RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。

個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。

■SNSアカウントのお知らせ
フォローは自由です!

★facebook★
http://www.facebook.com/tomohiro.sogawa.78

注意:Facebookのアカウントが実名登録ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、アカウントがアクティブでなものではないと判断した場合お断りをさせて頂きます。

★Twitter★
http://twitter.com/pro_aggregator

★note★
http://note.mu/matsushin

★ご質問ついて★
https://tomohirosogawa.sarahah.com/

★お仕事のご相談・ご依頼について★
t-sogawa@jobrescue.net
<< 転職はリストラ回避策 | main | 日本基準と世界基準の違い!?グローバルスタンダード >>
社会、市場、自分の名前で仕事をすること
0

    本音と建前を使い分ける

     


    中途採用の面接をしていると気づくことがあります。
    退職する理由というのは必ず聞くことが常套手段になっている。
    企業の人事と言うのは、ネガティブはイエローカードとして、話を盛る、ウソをつくという行為はレッドカードとする。

    いいところを魅せようとして背伸びをしていく

    しかし、判別できないこともある。
    そういう時は違う角度から質問をすることがよくある。
    年齢を重ねている人というのはこれもかいくぐってしまう。
    特にプレゼンがうまい人や人を巻き込んで仕事をしていたプロデューサータイプ。
    そこはグレーゾーンであり、評価についても部分点をつけることがある。

    なぜ、中途採用の面接で退職理由をポジティブにいうことや、我が事として前向きに退職理由を言わなければならないのだろうか。
    それは逃げの転職をした人は活躍できないという先入観があるからだ。

    一度逃げることを覚えてしまうと、また壁にぶつかると逃げてしまう。
    そうすると転職を繰り返すジョブホッパーとして感じてしまう。

    企業と従業員についてはトレードオフの関係がある。
    正社員として雇用をするので、長時間労働、理不尽な異動、会社のわがままを聞いてくれという主従関係が成立している。

    「逃げ」の要素がない転職は存在しないだろう
     


    採用面接でポジティブな転職理由を言わなければいけないというのは、トレードオフの関係があることを暗黙の了解としている点がある。
    日本企業はマルチタスクでゼネラリストを育成をしたがる。
    特に10年以上の歴史を持っている企業に多く見える。

    しかし、時代はスペシャリストを育成することが求められている。
    3年に1回のジョブローテーションがあるのは、プロスキルを身につけるには10000時間で約3年かかるという先入観、思い込みからである。

    これだけ時代の流れが早くなっているにもかかわらず、ゼネラリストを育成している時間はないというのが結論である。
    それでも人事や面接官の考え方は三丁目の夕日のような高度経済成長期から何も変わっていない。

    即戦力を求めているというのは、企業文化にマッチする人を探していますと言っているようなものであり、企業の文化にマッチをしなければ、どんなにいろいろなスキルを持っていたとしても採用をしない。
    つまり、面接官の経験則から自分の部下にしやすいタイプ、従順なタイプを採用することが多い。

    そうするとミスマッチが起きる理由というのは、面接の場でお互いが見抜けなかった場合です。
    仕事のやり方や上司の考え方というのは仕事をしながら見ていくことが多いので、試用期間の3ヶ月、6ヶ月の間で判断をすることが必要になる。

    上司と部下の関係になった途端に、豹変をする人もいる。
    面接の場合はお客様扱いで、部下になった瞬間から自分の手足としてつかう上司もいる。
    考え方や価値感に相違があるため、お互いの評価は最悪である。

    こういう時の転職となると在職期間が短いため、企業人事もマイナスに評価をする。
    そこで人間関係が原因であるということになるとジョブホッパーになる可能性が高いと判断をされる。
    しかし、私から言わせてもらうと、人間関係で無理をすることはやめたほうがいい。
    ココロを蝕み、カラダに異変がでてしまうことになり、その後の社会人生活にも影響が出てしまうから。
    逃げの要素が全くない転職は存在しないことを面接官は暗黙の了解している。

    もっと大きな仕事をしたい、キャリアアップしたいからというある意味で前向きな転職理由をいう人もいるが、今の会社で自分が考えているキャリアに合わせることができないから転職をしたいという本音もある。
    会社の信用預金が溜まっていないから、自分がやりたい仕事につけないことを棚に上げていることも気づいている。

    どんな理由があるにしろ今の職場には自分で変えられない要因があるのであれば、転職をするという考えが出てくるのは自然の考えではないだろうか。

    「冷飯を食わされるぐらいなら、即刻逃げるべき」

     


    「逃げ」の転職者からも「逃げたおかげで今すごくいい環境で働いている」という声もある。
    逆に周囲は逃げていったのに、自分だけが取り残される形になり、心のバランスや体調を崩した人もいる。

    ブラック企業に就職して、ひどい環境で働いていても、本人がその異常性になかなか気づくことができない、と言うのはよくある話である。
    そのため、「ブラック企業で働くことはキャリアのムダになる可能性が高い。」
    「時間は有限であり、ある程度のところで損切りをすることも考えないといけない。」
    「勇気ある撤退も戦略のうち」ではないだろうか。

    しかし、現在の転職市場では逃げる転職理由については受け入れられないのが現実。
    自分を守るために正しいことをしたとしても、世間の評価は冷たいということ。
    これが覆せるのは圧倒的な実績を残していることである。
    その実績経験から裏付けされるスキルについてプレゼンをできるのであれば、採用してもらえるチャンスが回ってくる可能性がある。

    面接での立ち振舞が勝負を決める

     


    転職の面接では正直に退職理由を伝えることはマイナスの評価になります。
    面接担当官によっては一発レッドカードものである。
    忍耐力がない、社会人としての適性に欠けるなという偏見な目で見られてしまいます。

    最も、面接では退職理由を正直に話すことはないので、タテマエでつくった退職理由をいいましょう。
    自分ができる事、これからしたいことを丁寧に話をしていくことが必要でしょう。
    大事なのは長期的なキャリアを築くためにはどうしたらいいかを考えることです。

    自分に合わない環境で仕事をするのは心のバランスやカラダのバランスを崩すことになり、元も子もないということにならないようにしないといけません。
    やはり生き残るためにはどういう戦略を考えるかということに重きをおき、逃げる転職をしてもいいというのが一番正しいと思うようになった。

    | careercreator | 00:05 | comments(0) | - | - |