RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。

個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。
<< 社会、市場、自分の名前で仕事をすること | main | 個人の名前で仕事をする時代 >>
日本基準と世界基準の違い!?グローバルスタンダード
0

    ここがヘンだよ!?日本の商習慣

     


    日本で仕事をしていると当たり前の光景ですが、グローバルスタンダードの視点から見ると、ちょっとおかしい!?と思う点がよくあります。

    その1つが決定が遅いということである。

    「社長が出ている商談の場で、相手がその場で決定を求めているにもかかわらず、一度持ち帰って検討をさせていただきます。」
    「ビジネスシャンスが向こうから転がり込んでいるにも関わらず、意思決定のプロセスが長すぎて、チャンスを逃してしまうことも多い」という理由がよく聞かれます。

    「検討します」でモノゴトが進まないことはよくあります。
    大手企業になればなるほど、いろいろな部署に印鑑をもらい、なぜこれが必要なのかということを説明して回らないといけないからである。

    担当者一人では決められることはありません。
    決済権者が営業に同席をすることがないのが日本企業の特徴です。

    また、「結論の出ない会議が毎日のようにおこなって、意思決定をするまでに時間がかかる」のが、いわゆる大手企業病というものである。
    グローバルスタンダードが当たり前のようになり、意思決定のスピードも早くなっているにもかかわらず、ビジネスのスピードの遅さが露呈しているかたちになっている。

    その次にあるのが年功序列、終身雇用制度が残っていること。

    50代の人たちは右肩上がりの給与になることが当たり前の時代だった。
    バブルがはじけてしまい、完全実力主義の賃金制度担っているにも関わらず、いまだに大手商社や旧財閥系の企業はこれが根強く残っているため、現在の流れには全く合っていない人事制度をいまだに使っていること。

    また、必要以上に謝ることが多い。
     


    1つ失敗をすると余程損益を与えるような行為でなければ始末書を書き、損益を与える行為であれば顛末書を書かなければならない。
    その他にも関係各所の上司、仲間に対して謝り続けなければいけない。
    取引先のクライアントについても、関係各所に手土産を持って謝りにいく。
    失敗をすると評価にもつながっていくため、謝ることも仕事のうちである。

    最後に挨拶のためだけに訪問をしたり、挨拶文が長い

    要件もないのに営業担当が近くを回っていましたから、ご挨拶にお伺いしましたということを見かけたことはあるだろう。
    アポ無しでくるというのは時間泥棒という概念がない。
    打ち合わせ中であったり、外出中以外の場合は、対応をしなければなりません。
    顔を合わせた瞬間に矢継ぎ早に話をする営業も多い。
    いまだに不意打ちをされたようにオフィスに出入りするから不思議である。

    また、メールの文章の挨拶文が長いため、要件がわかりづらいこともよくあります。
    適度な表現と文章量であればいいのですが、長々とわかりづらくなる可能性があります。
    メールとはコンパクトに要件をわかりやすく書くことがポイントです。

    次に女性の活用ということを盛んにアベノミクスでは言われていますが、ほどんどの企業の人事制度は男性が定年退職までを想定して作っているため、女性の活用には程遠い内容になっていることが多い。

    出産、育児でキャリアが止まることを想定しておらず、成果主義の評価ではなく、勤続年数や上司のゴキゲンをとったものが評価される「年功序列」がまどろっこしく感じるのかもしれません。

    日本で言われているグローバル・スタンダードと、世界中で言われているグローバルスタンダードでは大きく違うということ。
    グローバル志向が流行っているが定義が違うと見方も違うということに気付いてほしい。

    | careercreator | 00:05 | comments(0) | - | - |