RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。キャリアクリエーター。採用広報。
人事・経営の家庭教師。米国大学院卒業後、人材エージェント・企業内人事として活躍。
大手旅行会社、自動車販売会社、大手機械メーカー、IT企業など100社以上の採用ブランディング、ダイレクトリクルーティング、リファラル採用をメインミッションとして活動。
人材育成のスペシャリスト、研修講師としても活躍中。

■SNSアカウントのお知らせ
それぞれフォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★ご相談、ご依頼について★
info@jobrescue.net
または各種SNSのDirectMessageでお願いいたします。
<< 需要のある投資にニーズあり 金融系専門職 | main | 20代の転職で損する人、得する人 >>
スマホからVRまでチャンスあり、クリエイティブ職種
0

    ホワイトで将来性のある職種はデザイナーとVR技術者

     

     

    クリエイティブ職の多くが、長時間労働や労働環境面でブラックといわれている。

    その中でも比較的ホワイトで将来性も約束されている職種が、デザイナーとVR技術者。

    デザイナーはアプリやWEBデザイナーに需要が多く、転職サイトではベスト3までにWEB系の募集がしめている。

    需要が減ることはないので将来性もバツグン。

     

    VR技術者は、現在成長産業の1つで、エンタメ以外では大きく活用はされていない。

    しかし多くのVRベンチャーが生まれ、教育、医療、観光、スポーツなど様々分野で利用される。

    今後の技術革新によっては一大産業に発展すると予想されている。

    今のうちに技術を磨き、先駆けになることもおすすめ。

     

    攻略ポイントその1:VR市場が今熱い!

     

     

    各業界が注目をしているVR技術。

    スマホを使用した安価なものが登場して、市場が活性化している。

     

    現状ではスマホに対応したWEBエンジニアやデザイナーの需要が過多状況。

    端末の多様化で作業量が増加している。

    スマホやタブレットの登場に伴って、画面の大きさが異なる端末に対応したcreatorのニーズが集中している。

     

    活用方法が無限大あるVR市場については、成長産業になるかどうかがポイント。

    スマホを使用したVR技術が身近になり、今後は教育や医療の分野など利用が見込まれるため成長技術。

     

    将来も仕事があるのはスマホとVR。

    求人数だけで見てもスマホ系のデザイナーは基調で、アプリ開発が続けられる限り需要がある職種。

    VR技術は現在のところまだまだ規模は小さいが、今後は教育、医療へと拡大をしていくことが予想されるため、早い段階からスイッチするのが有利になり、勝ち組に入ることも可能でしょう。

     

    攻略ポイントその2:今はスマホ向けのWEBデザイナー、将来はVR

     

     

    需要の鍵はスマホの革新にあり、企業はその活用方法に注目している。

    需要があるcreatorに絞ると、スマホ向けの求人が豊富。

    その中でもデザイナーは、画面デザインだけでなく、アプリの動きや表示方法までデザインするためのコードを書く能力まで要求されることが多くなってきた。

    VR技術者もコンセプトデザインや利用方法の提案などは行えるが、ITの知識は必須。

     

    アプリ系デザインならユーザーインターフェイスに注目する。

    デザイナーからワンランク上のプログラム技術が必要。

    アプリ向けのデザインには多くの募集にプログラム技術が必須で、アプリの動きまでのデザインが要求される。

    デザイナーに求められるスキルが変化をしていることに注意が必要。

     

    攻略ポイントその3:プログラミングとデザインが稼げるスキル

     

     

    常に最新技術を勉強してスキル向上を目指さないといけない。

    技術に取り残されてからでは遅い。

    クリエイティブ職といえども、常に最新情報や技術を学ばなければトレンドを掴むことができなくなる。

    転職したからといって安心していてはすぐに取り残されてしまうので、日頃からの努力が必要になる。

     

    VR技術とアプリ開発で活用の幅が広い新映像技術を手に入れることができる。

    現在ではエンタメ業界で利用をされていますが、今後は医療、教育、観光、スポーツなど幅広い分野で利用が想定されているので、今のうちが転職のチャンス。

     

    デザインとプログラミングで端末の大きさに合わせた操作をするスキルが身につく。

    アプリデザインで重要なのが端末によって違う画面のサイズ。

    曽於のため、プログラムで動きまで要求されることが増えた。

     

    | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |