RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。

個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。
<< リファラル採用が最高の採用手法と言われる理由とは | main | 自社の魅力の見える化のポイント >>
リファラル採用から自社の強みを見つける
0

    孫子の兵法から学ぼう

     

     

    リファラル採用の相談を受けていると、「大手じゃないからうちに強みはないよ」という経営者や人事が多くいらっしゃいます。

    強みが見えないということであれば、採用活動をどうしましょうというぐらい致命的なエラーであると気づいていない。

    強みが見えないということはクロージングの際にも有効打が出せずに、ほしい人材を逃している確率が高くなります。

     

    会社に知名度があり、豪華なオフィス、充実した福利厚生などが完備されている場合は、社員が友人に対して「うちの人事に会ってみない?」と気軽に言うことができます。

    しかし中小企業がリファラル採用を進める上で必ず当たる壁が「自社の魅力は何か?」という問いです。

    これが実に9割以上の相談になっているのが不思議です。

     

    自社の見える化ができるかどうか?

     

     

    リファラル採用は、シンプルに考えると「自社を友人・知人に紹介したいと社員に思ってもらう」、そして「その社員の話を聴いて、友人・知人に転職したい思ってもらう」の2つがそろってはじめて動き始めます。

     

    しかし、人は本質的に自分が良いと思ったものしか友人・知人に紹介したいと思いません。

    自社を友人・知人に紹介したいと社員に思ってもらうためには、社員が自社に強い魅力を感じている必要があるのです。

     

    また、そんな社員の話を聴いて友人・知人に転職したいと思ってもらうためには、社員が自社の魅力を思いっきり伝えることができなければいけません。

    そのため、リファラル採用を成功させるためには「自社の魅力の見える化」を行うことが大切になってきます。

     

    そのうえで、社員が見える化した自社の魅力を友人・知人にどれだけ語ることができるかでリファラル採用の成否が決まります。

    つまり、リファラル採用の成否はその会社の魅力で決まるというのが本質です。

    しかし、中小企業にとって自社の魅力を見える化することは3つの理由から難しい作業でもあります。

     

    社内から自社の魅力が全く見えない

     

    魚が海の中にいることに気づかないように、会社で働く時間が長くなれば長くなるほど、ほとんどの魅力が当たり前になってしまい、自分では気づきにくくなります。

     

    また、魅力というとどうしても「他社と比べてどうか?」ということを気にしすぎるがあまり、消極的なアイデアが多く出てしまい、「結局うちの会社には魅力が少ない」というネガティブな見方をする社員も出てきてしまうかもしれません。

     

    魅力は無形!だから共有するのが難しい

     

     

    魅力は目に見えるカタチのあるものではないので、社員みんなで共有することが非常に困難です。

    上記3点の理由により、自社の魅力をきちんと把握し社員に共有することができず、結果としてリファラル採用が上手くいかないというわけです。

     

    これを解決するために、自社の魅力をきちんと洗い出し、言葉にしてまとめること、つまり「自社の魅力の見える化」をすることがリファラル採用においては非常に重要になるのです。

     

    まずは魅力の見える化は会社と社長を大好きなメンバーを集めて行います。
    そもそも会社と社長を大好きなメンバーでさえも、自社の魅力の見える化を行うことで、気づいていなかった・言葉にできていなかった自社の魅力を発見・再認識し、もっともっと自社に魅力を感じるようになります。

     

    そうすることで、まず彼らが自社のリファラル採用をリードしてくれる存在になります。さらに魅力を見える化すると、社員全員に共有することができるので、リファラル採用の活動が全体に広がりやすくなります。

     

    また、自社の魅力が見える化されていることで、社員は自社の魅力を思いっきり余すことなく友人・知人に伝えることができるようになります。

     

    リファラル採用を導入する際には紹介報奨制度をいきなりつくったりするよりも、まずはぜひ「自社の魅力の見える化」からはじめてください。

    | リファラル採用 | 00:05 | comments(0) | - | - |