習字というのはどうでしょう。

                                                        業務に必要があればいいのですが、評価されるどころか減点材料にもなるので注意が必要です。

                                                         

                                                        TOEIC、TOEFLという英語力についても、英語を使う仕事やグローバル企業、外資系であれば問題ありません。

                                                        また最近のスコアを記入しているのはいいのですが、3年以上前のスコアについてはマイナスになるので、やめておきましょう。

                                                        言葉というのは常に変化をしており、一度覚えたからといっても仕えないことが多い。

                                                        日本人の英語力はスコアではなく、瞬発力で話せるかどうかである。

                                                        どんなに拙い英語であったとしても、相手に伝わる英語を身につけるほうが得策である。

                                                        | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                                                        30代の転職には押さえておきたい2つのスキル
                                                        0

                                                          テクニカルスキルとポータブルスキルの2つが求められる

                                                           

                                                           

                                                          昨日、テクニカルスキルについてはお話をしました。

                                                          今日はもう1つの必要なスキルといわれているポータブルスキルについてお話をしていきます。

                                                          このスキルについては、面接官が深く掘り下げることが多く、具体的な事例や再現性があるかどうかを確認しています。

                                                          即戦力ということは会社に早く馴染んで結果を出してくれることを意味していますから、面接官も慎重になる部分です。

                                                           

                                                          組織にインパクトを与えた経験を伝えることが求められる。

                                                          マネージメントスキルの中でも、ヒューマンマネジメントはプロジェクトの遂行のためには不可欠であり、30代にもなれば、少なからず誰もがもっているとの認識があるため、採用担当者も注目をしています。

                                                           

                                                          よって、面接では「担当したプロジェクトでどこまでの役割を担っていたのか」「何人のメンバーを統率してきたのか」という質問が予想される。

                                                          滞りなく答えられる様にしておくことは必要不可欠になっています。

                                                           

                                                          またプロジェクト単位でのマネージメント経験がない場合には、後輩への指導内容をアピールをするようにしましょう。

                                                          その際には指導した背景や、最終雨的な結果まで具体的に話せるようにしておくといいでしょう。

                                                           

                                                          部署に後輩がおらず、指導経験もないということになると、自分の働きかけによってチームが変化をしてきたエピーソードなどを棚卸ししておくことが求められます。

                                                           

                                                          5つのポータブルスキル

                                                           

                                                           

                                                          実体験を踏まえたスキルのアピールが求められる。

                                                          どんな経験をしてきたのかということをロジック、数字、ファクトで説明をしていくことで、即戦力というイメージを持たせることが必要になります。

                                                           

                                                          1:ヒューマンマネージメント

                                                          指導教育はどの職場でも不可欠なスキル。

                                                          統率力があるかどうかを見ている。

                                                          後輩や部下の指導をどうやって行っていたのか、どんな結果を出すことができたのかを注目している。

                                                           

                                                          2:プロジェクトマネージメント

                                                          プロジェクトの結果モ大切な部分です。

                                                          プロジェクトの発起人としての経験があれば、さらにいいでしょう。

                                                          0→1人材については企業が欲しがる人材になります。

                                                           

                                                          3:タスクマネージメント

                                                          自分の業務を遂行するスキルとして、意識して体現して強みに変えていく。

                                                          タスクを計画的にこなしていくために、その業務の締切を自ら設定をして、時間設定を納期から逆算すること。

                                                           

                                                          4:再現性スキル

                                                          PDCAのサイクルを素早く回しながら、成功するために、目標を達成するためにはどうしたらいいのかということを体験し、それをいろいろな仕事において、再現をすることができるようなスキル。

                                                          3のタスクマネージメントとリンクをしてくるところ。

                                                           

                                                          5:コミュニケーション力

                                                          仕事はチームで行いますし、社内、社外の人の協力なしには成立をしません。

                                                           

                                                          | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                                                          30代の転職するならコレを押さえろ
                                                          0

                                                            多能性のスキルが求めらえる30代

                                                             

                                                             

                                                            30代になると転職市場で求められるスキルが大きく変わってきます。

                                                            20代はやる気、素直さ、社風にあうかどうかという育成枠で採用をすることが多い。

                                                            年収も安く抑えることができ、優秀な人材については幹部候補として育成することができる。

                                                             

                                                            30大になると、転職の難易度がグッと上がっていきます。

                                                            20代とは違い、企業に貢献できる戦力としての能力、適性があるかどうかがポイントになる。

                                                            30代の転職面接や職務経歴書では具体的な説得力があるアピールを求めている。

                                                            実績も必要になるし、結果として成功していることもアピールの条件となる。

                                                             

                                                            どの位でどういう目標を達成してきたのかを数字的な根拠を踏まえて説明ができるようになると、採用担当者の心象も良くなる。

                                                            さらに採用担当者は転職先での業務内容を求職者がしっかりと理解しているかどうかをチェックしている。

                                                            よって業務とはまったく関係のないスキルをアピールしてもまったく意味がない。

                                                            かえって逆効果になることもあるので注意が必要になります。

                                                             

                                                            あらかじめ、志望企業の募集要項をしっかり確認しておくことが必要になります。

                                                            自分が持っているスキルと希望する企業が求めているスキルがマッチするかどうかが問題となる。

                                                            きちんと下調べをした上で面接に望むにことをオススメします。

                                                             

                                                            テクニカルスキルは3つのポイントがある

                                                             

                                                             

                                                            テクニカルスキルは専門的な治験が必要な職業では、特に重要なファクターになります。

                                                            即戦力となることをアピールできるのと同時に面接で優位性が保てるのが魅力的です。

                                                             

                                                            1つ目は専門的なスキル

                                                             

                                                            実務経験があれば有利になりますが、最近では未経験であっても関連している業務の経験者であれば有利に働くこともあります。

                                                            エンジニアであればプログラミングスキル、経理であれば簿記など、業務に特化したスキルは特に重要視される。

                                                            面接では実務経験について質問をされることが多い。

                                                             

                                                            2つ目はITリテラシー

                                                             

                                                            最近ではパソコン、インターネット、スマホの普及にともない、ITの変化が目まぐるしくなっています。

                                                            ソーシャルネットを活用することも最近では当たり前のようになってきているのが事実です。

                                                            その為、常にネットやWebアプリなどにアンテナを張り巡らせておく必要があります。

                                                             

                                                            インターネット上の情報収集や精査を的確に行える能力は必要になってきています。

                                                            Webアプリを駆使して業務を効率的に進める力も含まれてきます。

                                                            IT系やネットを使った広告会社などについては、重要視される部分でもあります。

                                                             

                                                            3つ目はビジネスリテラシー

                                                             

                                                            プレゼンテーションでも使われるテクニックの1つですが、筋道を立てて、ストーリー性のある伝え方ができるかどうかという能力です。

                                                            伝え方が9割と言われていますが、共通言語の辞書を持っていない限り、噛み砕いて小学生でも理解できるように話をする必要があります。

                                                            業界用語、業界の常識は当たり前のように知っているというのは時代錯誤。

                                                            誰にもわかりやすく伝えることが求めらえるコミュニケーション力。

                                                             

                                                            行動までの過程を考えて伝えることができる。

                                                            起きたモノゴトを客観的に捉え、思考できる能力。

                                                            自分から相手に情報を発信する時にわかりやすく伝えることができ、アクシデントが起きたときも課題の設定から決定までのプロセスを設定して、滞りなく対処することができることが求められる。

                                                             

                                                             

                                                            | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |
                                                            新卒アドバンテージと第二新卒のリベンジ転職
                                                            0

                                                              意外と忘れてしまう、新卒アドバンテージ

                                                               

                                                               

                                                              転職を検討してしまうと新卒アドバンテージについて忘れてしまうことがよくあります。

                                                              ここでは今一度新卒アドバンテージについて整理をしていきましょう。

                                                              現在では新卒で入った会社に定年退職まで在籍をすることもなくなったとはいえ、まだまだいるのが現状。

                                                              ちょっとしたことで優位性を発揮するのが新卒入社組です。

                                                               

                                                              1つ目のアドバンテージ:安定したキャリアアップ

                                                               

                                                              職場に馴染んだあとが腕の見せどころ。

                                                              出世は社内での実績、部署内での円滑なコミュニケーション力など、相対的な能力で決まります。

                                                              自ずと社内に馴染んだ社歴の長い人材が優位になるのは間違いありません。

                                                               

                                                              2つ目のアドバンテージ:部下、後輩が自然にできる

                                                               

                                                              指導される側から指導する側へ異動することが容易である。

                                                              新卒採用をしている会社であれば、毎年4月になると新卒ちゃんが入社をしてきます。

                                                              2年目以降については、教育係やメンター、シスターとして早期からマネージメントを学ぶことができる。

                                                               

                                                              3つ目のアドバンテージ:30歳前後までは手厚いフォロー

                                                               

                                                              30歳ぐらいまでは新卒アドバンテージがフルに活きることができる。

                                                              中途採用より優遇されることが多くあるからです。

                                                              30歳以降になれば、自分で考え、作業をする力が重要視されるが、30歳までは社内のルールを遵守して業務をこなすことができる人材が重宝されて、直属の上司からも愛着が持たれやすい。

                                                               

                                                              4つ目のアドバンテージ:異動の要望や相談をしやすい

                                                               

                                                              上司が異動をフォローしてくれる。

                                                              新人時代から指導してきた上司は、部下の強みをしっかりと把握している。

                                                              その強みをより発揮できる部署へ移動したいという文脈を伝えれば、異動要望も受け入れられやすい。

                                                               

                                                              20代での転職3つのメリット

                                                               

                                                               

                                                              1つ目のメリット:実績が無くても転職することができる

                                                               

                                                              20代農地は小さな実績でも、そこに至るまでにどんなプロセスを踏んできたのかが重要視される。

                                                              どんな課題を設定してどんな行動をして、どういう結果を出したのかがポイントになるので、この点は整理しておこう。

                                                               

                                                              2つ目のメリット:異業種への転職が簡単

                                                               

                                                              社会人経験の浅い人材は、会社の色に染めやすく、順応性と吸収力があると捉えられやすい。

                                                              また20代は現場でどれだけ活躍できるかを考える上で伸びしろも見てもらいやすい。

                                                               

                                                              3つ目のメリット:転職エージェントに登録をしやすい

                                                               

                                                              エージェントは専門スキルや前職の実績をもっていない30代以降については紹介をしにくい。

                                                              一方で20代はスキルが未発達であったとしても伸びしろを重視するため、斡旋もし易い特徴がある。

                                                               

                                                              20代での転職3つのデメリット

                                                               

                                                               

                                                              1つ目のデメリット:短期間で退職をするのではないか

                                                               

                                                              面接で出てくる「なぜ転職をしたいのか」という質問に対して「上司とのソリがあわなかった」「希望職種につかせてもらえないから」などの原因を提示すると、また他責にしてしまって辞めるのではないかと疑われます。

                                                              後ろ向きの発言には注意が必要。

                                                               

                                                              2つ目のデメリット:仕事に対する熱意を軽く見られる

                                                               

                                                              明確な退職理由がないと、当事者意識をもって仕事をする人だと思われにくい。

                                                              面接では「自分の能力を使って実現したい目標があり、転職を考えている」というように話しましょう。

                                                               

                                                              3つ目のデメリット:逃げぐせがついているんじゃないのか

                                                               

                                                              採用面接が通ったとしても、仕事が辛くなるとまた転職という選択肢がでてしまう。

                                                              結果30代になっても確かな実績がない人材になってしまいます。

                                                               

                                                              しかし、この3つのデメリットを逆転する裏技があるんです。

                                                              採用担当者は休職者が「前職で嫌なことがあったから転職」ということは重々承知をしている。

                                                              そのため、前職で抱えているネガティブな実情をどう突破してきたのか、ということを伝えてみよう。

                                                               

                                                              さらに20代の求職者は前職での経験だけではなく、「自分で思考し、行動を起こしてきた人材なのか」ということを見ています。

                                                              そのため、「大学の学部はどうしてその学部を選択したのか」、「就活はどんな軸でやってきたのか」など、新卒採用の面接で聞かれたようなことが、再度質問される場合もありますので、対応に戸惑わないようにしましょう。

                                                               

                                                              人気注目株!第二新卒市場

                                                               

                                                               

                                                              これは失われた20年で、新卒採用をしていない企業がはじめた手法です。

                                                              最近では30歳まで新卒扱いにするという企業もあるぐらい人手不足を補うために知恵を絞っている現状があります。

                                                              企業が第二新卒を求める傾向はこれからもつよくなり、リベンジ転職をする人も増えてくる。

                                                               

                                                              なぜ、第二新卒市場が熱いのかというと2つの理由からです。

                                                              1つ目はビジネスマナーを教える必要がない。

                                                              名刺の渡し方、電話のとり方、メールの書き方など、基本的なビジネスマナーを教えるための研修はしなくても良いので、研修時間の削減ができることがメリットであるが、教育係に負担がかかることになる。

                                                               

                                                              2つ目は採用コストが安いということがあげられます。

                                                              年収と社会保険などを含めると20代は500万、30代は1000万円ともいわれていますが、第二新卒の場合は300万〜400万円に抑えることができるので、コストカットができるイメージが強い。

                                                              | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |