RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Permalance

能力開発・人材育成のスペシャリスト、研修講師、採用広報として活躍。大手旅行会社、自動車販売会社、IT企業など100社以上の採用ブランディング、リファラル採用、ソーシャルリクルーティングをメインミッションとして活動。

1978年生まれ。米国大学院卒業後、エージェント、企業内人事、経営企画として活躍。
<< 内部昇進で管理職へうまく移行させる方法 | main | 能力開発をアウトソーシングする4つの理由 >>
名ばかり管理職から本物のリーダーへ変革させるには!?
0

    最近増えているのが、名ばかり管理職

     

     

    管理職も変わってきました。

    バブル期まではメッセンジャーとして、経営陣がいっていることを受け売りして、末端まで届けるというのがマネージャーでした。

    ロスジェネ時代はリストラによる人員配置が変わり、人手不足で管理職というより、プレーヤー側の仕事が多くなった。

    プレイングマネージャーとして、数字を追いながら部下の育成をしていくという時代に入っていきます。

     

    ここで出てきたのが名ばかり管理職。

    管理職として残業代は出ない状況で長時間労働は当たり前、休日出勤当たり前、上からの圧力もハンパないというストレスフルの状況下で起こるのは、弱いものがさらに弱いものを叩くという現象。

    今でいうと新型うつ病の症状に近いことが会社内でおこなわれているということが日常茶飯事でした。

     

    名ばかり管理職が組織内にいると、部下はもちろん昇進したくありません。

    残業代がなくなって年収が頭打ちになってしまった上、過労死寸前、心が折れてしまう状況にまで追いこまれてしまう状況を見ているのに、自分が上に上がろうという野心がなくなってしまいます。

     

    そうならないためにも環境づくり、メンター制度など、ハード面、ソフト面の両面からサポートをしていくことが人材定着と生産性のアップに繋がっていきます。

     

    一部の人の意見とは異なるかもしれませんが、職場における普通の管理職とリーダーと呼べる管理職には大きな差があります。

    この2種類の管理職の分かれ目は、結局は特別なスキルを持っているかという点に行き着きます。

     

    つまり片方は部下に自分が上司であると始終言う必要を感じている管理職であり、他方はそれを決して言わなくてもよい管理職です。

    真のリーダーになるのに必要なスキルを誰もが自然に身に付けられるわけではありませんが、普通の人が研修によってこの重要なスキルを磨いてリーダーになることは可能です。

    他の管理職とは違い本物のリーダーだけに備わる5つの資質や特徴をまとめます。

     

    本物のリーダーが持っている5つの特徴

     

     

    1: 模範を示して指導する

     

    本物のリーダーは部下に仕事をさせるのではなく、模範を示しつつ指導し、部下と一緒に仕事をします。

    真のリーダーは部下を高いレベルで維持しながら、自分は更に高い水準に達します。

    自身が進んでやりたいと思わないような仕事を部下に求めないので、こうしたリーダーは人から尊敬を集め、自分は誰よりも偉いとは考えていないことが部下に伝わります。

     

     

    2: 効果的にコミュニケーションをとる

     

    本物のリーダーにとって最も重要な特徴の一つが、その強力なコミュニケーション能力です。

    管理職でありがちなのは、コミュニケーション能力に乏しく、部下をしかり、脅して仕事をさせたり、あるレベルの達成を求めたりする行動です。

    真のリーダーは、業績に影響を及ぼすのに自分の言葉を使います。やる気を引き出す言葉や説得する言葉、思いやりのある言葉を使うのです。また、的確な質問の仕方や話の聞き方を心得ています。

     

     

    3:責任を取る

     

    肩書と給料のためだけにその役職にいる管理職であれば、おそらく自分でできる仕事も人に押し付け、何か問題が生じると周りの部下にすぐに責任をなすり付けるでしょう。

    一方本物のリーダーは良いことでも悪いことでも自分とチームのために責任を取ります。自分が間違いを犯したと認めたり、あらゆる結果を受け止めたりするには強い人間でなければいけませんが、これができる人こそ本物のリーダーです。

     

     

    4:問題をチャンスに変える

     

     

    本物のリーダーは、問題が起きるたびにそれを理由に怒ったり、いら立ったり、他人を責めたりするのではなく、どんな問題でも学んで成長するためのチャンスであると捉えます。

    例えば、顧客からのフィードバックは必ずしもすべてが好意的ではありません。

     

    本物のリーダーであればこれを個人への批判と捉えるのではなく、そのフィードバックを受け入れて顧客が感じている問題への対応策を立てるでしょう。

    彼らの視点は顧客の総合的な経験を改善することに置かれているのです。人生は完ぺきではなく、問題は避けて通れないものです。そこで企業においては、リーダーが困難を乗り切り、計画通りに進まない事態にも対応できるようにする必要があるでしょう。

     

     

    5:学ぶことをやめない

     

    自分は全部わかっていると人が考える瞬間は、その人のキャリアが後退し始める瞬間でもあります。

    アルベルト・アインシュタインは関係式E=mc²を発見したところで終わらず、そこから前進してできる限りのことを学び続けました。

    同じことが強いリーダーにも言えます。どの業界で働いていたとしても常に変化は生じるもので、これは避けられません。

    真のリーダーは、自分の専門領域で完全な知識を持っていたとしても、決して学ぶことをやめません。

     

    リーダーの成長を助ける

     

    経営者や幹部であるあなたは、社員が潜在能力を完全に出し切れるよう支援する力をお持ちです。

    最もやる気のない管理職であっても、適切なツールを備えれば真のリーダーに変わることができ、会社のために全力で尽くしてくれます。

    そしてこうしたリーダーは、自分の得た知識を部下に伝え、チームメンバーに同じ行動をとるよう勧める能力を持つのです。

    | teambuilding | 00:05 | comments(0) | - | - |