RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。

個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。

■SNSアカウントのお知らせ
フォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

注意:Facebookのアカウントが実名登録ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、アカウントがアクティブでなものではないと判断した場合お断りをさせて頂きます。

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★note★
http://note.mu/matsushin

★ご質問ついて★
https://tomohirosogawa.sarahah.com/

★お仕事のご相談・ご依頼について★
t-sogawa@jobrescue.net
<< 戦略的リーダーの4つのポイント | main | チーム戦略を立てる4つのポイント >>
戦略的リーダーの7つの技
0

    戦略的リーダーが無意識にやっていること

     

     

    いろいろな経営者、役員、チームリーダーなどを人材ビジネスの時代から約2000人ほど見てきました。

    そこである種の共通点があることに気づきました。

     

    昔とは違いビジネスのスピードも上がっており、変化も激しくなっています。

    日本国内、またはターゲットにしている企業に追いつけ、追い越せということでやってきましたが、それでは手遅れになることも実際にあります。

     

    それだげ今日の変化が激しい世界において、リーダーは日々の業務を順調にこなしつつ、先を見越して将来に向けた計画を立てられなければなりません。

     

    ただ日常の任務に対応するだけでは十分とは言えないのです。

    速い変化の先を行き、ニーズを予測し、画期的な戦略を立てられる人だけが、未来のリーダーとして成功できるのです。

     

    そのために必要となるのはリーダーとしての新たな姿勢や斬新なアプローチですが、こうした資質を伸ばして、あなたの現状のリーダーシップのスタイルに融合することが可能です。

     

    企業のあらゆるレベルのリーダーたちと直接仕事をしてきた経験から、他者とは一線を画す、真に戦略的なリーダーには以下の7つの特徴的な資質があると考えます。

     

    1:当事者意識

     

     

    優れた戦略的リーダーは強い当事者意識を持っています。

    事業主のように考えて行動し、会社のミッションと長期的成功を強く意識しています。

    現在だけでなく将来においても、利益が生まれるしくみと顧客のニーズを把握しています。

    彼らは自律を促すエンパワーメント(権限付与)の風土をつくり、行動を起こし、社員が責任をもって結果を出せるようにします。

     

    2:粘り強さ

     

    戦略的リーダーはその内面に、決意や意欲を超える何か特別なものを秘めています。

    その違いの要因は粘り強さだと考えます。リーダーには当然ながら「勝つための戦略」が必要ですが、その戦略を実行し長期にわたり先を見越して行動するには、精神力、高い集中力、強い意気込みが求められます。

     

    3:リスク

     

    好むと好まざるとにかかわらず、我々は不確かな世界に暮らしています。

    戦略的リーダーのリスクに対する考え方は、企業に独自の貢献を果たすということでは他に抜きんでています。

    このためには勇気を持ち、新しい大胆で斬新なアイディアによってリスクを覚悟のうえで行動しなければなりません。

    本当に優れた戦略的リーダーは、リスクを取らなければならないという信念で活動します。

     

    4:機敏性

     

     

    機敏なリーダーは頭の回転が速く、長期計画がどう展開するかがわかっているため、問題やチャンスが生じても素早く対応できます。

    問題を後回しにしたり、必要な決断を先延ばしにしたりしません。

    時間を無駄にせず、賢明で考え抜かれた策を講じます。

     

    こうした見解はブライアン・マガウアン氏とも一致しており、彼はフォーブス誌掲載の記事「Agility: The Ingredient That Will Define Next Generation Leadership(アジリティ:次世代のリーダーシップを決定づける特性)」(2012年6月)で「現代の社員のわずか10%しか、リーダーシップに必要な機敏性を備えていない」と述べています。この不足は明らかに埋める必要があります。

     

    5:気づき

     

    高い気づきのある戦略的リーダーは、自分の将来に影響を及ぼす道路標識や指標に注意を向けています。

    あらゆるサインを敏感に察知することで、将来を形作る様々な影響力、つまり自分にとって不利にも有利にもなり得る力をうまくコントロールできると認識しているのです。

    有益な情報の収集は、自分が活動する世界の全体像をつかむために不可欠です。

     

    6:変化を起こす

     

     

    変化を起こすリーダーたちは、チャンスが訪れた時に新しいアイディアを行動に移します。

    新しい画期的なアイディアを思いつき、それを実行するのです。いつも通りの仕事を続けるだけでは生き残れません。

    今よりも確固たる良いものを築き上げるには、積極的に現状を打破しなければならないのです。

     

    7、ビジョン

     

    先見性のあるリーダーは、将来の成功を明確に説得力のある形で伝えることができます。

    相手にまるで今その瞬間にいるような錯覚さえ抱かせます。

    ここで描かれる「より良い場所」は根拠に基づき、実際的で達成可能でありながら、同時に意欲的で大胆な内容です。

    | teambuilding | 00:05 | comments(0) | - | - |