RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。キャリアクリエーター。採用広報。
人事・経営の家庭教師。米国大学院卒業後、人材エージェント・企業内人事として活躍。
大手旅行会社、自動車販売会社、大手機械メーカー、IT企業など100社以上の採用ブランディング、ダイレクトリクルーティング、リファラル採用をメインミッションとして活動。
人材育成のスペシャリスト、研修講師としても活躍中。

■SNSアカウントのお知らせ
それぞれフォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★ご相談、ご依頼について★
info@jobrescue.net
または各種SNSのDirectMessageでお願いいたします。
<< イメージ一掃でコンプライアンス強化中。販売、サービス | main | 需要のある投資にニーズあり 金融系専門職 >>
将来性の高い、医療、化学、素材
0

    狙い目はベンチャー企業

     

     

    大手企業についてはエリートしか入社できないほどハードルが高いため、狙い目はベンチャー企業。

    とくに医療は今後の高齢化社会の進行と共にニーズは拡大し続けるだろう。

    医療とITの融合がキーワードで、特にスマホを活用したサービスが好調。

    社内に医者がいる企業は生の声をアプリに反映させることができるので、評判がいい企業が多いようだ。

     

    化学と素材でもベンチャー企業が活躍やsており、共に新製品の開発が注目を集めている。

    大手のコストが削減という事情もあるが、まだ誰も目をつけていない新素材の開発や難病の新薬研究などで、成功すれば一発逆転も夢ではないのがこの業界。

    ハイリスク、ハイリターンの業界なので、覚悟を決めて飛び込むのも1つの手だ。

     

    攻略ポイントその1:高齢化にニーズあり、IT関連で急成長中

     

     

    医療についてはIT化の波がきており、遠隔治療などで投資が集まっている。

    ITと医療に活用するベンチャー企業に資金が集まっている。

    将来性もあるため、転職をするのであれば今がチャンス。

     

    化学については、大手製薬会社から創薬ベンチャーにチャンスがある。

    新薬の開発には開発コストがかかる割には、承認される確率が低い。

    節約のために創薬ベンチャーが注目をされている。

     

    素材については、重金属より軽くて強い、新素材の需要が拡大。

    軽い素材で輸送コストが削減されている。

    炭素繊維やマグネシウムに代表される軽くて丈夫な素材が輸送コスト削減のため需要を伸ばしている。

     

    新規参入企業に転職のチャンスがあるのが共通点。

    大手企業が独占をしている技術をベンチャー企業がより発展をさせることによって利便性を高めている。

    ベンチャー企業の中には、世界中の投資家が注目をしており、特に医療系については資金を集めやすく、事業を拡大している企業が増えている。

     

    攻略ポイントその2:化学、素材は大逆転要素満載!

     

     

    最近増えているのがスマホから簡単に遠隔診療ができたり、スマホから簡単に人間ドックや定期検診を受けることができるようになりました。

    医療系の問題については、ITで解決できることが多く、新しいサービスが次々と出てきています。

     

    新素材のヒントは昆虫からヒントを得て、蜘蛛の巣からヒントを得たスナイパーは強靭な蜘蛛の糸を量産することに成功をした。

    慶応大学発のベンチャー企業です。

     

    成功率の低下で圧迫される研究コストに活路がある。

    以前は大手製薬会社がおこなっていた新薬の開発が2000年に入ると成功率の低下と膨大なコストが掛かるようになった。

    そこに目をつけたのが創薬ベンチャー。

    大手からの依頼を受けて、新薬開発を専門的におこなう企業だ。

    成功率は低いものの、成功すれば大逆転という夢もある。

     

    新企業が参入して開発が活発な業種にチャンスがある。

    将来的な発展性出3つの分野は期待されているが、中でもニーズの高さを見ると医療系分野が飛び抜けている。

    世界中の投資家から注目をされて、資金がどんどん集まっている。

     

    化学、素材はニーズはあるものの新規で開発をおこなうと時間もかかる上、成功するとは限らない。

    成功をすればノーベル賞も夢ではないので、まさに一発逆転も夢ではない。

     

    攻略ポイントその3;根気、知識、努力で飛び込む世界

     

     

    結果が出せないと安定雇用は難しく、常に革新的なアイデアを求められる世界。

    企業として結果を出していかなければならないので、結果の見えない研究を続けていると解雇されることもある。

    時間をかけて研究をすることも大事だけど、転職後の努力や技術革新を続ける必要がある。

     

    大手のやらない新規事業に突破口があり、ベンチャー企業が狙っている。

    ベンチャー企業への転職は大手ほど競争率がないため、チャンスが多く残っています。

    目指すならベンチャー企業をオススメ。

     

    | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |