RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。

個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。

■SNSアカウントのお知らせ
フォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

注意:Facebookのアカウントが実名登録ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、アカウントがアクティブでなものではないと判断した場合お断りをさせて頂きます。

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★note★
http://note.mu/matsushin

★ご質問ついて★
https://tomohirosogawa.sarahah.com/

★お仕事のご相談・ご依頼について★
t-sogawa@jobrescue.net
<< キャリアは踊る!?上司の不満ベスト10!とは | main | 求人広告のうらを読んで、面接の戦略を立てよう! >>
新しいキャリア、新しい働き方
0

    100人いれば100通りのキャリアがある

     

     

    SNSを見ると退職エントリーであったり、フリーランスになっている人の記事を見ていると、「自分も転職しなきゃ」という気持ちになって、10月の転職市場がざわついてくる季節です。

    価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。

    「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らすために、あたらしい働き方を模索する人も増えています。

     

    自分らしい働き方はなんなのか、自分が働く意味はなんなのか、と自問自答していくことになります。

    そうすると隣の芝生は青く見えるではありませんが、転職をしようかなぁ、という人も最近では多くなりました。

    時代と共に働き方も変われば考え方も変わってきますが、ほとんどの人はアップデートできずに自分の価値観を押し付けてしまう人もいます。

     

    柔軟な発想と謙虚さが必要な時代になっています。

    幸せの価値観は人によって異なるものですし、自分が正解だと感じた道を進むことが必要です。

    40歳過ぎて出世レースから脱落したとき、独立をしようとしても遅いかもしれません。

    定年を迎えてから、シニア起業をして成功をする保証はどこにもありません。

     

    常に自分のキャリアを考えながら、いつまでに何をするのか、どうなるのかということを考えていく時代へシフトチェンジしています。

    lifeShiftからlifedesignの時代へ突入をしているのです。

    過去の常識が今の非常識になっていることも多くあるので、常にアップデートをしていないと置いてけぼりになってしまう。

     

    1:◯◯ランキングはもはや通用しない

     

     

    年末年始から新卒採用が活発化すると、就職企業人気ランキングが発表をされます。

    これを始めたリクルートは現在このランキング発表を2012年以降やっていません。

    現在もやっているのは、日経新聞社関係の雑誌社だけということは、9割の人が知らない事実。

    その他にも生涯年収ランキングとか、年代別の年収ランキングをやっているから不思議です。

     

    50年近くにわたって就職人気ランキングを調査、発表し続けてきたリクルートがランキングの廃止を2012年に発表しました。

    その理由は、学生の価値観が多様化する中で、一律で人気企業ランキングを発表する意義が薄れた、ということ。

     

    端的に言えば、昔の一律ランキング的な基準で物事を見ていたのでは、うまく会社を選ぶことはできなくなってきたのです。
    一時期前には、学生に情報を集める力はそれほどありませんでした。

     

    ところが今は、膨大な情報がインターネットをはじめ、世の中に溢れる時代。

    古いやり方、昔の基準で会社を選ぶ必要はないのです。


    そもそも、かつてランキングが成り立ったのは、似たような会社ばかりだったから。

    横断的なランキングは、みんなが同じ方向を向いていた時代だったから、成立していたものなのです。

     

    2:プラスマイナスゼロになる社会

     

     

    日本経済新聞が発表している「働きやすい会社」ランキング。

    このベースになっているのは、ワークライフバランスを充実させるべく導入された、企業の人事・労務制度の充実度。

     

    果たしてそれは本当に「働きやすさ」につながるのでしょうか?
    日本企業、とりわけ伝統的な大企業は、「万人がハッピーになれると思える会社」を目指してきたのではないかと感じます。

     

    しかし、働く人々の価値観が多様化した現代でそれは成り立ちません。

    誰かがアンハッピーになるかもしれないことを恐れず大胆な取り組みをすることによって、誰かがすごくハッピーになるのです。

    全員をハッピーにしようとすると、むしろ誰もハッピーになれない可能性も高くなるのです。

     

    3:働きやすい会社と働きがいがある会社は別物

     

     

    「働きがいのある会社ランキング」と「働きやすい会社ランキング」では、まったく違う会社がランクインしているのをご存知ですか?じつは、この2つは似て非なるもの。


    では、それぞれで重視されるポイントって?
    働きやすい会社では「働く人にやさしい」とか「充実した制度がある」であるのに対し、働きがいのある会社では「優秀な人材が自らの成果を出しやすい環境が整っているかどうか」ということが重視されます。

     

    会社は、社員が働きたくなる環境を作らなければなりません。

    それと同時に、クリエイティブな仕事に限らず、あたらしいアイデアを持っている人、あたらしい事業を生み出せる人、自ら動ける人を、企業は本気で必要としています。

     

    そうした人材の存在で、会社は一気に変わってしまうからです。

    つまり「働きやすい会社」を作るのではなく、「働きがいのある会社」を作ることが、企業の命運を分けることになるのです。

     

    4:会社に残るも独立するもその人の幸せの価値観しだい

     

     

    「やっぱり自由な働き方、楽しい仕事をするには会社を辞めないといけないのか…」と思う方も少なくないようですが、そんなことはありません。
    独立やフリーランスはたしかに魅力的。

     

    ただ、自分の好きなように働けることと、食べていけるだけの売り上げが確保できることは、まったく別の話です。

    実際、独立したりフリーランスになったものの、生活のための仕事にがんじがらめになってしまう、というケースは少なくありません。


    しかし、すでに信頼関係が成り立っている会社や組織であれば、大きな仕事を獲得できる可能性がある。組織が持っている設備も使えるし、生活の心配をせずに、やりたい仕事に向かえる。
    会社や組織を自分の成果を上げるための場だと気付ければ、独立するよりも組織にいるほうがプラスになる可能性だってあるのです。

     

    5:workとlifeは融合しているのが人生

     

     

    古い働き方では、年功序列のため、若い社員が成果を出したところで、評価はされませんでした。
    しかし、あたらしい働き方を採用している多くの会社では、成果は管理され、承認され、評価され、賞賛されます。

     

    そして働き方も、個人に委ねられます。細かな指示はなく、自由にしていい。

    すると仕事は面白いものになり、クリエイティビティが発揮できます。

    ワークとライフはバランスをとるものではなく、融合しているもの。

    お互いがハピネスをより高めてくれる存在になるのです。

     

    | これからのキャリア論 | 00:05 | comments(0) | - | - |