RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。

個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。

■SNSアカウントのお知らせ
フォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

注意:Facebookのアカウントが実名登録ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、アカウントがアクティブでなものではないと判断した場合お断りをさせて頂きます。

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★note★
http://note.mu/matsushin

★ご質問ついて★
https://tomohirosogawa.sarahah.com/

★お仕事のご相談・ご依頼について★
t-sogawa@jobrescue.net
<< チームをつくるときの6つのポイント | main | モチベーションを上げる5つのポイント >>
部下に仕事をふるための3つのポイント
0

    部下に仕事を任せる勇気

     

     

    部下を信用していろいろな仕事を任せているリーダーやマネージャーはほとんどいません。

    一挙手一投足を管理する上司がいたり、放任主義で失敗したら責任を逃れる保身的な上司など、リーダーやマネージャーという肩書だけの名ばかり管理職が増えているような気がしています。

     

    こういう上司のしたでは出世欲が取られてしまうため、出世を諦めてしまい粘土層になる人が増えています。

    管理職候補については人材が渋滞をしていることも多く、出世レースに見切りをつけて、転職を選択する人も増えています。

    これでは企業に取って人材輩出企業となり、粘土層が政治をする会社へと変貌をしていることに気づいて避難する人も増えています。

     

    職務の効果的な委任が重要なリーダーシップのスキルであることは誰もが認めるところですが、人に仕事を任せるのは手間がかかりストレスが多いため、労力に見合わないことだと思われがちです。

     

    委任の重要性を理解している場合でも、業務によっては人に任せるのをためらうリーダーを多く見かけます。

    なぜなら、任せた仕事がうまく進まず、不十分であった場合、やり直しにかかるコストや時間が無駄になるのではと心配しているからです。

     

    しかし適切なやり方で業務を任せれば、委任は職場の効率化に向けた強力な手段になるだけでなく、ライバルに遅れを取らないために必要な対策にもなります。

     

    企業での職務委任について最善例はもちろんですが、最悪の例についても熟知しています。

    長年にわたり様々なチームに対して、時宜を得た高水準の成果を出すためにメンバー全員を効率的に活用する方法を指導してきました。

    そして職務委任の効果を手にする方法を模索するビジネスリーダーたちのために、その答えを幅広い経験と継続的な研究によって導き出しました。

     

    以下にその3つのヒントをまとめます。

     

    1:委任すべき内容を確認する

     

     

    委任によって仕事量をチームメンバーに分散することが可能になり、その結果あなたは自分の特定のスキルや専門知識が必要とされる課題に集中する時間を増やすことができます。

     

    まずは自分にしかできない業務とあなたのスキルに一番適した業務を特定することが重要です。
    これらはあなた自身が時間を割いてやり遂げるべきで、他の人には任せてはならない業務です。

     

    こうした業務を特定してから、やるべき仕事のリストに残ったその他の仕事を見返し、やり方を教えれば他の人にもできる仕事であるかを見極めます。
    委任できる仕事には、通常明確に定義された条件があるはずです。

     

    2:委任する相手を決める

     

     

    チームの優れている点の一つが、多様な才能、性格、経験を持った人材を自由自在に活用できるところです。
    各メンバーが発揮する独自の強みを正しく活用できるかどうかで、委任の成否が決まるでしょう。
    誰に委任するかを決める場合、その業務をこなせるスキルを持つ人で、しかも組織の下層にいる人材のリストから常に検討を始めます。

     

    これによって、他の仕事をやった方が効率的と思われる人材に業務を委任せずに済み、またチームメンバーに育成の機会を与えることにもなります。
    人材リストを絞り込んだら、業務をこなすのに役立ちそうな他のスキルについても検討しましょう。

    例えば、
    ・組織をまとめるスキルが必要か、
    ・人とうまく接するスキルか、
    ・その他のスキルか、などです。

    順調に業務をこなすのに役立つスキルのリストを作り、このリストをもとに仕事に最適な人材を選びましょう。
    選抜する前に常に各メンバーの現在の仕事量を考慮しましょう。
    追加の業務によって元々の責務に悪影響が及ぶことなく新たな業務をこなせられる人だけに委任するようにしましょう。

     

    3:委任の方法を決める

     

     

    最後の一番重要なステップは、割り当てた新たな業務を順調にこなす方法をメンバーに指導する計画の立案です。
    仕事のやり方を他人に教えることを敬遠して、多くの人が委任を断念してしまいます。

    しかし適切なやり方で教えれば、思っているほどストレスがたまるものでも、手間がかかるものでもありません。

     

    まず初めにやるべきことは、業務の内容と業務をやるべき理由を説明することです。
    他の仕事から隔絶されて存在する業務はありません。どの業務も大きな目標にすべて結びついています。

     

    業務をやるべき理由についてチームメンバーに情報を与えることで、その仕事のどの部分を優先すべきかをメンバーは理解しやすくなります。
     

    次に、与えられた業務について自分で判断を下す際に、メンバーにどこまでの権限が付与されているかを説明します。
    この点については初めから明確にしましょう。

    メンバーが業務をこなすうえで指導を受ける場合は、誰にどのくらいの頻度で報告するかも決める必要があります。

     

    最後に、メンバーが順調に仕事をやり遂げるために必要な体制や資源を忘れずに整えましょう。
    プロジェクトが順調に進むよう具体的な達成目標をメンバーに与えて、その目標達成に必要なあらゆるものを提供しましょう。

    | teambuilding | 00:05 | comments(0) | - | - |