RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。

個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。

■SNSアカウントのお知らせ
フォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

注意:Facebookのアカウントが実名登録ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、アカウントがアクティブでなものではないと判断した場合お断りをさせて頂きます。

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★note★
http://note.mu/matsushin

★ご質問ついて★
https://tomohirosogawa.sarahah.com/

★お仕事のご相談・ご依頼について★
t-sogawa@jobrescue.net
<< 前倒しのキャリアと5つの戦略 | main | 信用預金が女性の活躍を推進する >>
女性は管理職に向いている!?
0

    マネージメントへの積極的登用

     


    圧倒的な実績と信頼預金があって、管理職の経験をしておくと、育児休暇期間終了後に復職した際にも管理職として働くことができる。
    時短勤務をうまく利用して、200人の部下を育成している女性もいるのが現状です。

    管理職とかマネージメントという言葉を聞いて間違った認識をする人がいます。
    部下より優れたパフォーマンスを見せて、尊敬される存在にならなければならない。
    強いリーダーシップでチーム全体を引っ張っていかなければならないと考えがちですが、それが正解のマネージメントとは限りません。
    等身大でできることを一生懸命やればいいんです。

    思い込みと先入観がイメージとして先行してしまうため、尻込みをしてしまう人も多い。
    女性の管理職の場合は、特徴をうまく活かしてチームを纏めることができる可能性が高い。
    メンバーがチームで働きやすくするために黒子に徹することが必要になります。
    メンバーのサポート役、メンバーの伴走役となることで、チームの力が上がっていくでしょう。

    チームの育成をする時に、個人の能力が育成できたところで、チーム力という言葉を使う人が多い。
    現状としては個人の育成を待っていたら、チーム力は伸びずに組織力も低下していくことになるだろう。
    そうならないためにも、個人の育成とチームの育成の両方を考える必要がある。

    メンバーの潜在能力に注目をしてそこを育成することによって、個人の能力が上がっていくことがわかります。
    マネージメントとは潜在能力を潰さない、壊さないように育てていくことが必要である。

     

    たまには水をやったり、日の当たる場所へ持って行ったり、肥料を上げたりすることで個人の育成ができる。
    そうすることによって戦力値が上がってくるわけですから、その力をまとめてあげればいいのです。
    常にコミュニケーションを取りながら、些細な変化にも気付けるのが女性の管理職なんです。

    女性が管理職に向いている理由としては、成長をさせたいという気持ちをもっているから、
    下宿先のおばちゃん、お節介なおばちゃんなどに代表されるように、
    人をダメにすることは簡単ですが、人を育てることについては長けている部分が多くあります。

     


    男性の上司より部下がココロを開きやすいのは女性の上司です。
    人の懐に入りやすく、無防備になりやすい環境を作ることができるので、身の上話から、仕事の話まで、時にはメガ秘密まで相談をすることができるから不思議です。
    安心して何でも話せるまでには細かいコミュニケーションをしっかりとっているかです。

    「あっ!髪切った。イメージが変わってよくなった。」とか、「今日は大事な商談があるんじゃないの?がんばってね。」など、
    些細な変化にも気付いてあげて、ちょっと褒めるということをかかさずやります。

     

    こういうことから気にかけてくれているという存在になっていることがわかると、プライベートから仕事までいろいろなことを相談されるようになります。
    チームの状況や個人の悩みまで情報が集まってくることになるから不思議です。

    女性特有のホスピタリティをうまく活用したコミュニケーションを取ることで、細かい気配り、心配りができるというものです。
    例えばチームメンバーの誕生日を覚えておいて、ささやかなお祝いをしたりする事になります。

    誕生日のサプライズというのは営業出身の男性の上司であったとしても、なかなかできないのが現状である。
    常にいろいろなことに興味を示して、アンテナを張り巡らしていないと忘れてしまうことです。
    こういうことからチームメンバーの信頼を勝ち取っていくこともできます。
     

    | careercreator | 00:05 | comments(0) | - | - |