RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。

個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。

■SNSアカウントのお知らせ
フォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

注意:Facebookのアカウントが実名登録ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、アカウントがアクティブでなものではないと判断した場合お断りをさせて頂きます。

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★note★
http://note.mu/matsushin

★ご質問ついて★
https://tomohirosogawa.sarahah.com/

★お仕事のご相談・ご依頼について★
t-sogawa@jobrescue.net
<< やりがいと年収は両立しない!? | main | 採用担当者が冷めてしまう!陥ってしまうワナとは!? >>
採用側の本音!?アラサー女子の採用は難しい???
0

    マネージメントスキルがあれば、レアキャラ

     

     

    「経験はだいたい積んだし、そろそろ転職しようかな」と考え始める20代後半から30代前半にかけて。

    社会人としての経験も十分にあるし、面接でアピールできる実績もあるから、そんなに苦労せずに次も見つかるだろうと考えてしまいますが、実際のところはどうなのでしょう?

    30代女性の転職に求められるスキルや経験、どんなものを持っていれば激戦の転職市場を優位に戦えるのでしょうか?

     

    30代で特に有利なのが、マネジメント経験のある人ですね。

    日本では30代ですでにマネジメント経験がある人はかなり貴重で、ないのが普通。

    小さなチームであってもメンバーを率いてプロジェクトをやってきたという実績のある人であれば、人事担当者の目に留まりやすいと思います。

     

    ただ、実際のところ、マネジメント経験のある30代は少数派。

    マネジメント経験がまだない場合はどうすればいいのでしょうか? 

    アピールの仕方によっては、成長の伸びしろがあると感じることができれば採用へ大きく傾いていくことになります。

     

    実際には、ほとんどの場合、『この人は将来優秀なマネジャーになりそうだな』というポテンシャルで採用することになります。

    たとえば、複数の利害関係者が絡みあう複雑な案件を担当したという経験があったりすると、『相手の言い分を聞ける』『相手の気分を害さないように主張できる』『論理的に考えて落とし所を見つけられる』『相手を説得できる』といったコミュニケーション能力のある人材と判断されるでしょう。

     

    成功体験だけでなく、失敗体験を言語化しておく必要性

     

     

    とはいえ、面接でアピールの仕方を間違うと、「マネジャーのポテンシャルがありそうだ」と思ってもらえるどころか、逆効果になってしまう可能性もあるので気をつけたいところ。

     

    こんな複雑な案件をやりました!こんなプロジェクトやりました!と面接でアピールするにしても、“自分話”になっていると、逆効果。『私が、私が』と成功談ばかり聞かされても鼻につくので、失敗談もきちんと話しておきたいですね。

    失敗談でウソをつくのは実は難しいですよね。だから、失敗した経験を話せる人は、採用側としては『この人、正直なんだな』と思えるのではないでしょうか。

     

    また、これまでの経験のアピールだけでなく、これからの希望もきちんとアピールすることが大事なのだそう。

    やはり今の時代、女性の管理職を増やしていきたいという企業は多いので、面接ではっきりと『マネジャーになりたいです』と希望を伝えられる女性は評価される。

     

    持ち運べるスキルセットが必要な時代

     

     

    マネジメントに関すること以外では、これまでに身につけた経験やスキルをどのようにして自分の中に蓄積しているかも問われるようです。

     

    とある企業の人事責任者は、30代になったから、このスキル、この経験を求めるということはないですね。

    うちの場合は経験から生まれたマインドみたいなものを、30代を採る場合は大事にしています。

    私の場合、一番重視しているのは、20代のうちに蓄積してきた経験値を言語化して他のメンバーに伝承できるかどうかですね。

     

    これまでやってきたことを自分の中に留めないで、体系化してスキルとしてみんなと共有できる人は、どこでも活躍できる印象です。

    ただそういう人材はかなり貴重で、10人面接して1人いるかいないかですね。

     

    敏腕キャリアコンサルタントは、やはり28歳、29歳くらいからスキルが求められてきますね。

    営業であれば、成績よりも、無形商材の経験があるかどうかとか、法人営業が得意かとか。

    女性の営業はとても貴重なのでスキルをうまくアピールできれば有利です。

     

    また広報もベンチャーを中心に今すごくニーズがあると感じています。

    広報の場合も、メディアと強力なコネクションがある、SNSの運用や採用関係の広報もできるといった具体的なスキルがポイントになります。

    ベンチャーの広報は、会社の成長に合わせて広報の仕方を変えていかなくてはならないので、そのあたりの経験も有利に働きますね。

     

    アピールしやすい具体的スキルがあると有利なのは男女共通ですが、特に女性の場合、妊娠・出産のあとに効果を発揮することがあるといいます。

     

    持ち運びできるスキルセットがあると、30代女性の転職は有利ですね。

    たとえば、経理ならプロジェクトの実務経験があって原価計算ができる、税金計算まで一貫してできるといったスキルがあると、『この人にしかできない仕事』につながります。

    すると、仮に出産して時短勤務やリモートワークになっても、会社にちゃんと価値を提供できると判断します。

     

    30代の転職を有利に運ぶためのポイントをまとめてみると、次の5つになりそうです。

    1:マネジメントの経験
    2:利害調整できるコミュニケーション力
    3:マネジャーをやりたいという意思表示
    4:自分の経験値をチームで共有するスキル
    5:持ち運びできるスキルセット

     

    スキルの掛け算も必要ですが、こういう経験の掛け算も必要になります。

    転職市場が求めているスキルというのも年々変わってきていますので、最新の情報を手に入れるためには、人事、エージェントとの弱いつながりを持っておくことが必要かもしれません。

     

    | careercreator | 00:05 | comments(0) | - | - |