RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。キャリアクリエーター。採用広報。
人事・経営の家庭教師。米国大学院卒業後、人材エージェント・企業内人事として活躍。
大手旅行会社、自動車販売会社、大手機械メーカー、IT企業など100社以上の採用ブランディング、ダイレクトリクルーティング、リファラル採用をメインミッションとして活動。
人材育成のスペシャリスト、研修講師としても活躍中。

■SNSアカウントのお知らせ
それぞれフォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★ご相談、ご依頼について★
info@jobrescue.net
または各種SNSのDirectMessageでお願いいたします。
<< インターンシップで評価が低い学生3つの特徴 | main | スマホ対応をしていない企業は選ばれない!? >>
インターンシップで勝つための3つのポイント
0

    優秀な人材!?インターンシップの評価とは…

     

     

    昨日はインターンシップで人事評価が低い学生について、3つのポイントでまとめてみました。

    今日は、インターンシップで評価を上げるためにはどうしたらいいのかを考えていきます。

     

    インターンシップは早期内定枠よりも早く内定をもらえる手段となり、1DAYで適性が見極められるかというと、面接評価者の勘、経験、度胸で採用をしているケースが多くあり、内定辞退や雇用のミスマッチになることもあります。

    きちんとした採用基準について研修を行う必要があります。

    質の高い採用をするということになると、基本的なことを共有しておくことが必要であり、採用基準について統一化しておくことが必要になります。

     

    学生にとってもインターンシップが選考の場であるということは、つい最近知れ渡るようになりました。

    これは面接詐欺という現象にもなってしまいましたが、インターンシップのあとに、社員との座談会ということで若手社員、中堅社員、役員などと話をする機会があり、選考が解禁になった瞬間、「内定です」と伝える企業が多くなっていたからです。

     

    傾聴姿勢から問題解決をしていく!?

     

     

    積極的にアプローチができないときの対策としては、傾聴をして相手に感心があることを示しましょう。

    相槌をしたり、話を掘り下げたりするようにして、問題解決を図るのがポイントになります。

     

    人に積極的にアプローチするために重要なのは、人や人の発言に対して興味・関心を持つことです。

    自分のことを積極的に話してくれる人も中にはいますが、そうした人は限られています。

    多くの人は、質問を投げかけられて初めて、自分の考えや感じたことを話してくれるものです。

     

    そのため、人に積極的にアプローチするためには、アプローチする人やその人が発した発言に対して興味・関心を持ち、自分から質問することが大切になります。

    学生の皆さんと接していると、「何を話していいかわからない」という人も少なくはありません。

    そうした人は、積極的に社員に話しかけている人をじっと観察してください。

     

    きっと、以下のようなことを聞いているはずです。

    〇〇さんは、普段はどんな仕事をしていらっしゃるのですか。
    ○〇さんが××とおっしゃったのは、どんな意図や背景があるのですか。
    ○○さんは、△△という意見に対してどのようにお考えですか、またそれはなぜですか。

     

    また、積極的に社員に話しかけている学生に「どうして〇〇さんは、積極的に社員に話しかけられるのですか」と尋ねてみるのもいいでしょう。

    そうすれば、きっとさまざまな答えが見つかるはずです。

    積極的に人にアプローチできるようになる方策は、いくつもあります。大

    切なことは、自分なりの解決策を試行錯誤しながら、日々の生活の中でも積極的に人へのアプローチを試みることです。

    自分に合った方策は誰にでも見つかるはずです。

     

    大局観や俯瞰の位置から見ることができるかどうか!?

     

     

    思考のレベルが狭く、浅いことに関する対策としては、日頃から縦横から考える習慣と大局観や俯瞰の位置からものごとを考える必要があります。

     

    「縦の思考」とは、1つのテーマに対して、「なぜか」「どうしてか」を考えることです。

    トヨタ自動車は、世界的に「カイゼン」活動でも著名な会社ですが、社内では、「『なぜ』を5度繰り返すとようやく真の問題にたどりつける」と言われているそうです。

     

    一方、「横の思考」とは、「ほかの選択肢」をつねに考えることです。

    選択肢となる案を3〜5つほど考え、その中で「優先順位」をつける思考方法を身に付けることです。

     

    そして、大局観や俯瞰の位置からもう一度見直してみることによって最善策かどうかを判断する力をもつことです。

    仮説思考ができるようになると、一つ上のステージからその手段と方法について考えることができるようになります。

     

    私はこれまで何度も、大企業の中堅社員に「ロジカルシンキング」の研修を行っています。

    その中ではさまざまな思考スキルを教えていますが、基本は「縦と横の思考」です。

    誰もが「思考のくせ」や「得手・不得手」があります。

     

    しかし、思考は変えられるものです。

    そのため、日々、自分の思考のくせを意識し、もう一歩広げたり、深めて思考する習慣を身に付けてください。

    議論する場を意識的につくり出したり、議論の場に積極的に参加することも有効な対策になります。

     

    協力をする姿勢と思いを伝えることができる!?

     

     

    グループワークについては、議論の勝ち負け、答えを求めているわけではありません。

    ここで見ているのは、協調性と個性をだせるかどうかです。

    仕事は1人ではまわりませんし、いろいろな人が関わって出来上がることになりますから、自己主張しすぎずに、自分の意見を言えることが求められます。

    指示待ち族にならないような人材を探しているという事になります。

     

    そもそもグループワークの目的は、与えられたテーマに対して、解答を導き出すことだけではありません。

    そのプロセスにおいて、「チームで協力しあう」ことも大切な目的です。

    そのため、たとえ自信がなくても、自分の「意見」や「思い(感想や気持ち)」を発信することが求められます。

     

    私が学生のグループワークをナビゲートしていると、どのグループでも、議論の進展が速すぎてついていけない人や、自分の考えがまとまらないと発言できない人が見られます。

     

    その際、私は「率直に自分の思いを伝える」ようにアドバイスしています。

    具体的には、「ちょっと待ってください」「横道にそれていませんか」「ここをもっと掘り下げたほうがいいのではないですか」など、チームのメンバーに自分の「思い」を伝えるのです。

    「えっ、そんな簡単なことなの」と思われる方もいるとは思いますが、意外と効果的です。

     

    多くの学生は、ディスカッションに慣れているとはいえません。

    そのため、「声の大きな人」や「自分の考えを押し通そうとする人」の意見が検証されないまま一人歩きし、「議論の幅」が狭くなってしまうことが少なくありません。

    そんなとき、「率直な思い」は、一度皆を立ち止まらせ、議論の幅を広げる効果があるのです。

    思い切って発言してみると、実はほとんどの人が議論についてきていなかったことがわかる場合もあります。

     

    いずれにしてもグループワークは、チームで協力することが求められています。

    そのため、議論を進展させる方法にはいくつもの種類があることを理解し、グループワークの場でさまざまなアプローチを試みることが有効な対策となります。

     

    | careercreator | 00:05 | comments(0) | - | - |