RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。
個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。

■SNSアカウントのお知らせ
フォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78
※申請を頂いても無言申請、知り合いがいない、フィールドが少ない方等についてはお断りをさせて頂きます。

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★note★
http://note.mu/matsushin

★ご質問ついて★
https://tomohirosogawa.sarahah.com/

★お仕事のご相談・ご依頼について★
t-sogawa@jobrescue.net
<< エージェント戦略で差をつけたい3つのポイント | main | 自然と人が集まってくるコミュニケーション >>
大手企業からベンチャー企業へ転職をする人々
0

    大手企業から中小企業への転職

     


    最近の新しいトレンドになりつつあるのが、大手企業から中小企業への転職者が増えているということ。
    優秀な多くのトップ社員が、大企業を辞めて中小企業に移っている。

    なぜそのような転職をするのかというと、「より良い仕事のチャンスを活かすため」と約6割の人がいっています。
    これでは抽象的なので、具体的にはどういうことなのでしょうか。
    多くの社員に取って安定した仕事や出世を約束されたポジションというのは、十分なメリットでは無くなったということのなのでしょうか。

    1:従来型の会社員の枠にハマりたくない

     


    最近の教養のある転職者は自分のことを一企業として考えています。
    経営者視線を持っている転職者が多くなり、仕事とは我がごととして考えているからです。
    すべての仕事は一時的なものであり、雇用の保証のようなものはないと信じています。
    日本でも終身雇用、年功序列の廃止に伴い、多くのベテラン戦士が戦力外通告をされました。

    これからは就社で安泰ではなく、いつ解雇になってもおかしくない時代です。
    自分の未来をもっと自分でコントロールしたいと考えています。
    雇用主のために働くのではなく、雇用主とパートナー関係でありたいと思っている。
    従来の会社員とはかなり考え方が違っています。
    アグリゲーターと呼ばれている専門性があり、複数の企業へプロジェクト参加する人やアライアンスを組んで企業と個人がWin-Winになる時代です。

    2:お金で縛られるのは格好悪い

     


    「ライフスタイル雇用者(スケジュールや個人のニーズにあったライフを送る雇用者)」と呼ばれる、新しいタイプの会社が増加していることで大企業は優秀な社員を引き止めることがさらに難くなっている。
    歴史ある大企業はたいてい良いイメージがありません。

    創造性がなく、勤務スケジュールに柔軟性がなく、社員の努力に対して直接的な影響が感じられないので、優秀な人材にとっては魅力的ではありません。

    お金で縛る大企業の雇用の仕方は、仕事は嫌いなのに特典やメリットを担保に取られているような感じで、優秀な人材が抜け出したくなります。

    3:雇用ブランドイメージを上げる

    雇用に関してネガティブなブランドイメージを持たれている大企業の中には、それを払拭しようとして、入社後にどのような勤務環境を提供をしているか、そのストリーを発信することに力を入れている企業もあります。
    社員やオフィス、社内イベントの写真など、視覚的に会社の雇用のブランドイメージをアピールする短い記事を、ソーシャルネットで紹介していたりすることが多くあります。

    4:会社のことを出来るだけ明らかにする

     


    例えばfreeのオープンソースのソフトウェアを製造している会社は、ベテランの人材を採用するために、ソフトウェアを評価するためにオンラインのリソースをふんだんに提供していることを見せて、自社雇用のブランディングを行っています。

    人は会社の姿勢や考え方を見抜いています。
    会社が常に雇用のブランドイメージを共有していれば、転職を希望している優秀な人材の頭のなかで、その会社のブランドイメージが早く更新されることになります。

    誇大広告は見抜かれます

    その会社で働くというのはどういうことかを話すときに、いいことばかりを並べる雇用主が多くいます。
    そのような会社はあまりにも良すぎて現実味がないと思われ、雇用のブランディングに失敗してしまうでしょう。

    優秀な人材は誇大広告を見抜くことができます。
    優秀な人材を求めているのであれば、正確で引きつけられるような情報を求めています。
    会社の誠実な対応を期待しており、そのような対応をするからこそ、優秀な人材から信頼される。

    今すぐにやらなければならないことは、人事とマーケティングチームを集めて、採用戦略について話し合いをする必要があるでしょう。
    ゆうゆうな人材を積極的に取ろうとするライフスタイル企業に対抗するためには、自社の雇用ブランドをどのように展開していけばいいのかを話し合うことをおすすめします。
    大企業のブランドイメージがどんなものかを無視していると、最高の社員を失う日が近いといえるでしょう。

    | careercreator | 00:05 | comments(0) | - | - |