RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。

個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。

■SNSアカウントのお知らせ
フォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

注意:Facebookのアカウントが実名登録ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、アカウントがアクティブでなものではないと判断した場合お断りをさせて頂きます。

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★note★
http://note.mu/matsushin

★ご質問ついて★
https://tomohirosogawa.sarahah.com/

★お仕事のご相談・ご依頼について★
t-sogawa@jobrescue.net
<< キャリアとは情熱×興味×スキル×時の運!? | main | キャリアを棒にふってもいいじゃない >>
キャリアに偶然はない!
0

    偶然は起きない、奇跡も起きない!それがキャリアだ!

     

     

    私のルールの中にもありますが、奇跡と偶然は起きるものではない。

    それは原因と結果の関係からであり、ちゃんと努力をしていたからこそ、運が向いてできた結果であり、それがたまたま窮地に追い込まれて発生した事象だからである。

    偶然と奇跡は信じていない。

     

    キャリア理論のひとつに「計画的偶発性理論」(プランドハップンスタンスセオリー)というものがあります。

    個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される。

    その偶然を計画的に起こしてキャリアをより良いものにしていこうと、クランボルツ教授は言っているんです。

     

    キャリアを棒にふることもあれば、この「計画的偶発性理論」に影響されているところがあります。

    キャリアに限らず、人生全般において、ほとんどのことが計画通りにはいきませんよね。

    やりたい仕事や、一つの目標に向かって頑張ることは素晴らしいことですが、その一つにこだわることで、他の選択肢に向かう機会を失っているとも考えられます。

    こんなにスピードの速い現代で、一つのことだけにこだわるのはリスクかもしれませんよね。

     

    正社員である限り3年に一度は部署異動が発生をすることになります。

    評価面談で自分がやりたいことやキャリアプランについてプレゼンをしていたとしても、会社の歯車として活躍をすることになる。

    幹部クラスにならない限り、部長、課長クラスで終わってしまうことになる。

    気づいたらキャリアが何もなく、強みがわからない事態に陥ってしまうとキャリアの突然死を招くことになる。

     

    計画的に偶然を起こすために5つのポイント

     

     

    ただ待つだけでなく、チャンスを自分で創り出せるようにすることが大切な気がします。

    それが「計画的」ということなんですけど。

    具体的には、行動したり、周囲にアンテナを張ったりすること。

    実践する時は5つのポイントがあります。

     

    好奇心、持続性、楽観性、柔軟性、冒険心の5つです。

    まず、好奇心を持って常にアンテナを張ってデータを貯めておくこと。

    情報収集源に偏りがあると、アウトプットも偏ってしまうので、異業種とか、考え方が真逆の人の声もインプットするようにしています。

     

    いろいろなことに興味を持って掛け持ちをしてみるのも1つの方法です。

    例えば、趣味をたくさんもってみる。

    釣り、サッカー、野球、バスケ、バレーボール、映画鑑賞、音楽鑑賞など、興味を持ったことは片っ端からやってみる。

    旅行で行きたいところがあれば、次の休暇にいってみる。

    興味の対象が広いということがあるんですけど、多様性の中に身を置くことにも価値を感じているんです。

     

    所属コミュニティがひとつしかないと、その中での価値観とか不文律に染まりがちになります。

    でも環境が変われば判断基準が変わって、常識が非常識に逆転することもありますよね。

    そんな時にもフラットな視点を持っていたいな、と。副業にもそういう効果がありますね。

     

    人生には流れがあり、コントロールできないもの

     

     

    偶然を手に入れるためには勇気もあります。

    勇気を持つには、柔軟性や、冒険心。そして持続性も大事だと思います。

    勇気の裏付けになるものだと私は考えています。

     

    何かしらのものを一定期間持続して、これは自分のものになったという自信。

    プロフェッショナリズムとも言えますね。

     

    継続は力なりと言うように、専門性やスキルの裏付けが勇気になるはず。

    立派な資格とか、コンサルできるレベルじゃなくてもいいんです。

    たとえば、書類の整理にすごく自信があるとか、どんな人とも仲良くなれるとか、絶対に時間を守るとか。

    根拠のない自信って案外大事です。

     

    結局、飛び込んだ後の答えが良かったのか、正解だったのかどうかって自分で決めること。

    自分の決断を否定しない限り、それは正解だと思うんです。

    だから、何か始めても、諦めるまでは失敗ではないというか。

     

    悩みがちな人は、人生をコントロールできると思っているから悩むんだと思います。

    でも、人生そんなもんだと割り切ってしまえば、気持ちもラクになるのではないでしょうか。

    子育ても結婚や離婚も、仕事の経験も、全部蓄積されてひらめきを生むためのビッグデータになります。

     

    だから、いろんなことに挑戦して、いろんなことを手放していいと思うんです。

    副業ならリスクも少なく始められると思うので、やってみて合わなかったら方向転換して、自分が続けられそうなものを探してみる。

    そしてそれが見つかったら極めていく、ということをやれたらいいのかなって思います。

    | careercreator | 00:05 | comments(0) | - | - |