RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。

個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。

■SNSアカウントのお知らせ
フォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

注意:Facebookのアカウントが実名登録ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、アカウントがアクティブでなものではないと判断した場合お断りをさせて頂きます。

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★note★
http://note.mu/matsushin

★ご質問ついて★
https://tomohirosogawa.sarahah.com/

★お仕事のご相談・ご依頼について★
t-sogawa@jobrescue.net
<< 急増している!?カウンターオファー | main | 面接官の対応って… >>
転職DE天職を見つける方法!?
0

    自分にあった仕事を探す方法とは!?

     

     

    転職を決めたら、自分の今のポジションを評価し、考えられる全ての選択肢を調べましょう。

    これが、転職活動を成功させる上で欠かせないステップです。

    今の仕事から何を学んだか考え、自分の強みを理解し、どの分野の能力をのばす必要があるか判断します。

    そうすることで、転職コンサルタントや企業との面接に臨み、どんな目標を達成したいかを伝えることができます。

     

    マーケティングで自分の市場価値を調べる

     

    市場の情勢、採用活動が活発な業界、採用プロセスにかかる期間などについては、転職エージェントから情報収集することができます。

    給与水準についても質問し、ジョブアラートメール(希望に合った求人のお知らせメール)に登録しましょう。

     

    まず転職したい具体的な企業を決め、その企業に何をアピールできるか考えるとよいでしょう。

    それを伝えれば、転職コンサルタントが、あなたが一番興味を持ちそうな転職先を探すのに役立つはずです。

     

    転職エージェントに登録をしている時間がないのであれば、転職サイトへ登録をしてみましょう。

    サイトを利用している人事やエージェントからスカウトメールが届くことになります。

    スカウトメールを参考にしながら、自分の市場価値を調べてみるというのも1つの手段です。

     

    人材紹介会社を選ぶ

     

     

    定評あるスペシャリスト人材紹介会社を探しましょう。

    複数の紹介会社に登録してもよいですが、あまり多すぎると、あなたの履歴書が同じ企業に何枚も送られることになります。

    1社のみに登録するメリットを考えて下さい。

    一流の人材紹介会社があなたの履歴書を最高のクライアントに積極的に売り込み、あなたに代わって転職先を絞ってくれます。

     

    もうひとつ確認すべきことは、その人材紹介会社がコミッション方式(個人に対する成果報酬を払う制度)かどうかということです。

    もしそうなら、結局は一人の担当コンサルタントが扱う限られたポジションしか紹介してもらえません。

    フルコミッションの場合、余裕がないので避けたほうが無難です。

     

    ブラック企業であったとしても、自分の数字のためなら無理矢理クロージングを仕掛けてくるので、不幸な転職になることもあります。

    信頼関係が築けるエージェントを見つけることで、企業情報、チームの情報などいろいろとヒアリングできることができます。

     

    人脈を作り、チャンスを伺う

     

     

    人脈作りは、「隠れた」求人市場を開拓する格好の手段です。

    他の候補者に大きく差をつけられます。ここでいう人脈とは、現在および過去一緒に働いたことのある同僚、上司、ビジネスパートナー、友人など、あなたの転職活動を手助けしてくれそうな全ての人を指します。

    Linkedinなどのサイトを通じて、自分の専門分野に関連するグループやディスカッションに参加し、人脈を広げるのも良いでしょう。

     

    オフラインの世界での人脈作りも、転職活動の鍵を握る要素です。

    自分の仕事に関連するイベント、セミナーに参加しましょう。

    効果的な人脈を築くのは重要なスキルですが、多くの人が苦手としています。

     

    どうすれば相手の役に立てるかという視点を忘れず、人脈作りのイベントに参加しましょう。

    そうすれば人脈作りの場でも自信を持て、周囲のプロフェッショナルも好意的な態度で接してくれます。

     

    いろいろな求人サイトで検索をしてみる

     

     

    あなたが目指す業界を扱っているオンライン求人情報サイトを調べましょう。

    サイト内の検索エンジンで、役職・給与・勤務地を条件に指定してデータを絞ります。

    ユーザーアカウントを作成し、(企業の目に触れるよう)履歴書をアップロードすることもできます。

    ただし、その履歴書が誰の手に渡るか分からないためリスクが伴います。

     

    登録をしておいたデータについては、毎月1回は最低更新をしてください。

    毎日いろいろな人が多く登録をしてきますから、発見される確率が刻々と悪くなっていくことがあります。

    発見される確率を上げるためにも、毎月1回は更新をかけるようにしましょう。

     

    業界専門紙から求人を検索してみる

     

    どの業界であれ、自分の専門分野や業界に影響する話題を知っておくことが大切です。

    主な業界誌に目を通し、必ず最新の情報を仕入れておきましょう。

    全く別の職種へのキャリア転換を考えている場合も、新たな業界に入るにはどのようなスキルが必要か大体つかめるでしょう。

    | careercreator | 00:05 | comments(0) | - | - |