RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。

個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。

■SNSアカウントのお知らせ
フォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

注意:Facebookのアカウントが実名登録ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、アカウントがアクティブでなものではないと判断した場合お断りをさせて頂きます。

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★note★
http://note.mu/matsushin

★ご質問ついて★
https://tomohirosogawa.sarahah.com/

★お仕事のご相談・ご依頼について★
t-sogawa@jobrescue.net
<< 即戦力という都合のいい事実 | main | うっかりやっている!?キャッチコピー >>
自分でポジションを獲る
0

    目指す成果から逆算せよ

    バリエーションを増やすのが大事ということではなく、

    ここで重要なのは、「成果を出す」という「目標からの逆算」の視点を忘れないことです。

    例えば人事制度をつくる時、私たちは「人事制度は流行らなければ意味がない」と考えています。

    ダメな人事は、人事制度をリリースすること自体が目的になっている。

    社員から使いづらいといったクレームが来ても「俺らが一生懸命考えたんだから使え」ということになる。

    そんなことをしていたら、社員の心理状態が下がっちゃうんですね。すると、業績をあげることに貢献できない。

    決断に迷ったときは、それをすることとしないことのプラスとマイナスの影響を書き出してみるといい。

    業績に結びつけるためにプラスとなるのは何か。

    それを分析し、決断をするといったリスクテイクの積み重ねが決断経験値をあげ、自分の人生の財産になっていきます。

    自分の思いを言語化し、達成したい目標から逆算することで、必要な手立てをとる。

    自ら積極的にリスクをとり、決断経験を高めていく。

    自分を成長させ、会社の成長に貢献するためには、その積み重ねが大事なのだと思います。

     


    思考を言語化し、決断経験値を高めよ

    成功する人材の共通点のひとつに「決断経験値の高さ」があげられます。

    例えば同じ30歳でも、大企業を経営している人もいれば、受け身で働くだけの人もいる。

    その違いは、「決断経験」。

    つまり、リスクを取る経験をどれだけ積んでいるかということにあるんです。

    リスクというのは、自分がちょっとビビってしまう、臆病になってしまうようなこと。

    例えば、上司をランチに誘ってみたり、自分にやらせて欲しいと提案してみたり、どんな小さなことでもいいんです。

    自分を変えたければ、リスクを取り続けること。それがないと変化できないし、経験も積むことができない。

    決断経験値をあげていくためにおすすめしたいのは、自分の考えを書き出すことです。

    例えば転職したての人だったら、自分が成果を出すには何が必要なのか、

    何のためにこの会社に入ったのかということを、入社直後の気分がホットなうちに書き出してみる。

    日記でも、ツイッターの匿名発信でもいい。

    言葉を曖昧にせず、自分の考えを言語化する習慣を身につけ持論を手にしていれば、

    必要な時に自分の持っている情報や知識を引き出すことができて、社会人として活躍する可能性がぐっと高まります。

    考えの言語化の積み重ねがあるかどうかで、持論格差がどんどん広がっていくんですね。

     



    学ぶ姿勢の素直さを高め、成長スピードを加速する

    活躍する人のもうひとつの特徴は、悩みすぎないこと。

    その仕事がどんなに気乗りしなくても、満額回答を出すことを決めにしている人は強いです。

    その時ポイントになるのが、仕事を頼んだ相手に意図を確認するということです。

    「こう理解したのですがあっていますか」と質問すれば、理解しようとする姿勢が相手に伝わりプラスの印象を与えますし、自分としても腹落ちしやすくなる。

    好き嫌いといった自分の好みはある意味見切って、やると決め、最善を尽くすことが大事です。

    やりきる経験を持っていない人は、転職した先の職場でも力を出しきれない可能性が高い。

    もし自分が力を発揮できていないのなら、そのことを徹底的に直視し、恥じることも必要です。

    やってはならないのは、過去の成功体験をひきずること。

    「前の会社では」というセリフを使う人は周りから天狗に見えるし、現状の拒絶感が強いので、まず成功できません。

    個性を出そうと思っている時点で、失敗の道に進んでいると言っても過言でないかもしれない。

    大事なのは、そういったものは一度リセットして、学ぶ姿勢の素直さ高めることです。

    そうすることでインプットの質も量も高まり、成長スピードも早くなる。

    自分の強みや個性は、意識しなくても自然と出てくるものなんですね。

    上司以外の目上の相談相手を、最低3人持つこともおすすめです。

    説教されるかもしれないけれど、自分を客観視する目を養うことができる。

    「今自分が置かれている環境で最善の決断ができているかどうか」という視点を常に持つことで、

    決断のスイッチに磨きがかかり、決断経験値がどんどん高められていくんです。

     

    | 採用 | 00:05 | comments(0) | - | - |