RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。キャリアクリエーター。採用広報。
人事・経営の家庭教師。米国大学院卒業後、人材エージェント・企業内人事として活躍。
大手旅行会社、自動車販売会社、大手機械メーカー、IT企業など100社以上の採用ブランディング、ダイレクトリクルーティング、リファラル採用をメインミッションとして活動。
人材育成のスペシャリスト、研修講師としても活躍中。

■SNSアカウントのお知らせ
それぞれフォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★ご相談、ご依頼について★
info@jobrescue.net
または各種SNSのDirectMessageでお願いいたします。
<< 営業、企画職は大きく変貌している | main | 勝機はスマホと端末のパーツ需要!電気、機械 >>
英語とプログラム言語がポイント、IT、通信業界
0

    トレンドを見極めて、外資系でホワイト企業を目指しましょう。

     

     

    今のIT産業は拡大し継続的に伸びていく業界であり、もはやどんな産業でも関わってきますから慢性的な人手不足が起きている状況であり、求人倍率が10倍以上という超売り手市場になっています。

    そのため、外国人で補填している状況が続いている業界でもあります。

    就労している外国人が2万人を超えていて、日本の雇用環境も変わらなければ残れない時代に突入しています。

     

    しかし、人材不足が続くとブラックな労働環境になってくるのも事実あります。

    納期に合わせていくため、開発の遅れは命取りになってしまうこともあります。

    そのため、孫請け、ひ孫請けになってしまうと、長時間労働が当たり前の環境になってしまう。

     

    幸いにも売り手市場になっているため、転職の際にはしっかりと時間を取って見極めていくことができるというのがいいところ。

    確実にホワイト企業へ行きたいのであれば、グローバル化に成功している日本企業、外資系であれば、ライフワークスタイルを確立しやすいのでオススメ。

    ただし、英語とシビアな競争環境下で努力をすることや胆力が必要とされるので、安定志向の人は淘汰されやすいのが特徴。

     

    攻略ポイント1:売り手市場、時間をかけて優良企業を見極めるべし

     

     

    先程もいいましたが常に人手不足の状況にあるのがIT業界、通信業界です。

    インターネットの拡大で、肥大化しているのが現状で、家具、家電までスマホアプリで使えるとなれば、これからの競争が始まる厳しい業界ともいえます。

     

    成長率も3.4%の世界が注目をしている一大産業になっています。

    インターネットを介して世界中がどこでもいつでも一瞬でつながることが可能となり、開発競争は激しく技術革新が世界中ではじまっています。

     

    技術革新が進んでおり、人材不足が2011ねんからつねに続いている状況で、外国人労働者も2万人以上という状況になっています。

    スマホやIOTの流行などもあり、今後も当分の間は超売り手市場の状況は続くことになります。

    ある程度技術、経験を持っている人にとっては慎重かつ大胆に転職活動をしながら会社選びをしていきましょう。

    また、最新の技術確信についてもしっかりと勉強をすることも必要ですが、英語力も必要な職種でもありますので、自己啓発をしながら年収アップをしていきましょう。

     

    攻略ポイント2:ホワイトな外資系を選択する

     

     

    自分にあった企業は時間をかけてしっかりと選ぶことがポイントになる。

    地球規模で成長し続ける産業で、お金も就労者も増えているのが現状。

    特に中国、インド、シンガポールなどアジア圏の人材が、世界のIT産業を支えている。

    日本でもグローバル化が促進されていることで、ブラック体質が改善されている企業も多くなってきた。

    また大手外資系企業も日本に進出をしているので、そこを目指すのが年収もキャリアもアップすることになる。

     

    選択肢として世界規模の競争が必須なら、あえて外資系へ挑戦をしてみることもある。

    見極める時間が惜しいのであれば、少々の言語力でも外資系へ入社することもできる。

    もちろん転職後の勉強は必須になるが、体質はホワイト書く手で、就労環境も整っている。

    もし時間があるのであれば、しっかりと企業調査をすることをおすすめする。

     

    攻略ポイント3:英語とマネージメント能力

     

     

    グローバル企業には激しい競争が必須になりますので、入社したから安泰ということはありません。

    日本的な年功序列当考え方は、グローバル企業では一切通用しない。

    成果が上がらないのであれば、個人はもちろん、部署ごとに切り捨てられてしまう可能性もありますから、転職後も努力を惜しまず勉強をすることを求められる。

     

    外資系でホワイト企業を狙うのであれば、TOEICのスコアとビジネス英語の会話力と最新の技術が必要。

    日本のブラック的な要素を嫌うのであれば、外資系に転職することもポイント。

    上司が多国籍になるので、英会話力は必要になりますが、これが希少価値を生むことになるので、TOEICのスコアと英会話力は20代から積み上げていくことをオススメします。

     

    プロジェクト能力は日本全体でも引く手あまた

    プロジェクトの全体を管理して、開発を取り仕切ることができるプロジェクトマネージメント能力はどの会社でも不足している人材像でもあるので、経験をしていることで年収アップモ期待することができる。

     

     

    | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |