RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。

個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。
<< 企業に貢献できる能力をアピールする3つの方法 | main | 評価される自己PRと評価される志望理由とは >>
企業人に評価される自己PRとは!?
0

    前回はエントリーシートから企業が求めている能力を知ることができることについてお話をさせて頂きました。
    企業が今求めている能力については、次の3つです。
    チャレンジャー精神、リーダーシップ、人を巻き込む力に分けられます。
    1つのエピソードで3つの能力についてアピールすることが重要です。
    さて今回はOB訪問や内定者訪問で実際に評価される自己PRについて、ちょっとだけお話をしていくことにしましょう。

    模範解答の1つとしてとらえることができる

     


    赤本やインターネットの就職サイトに載っていることは定説的なものが多いんです。
    無難に人事や面接官が受けることが多い、あるあるネタが載っていることが多い。
    そのため、言葉に重みが無かったりするため、自分の言葉で言い換えると違和感が発生します。
    その企業にあっているかどうかがわからないため、違和感が発生しますし、不安になることもたくさん出てくることになります。

    その不安を解消するためにも内定者やOB、OG訪問をすることはいいことだと思います。
    なぜかというと、その企業の厳しい選考をくぐり抜けてきた人たちが話をしてくれるというのは、1つの模範解答を手に入れたようなものです。

    参考にすべき部分が非常に多い貴重な情報なので積極的に行動をすることをオススメしています。
    その際に事前にエントリーシートを入手することができるのであれば、それに合わせた質問を用意しましょう。
    就職活動は大学、大学院に入学した時からできるわけですから、ちょっと頭を使ってみましょう。

    インターネットの就職サイトへ登録をすることをオススメします。
    そうすると毎年の傾向と対策がわかるようになります。
    求人票の出し方、ホームページから推測する人物像などを分析することができます。

    その後はコミュニティに参加をすることで、情報を得ることができます。
    いろいろなコミュニティがソーシャルネット上で展開をされていますので、そちらから情報を入手することもひとつの方法です。

    ビジネス雑誌やビジネスサイトに出ている社員についてはチェックをしてみましょう。
    ソーシャルネット上で発見することもできますので、そこからアプローチをすることもできます。
    ただ注意をしなければいけないのが、知識のメタボリックになってしまって、思考が硬くなることは危険になるので、しっかりと自分自身の軸を持っていることをオススメします。

    自分と同じタイプの人を探す
     


    模範解答の1つといっても、自分と全然異なるタイプの人を参考にするにしても自分自身にあった自己PRや志望動機にはならないということに気をつけてください。
    例えばどう見ても人を巻き込む力がないという学生さんが、リーダータイプの内定者やOB、OGの話を聞いたりすると、自己PRに違和感が出来る理由はそこに気づいていないことなんです。

    自己PRができたのはいいんだけど、なんか違和感があるというケースは、自分自身のタイプと参考にしたタイプが全く違うことによって、話を盛ってしまったり、ウソまでは行かないにしてもグレーゾーンで話を作るから、面接終了後にお祈りメールが届くことになることに気付いてください。

    また志望動機についても同じように海外経験が全くない人が海外経験を基に志望動機を話すOBやOGの話を参考にしても無理がある。
    あくまでも自分自身の境遇に似た人や自分に近いタイプの人の話を参考にすることがポイント。

    思い込みと先入観で判断をしてしまうとマイナスになることもありますので、積極的に企業のOBやOGを訪問することもオススメします。
    自分に近い人がいないという事はありませんので、体育会系出身者で同じサークルだったOBやOGがいたりすると、話がしやすかったり、腹を割って話をしてくれる可能性が高い。
    企業には草食系の営業がいたり、肉食系の人事がいたり、いろいろな人材の宝庫ですから、ちゃんと調べてからアプローチをしてみましょう。

    企業は成果を出し続けるには同じタイプの人間が集まっていてはよくないということを理解して、多様性のある企業を目指している。
    自分に近いタイプの社員が必ずいますので、いろいろな人にアプローチをしてみましょう。
    6次のつながりと言われていますから、6人介在してもらえば会えるチャンスもあります。

    話を鵜呑みにしてはいけない
     


    ここでOB、OG訪問でやってしまうことがあります。
    学生さんはその企業で1人のリクルーターから話を聞いたらそれで満足という学生さんも多くいます。

    OB、OG訪問ということは企業にとっても宣伝の場であり、来てもらった学生さんについてはお客様扱いであるということを忘れないで下さい。
    ネガティブな発言や言動をすることはなく、ポジティブに話をすることが求められています。

    そのため一人だけ話を聞いたからと言っても企業分析や業界分析ができない事が多いんです。
    同じ会社で数名の話をきくことをおすすめしています。
    数人の話を聞くことによって、共通点が炙りだされることになりますから、そこを突破口にして志望理由や求める人物像などについて分析をすることができるでしょう。

    自分に近いタイプの人に出逢うことができ、運よく仲良くしたとしても、その人だけの意見をうのみにすることはしないようにしましょう。
    就職活動のように正解がない世界において、1つのやり方に固執することはリスクが高いんです。
    その人の考え方についてもいろいろいる人のうちの1つであるというぐらいに、冷静に捉えて、いろいろな人の考え方に触れていかないといけません。

     

    | careercreator | 00:05 | comments(0) | - | - |