RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。キャリアクリエーター。採用広報。
人事・経営の家庭教師。米国大学院卒業後、人材エージェント・企業内人事として活躍。
大手旅行会社、自動車販売会社、大手機械メーカー、IT企業など100社以上の採用ブランディング、ダイレクトリクルーティング、リファラル採用をメインミッションとして活動。
人材育成のスペシャリスト、研修講師としても活躍中。

■SNSアカウントのお知らせ
それぞれフォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★ご相談、ご依頼について★
info@jobrescue.net
または各種SNSのDirectMessageでお願いいたします。
<< 新卒アドバンテージと第二新卒のリベンジ転職 | main | 30代の転職には押さえておきたい2つのスキル >>
30代の転職するならコレを押さえろ
0

    多能性のスキルが求めらえる30代

     

     

    30代になると転職市場で求められるスキルが大きく変わってきます。

    20代はやる気、素直さ、社風にあうかどうかという育成枠で採用をすることが多い。

    年収も安く抑えることができ、優秀な人材については幹部候補として育成することができる。

     

    30大になると、転職の難易度がグッと上がっていきます。

    20代とは違い、企業に貢献できる戦力としての能力、適性があるかどうかがポイントになる。

    30代の転職面接や職務経歴書では具体的な説得力があるアピールを求めている。

    実績も必要になるし、結果として成功していることもアピールの条件となる。

     

    どの位でどういう目標を達成してきたのかを数字的な根拠を踏まえて説明ができるようになると、採用担当者の心象も良くなる。

    さらに採用担当者は転職先での業務内容を求職者がしっかりと理解しているかどうかをチェックしている。

    よって業務とはまったく関係のないスキルをアピールしてもまったく意味がない。

    かえって逆効果になることもあるので注意が必要になります。

     

    あらかじめ、志望企業の募集要項をしっかり確認しておくことが必要になります。

    自分が持っているスキルと希望する企業が求めているスキルがマッチするかどうかが問題となる。

    きちんと下調べをした上で面接に望むにことをオススメします。

     

    テクニカルスキルは3つのポイントがある

     

     

    テクニカルスキルは専門的な治験が必要な職業では、特に重要なファクターになります。

    即戦力となることをアピールできるのと同時に面接で優位性が保てるのが魅力的です。

     

    1つ目は専門的なスキル

     

    実務経験があれば有利になりますが、最近では未経験であっても関連している業務の経験者であれば有利に働くこともあります。

    エンジニアであればプログラミングスキル、経理であれば簿記など、業務に特化したスキルは特に重要視される。

    面接では実務経験について質問をされることが多い。

     

    2つ目はITリテラシー

     

    最近ではパソコン、インターネット、スマホの普及にともない、ITの変化が目まぐるしくなっています。

    ソーシャルネットを活用することも最近では当たり前のようになってきているのが事実です。

    その為、常にネットやWebアプリなどにアンテナを張り巡らせておく必要があります。

     

    インターネット上の情報収集や精査を的確に行える能力は必要になってきています。

    Webアプリを駆使して業務を効率的に進める力も含まれてきます。

    IT系やネットを使った広告会社などについては、重要視される部分でもあります。

     

    3つ目はビジネスリテラシー

     

    プレゼンテーションでも使われるテクニックの1つですが、筋道を立てて、ストーリー性のある伝え方ができるかどうかという能力です。

    伝え方が9割と言われていますが、共通言語の辞書を持っていない限り、噛み砕いて小学生でも理解できるように話をする必要があります。

    業界用語、業界の常識は当たり前のように知っているというのは時代錯誤。

    誰にもわかりやすく伝えることが求めらえるコミュニケーション力。

     

    行動までの過程を考えて伝えることができる。

    起きたモノゴトを客観的に捉え、思考できる能力。

    自分から相手に情報を発信する時にわかりやすく伝えることができ、アクシデントが起きたときも課題の設定から決定までのプロセスを設定して、滞りなく対処することができることが求められる。

     

     

    | 転職のキホン | 00:05 | comments(0) | - | - |