RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。

個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。

■SNSアカウントのお知らせ
フォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

注意:Facebookのアカウントが実名登録ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、アカウントがアクティブでなものではないと判断した場合お断りをさせて頂きます。

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★note★
http://note.mu/matsushin

★ご質問ついて★
https://tomohirosogawa.sarahah.com/

★お仕事のご相談・ご依頼について★
t-sogawa@jobrescue.net
<< 年代別!転職サイト、エージェントの使い方 | main |
1割しか知らない転職サイトの使い方
0

    大手の転職サイトへ登録していればいいでしょ!?という人が9割いる。

     

    最近増えている相談の1つですが、「転職サイトと転職エージェントの見分け方を教えて下さい。」という相談が急増しています。

    9割の方は大手の転職サイトへ登録をしておけば、自分にあった仕事を探してくれるという勘違いをしているのが現状です。

     

    それでは自分が理想としている職場へは転職することができずに、失敗を繰り返してしまうでしょう。

    そのうち転職市場での価値がなくなってしまうと会社では粘土層とか働かないおっさんといわれてしまうので、気をつけなければなりません。

     

    みなさんもこういう経験をしたことはありませんか!?

    転職サイトへ登録をするといろいろな人材紹介会社からスカウトメールが届き、メールボックスがいっぱいになることもしばしば。案件の内容についてあまり触れられておらず、コーディネーターやキャリアコンサルタントの自己紹介と求人票を見て応募をしてみた。

     

    そうすると面談担当のコーディネーターやキャリアコンサルタントと話が噛み合わなかった。

    いろいろな求人を紹介されたけど、詳しい話はしてくれなかった経験ってありませんでしょうか。

    これはいま人材ビジネスの業界が抱えている問題の1つです。

     

    名ばかりコンサルタント!?なんちゃってコンサルタント!?が多い

     

     

    コンサルタントのレベルがあまりにも違いすぎる、経験や知識が乏しいコンサルタントが増えているのが現状です。

    こういう人がたくさんいるため、コンサルタントの質が10年前より低下をしているのが現状です。

     

    転職というのは、人生で家を買う、結婚をするぐらいのライフイベントなのですが、最近では気軽に転職をすることになってしまった。

    それにともない人材会社も雨後の竹の子のように、大手から中小、専門性のある人材紹介会社が乱立をするようになりました。

     

    まず、人材紹介会社を使って転職をしようとお考えになったのであれば、最低5社は登録をして、コーディネーターやキャリアコンサルタントの力量を見てからお願いをするところを考えてもいいでしょう。

     

    優秀なコンサルタント、コーディネーターを見つける3つのポイント

     

     

    優秀なコーディネーターやキャリアコンサルタントは次の3つのスキルを共通してもっていることが多く、信用預金を貯めることがすごくうまい人達が多い。

     

    1:親身になってくれるかどうか

     

    見極めるポイントは、連絡手段と方法からわかります。

    メールや電話でこまめに連絡してくれて、内容も丁寧かどうかをチェックしましょう。

    なかには求職者を自分の営業成績を上げるための商品としか見ていないコンサルタントもいます。

    そういう人は対応や態度が淡白で冷たいのですぐにわかります。

    2:過去の実績について

     

    採用決定実績を豊富にもっているかですね。

    これは過去どのくらいの人数の転職サポートをしてきたかを聞けばすぐにわかります。

    100人以下なら未熟なコンサルタントである可能性が高いので注意です。

     

    最近では評価システムが転職サイトでついていますが、ベテランだからいい、経験が浅いからダメという先入観は捨ててください。口コミ評価のレビューで確認することもできますし、面談の質問で聞くことも可能です。

     

    3:業界に精通していること

     

    業界・企業の情報に詳しいかも重要です。

    紹介してくれる会社の内部情報をどれだけ知ってるか、分析も含めてできてるか、などをチェックしましょう。

     

    しかし、営業成績を意識しているコンサルタントであればある程、連絡がマメで、採用決定実績もあって、業界に詳しい人である可能性はありませんか?

     

    その可能性は大いにありますね。
    ですから最後のチェックポイントとして、伝えている希望条件とコンサルタントが提案してくる求人にズレがないかも確認しましょう。 
     

    希望と違う職種を推してくる場合や求人に偏りがある場合、そのコンサルタントは企業側のノルマや自分の営業成績を優先しているか、希望を汲み取るのが下手である場合がほとんどです。

     

    理想の求人に出会うまで

     

    1:大手の転職サイトへ5社登録をしましょう

    まずは転職サイトから5社の人材紹介会社へエントリーをしていきましょう。

    2:1〜2社へ絞こむ

    サイトに登録後、コンサルタントから連絡が来ます。そのタイミングから「信頼できる、能力のあるコンサルタントか」をしっかりチェックしていきましょう。その上で1,2社にしぼります。

    3:キャリアの相談をする

    相談の段階で明確な希望が無くても、正直に「まだ転職するかどうかも固まっていなくて…」と伝えれば問題ありません。

    4:その他いろいろなサイトへ登録をしてみる

    大手転職サイトでキャリアの方向性が決まったら、中小の転職サイトに登録をしてさらに情報収集をしましょう。

    年代別の転職サイトの使い方

     

    DODA

     

    このサイトの特徴としては20代にはすごく強い。会員登録すると20代向けの 年収診断や キャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが利用できる。

    マイナビエージェント

     

    とにかく 20代の転職サポートに力を入れている。20代を積極採用している企業の情報を豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に 業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、20代ならDODAと一緒に登録をしておくこと。

    リクルートエージェント

     

    20代から40代まで幅広く採用実績のある、老舗のエージェント。

    30万人以上の転職成功実績があるので、アドバイザーの質が非常に高く、 「転職が難しい」と言われる40代でも転職成功率が高い。

    登録すると、9万件の非公開求人が見れたり、面接力向上セミナーが受けられたりする特典もあります。

     

    @TAPE転職エージェント

     

    20代×一都三県(東京・埼玉・千葉・神奈川)の転職サポートに特化。営業・管理職のサポートに豊富な実績があるので、営業・管理職への転職を考えているなら必ず登録を。

     

    ビズリーチ

     

    30代、40代を中心に、国内外の優良企業と、厳正な審査基準をクリアした一流ヘッドハンターが、職務経歴書を見て直接スカウトしてくれる。

    年収600万円以上の方なら、求人が出回らない幹部クラスのポジションや、自力では見つけることが難しいオファーが得られるチャンス。

    enエージェント

     

    エンジャパンで取り扱っている企業様の中から、年収600万円以上で非公開求人を紹介してくれる。

    普段の広告ではあまり見ない有名企業の案件が多く、自力では見つけることが難しいオファーが得られるチャンス。

     

    | これからのキャリア論 | 00:05 | comments(0) | - | - |