RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。

個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。
<< 人事や面接官も評価されている | main | 採用責任は面接官や経営者も含まれる >>
面接官を見てサヨナラを決めた理由
0

    前回からの続きになりますが、今回は面接官の対応を見てサヨナラを決めた理由についてです。

    ポイント4:事業内容がわかっていない

     


    これは中途採用で人事に配属されたての人や人事畑一筋でやってきた人に多い特徴です。
    人事の視点からしか見えていないことが多くあり、現場を知らないんだというのがわかってしまいます。
    具体的な事業内容などについては浅はかで主観が強い傾向があります。

    新人さんや人事畑一筋の人を会社説明会、面接担当にすることはリスクがあることを理解してください。
    全体の業務のことを体験していないため、どうしても小手先のテクニックで解消をしようと必死になります。
    そうすると、面接が進んでいくうちに認識、見解のズレが出てしまうことになり、
    これが最終的には内定辞退や面接辞退につながることになります。

    ちょっとした点かもしれませんが、これって意外に重要なポイントなんです。
    見ている階層で景色が違うということはよくありますが、事業内容をきちんと把握していない人を会社説明会や面接でのセットアップはかなりのリスクである。

    ポイント5:知識不足で答えられない

     


    ポイント4と同じように知ったかぶりをする社員はマイナス要因になります。
    王道の質問に対しても「あっ!ちょっと…わかりません」と答える社員は問題外です。
    その会社の社員であれば答えられることを「わかりません」と言ってしまう面接官は、企業がその人に対して面接のレクチャーをしていないか、会社のことを知らないかのどちらかです。

    とある企業では毎年面接を担当する社員に対して、社内研修を行なう会社があります。
    よく聞かれる質問について答えられるように、最新のデータを伝えると同時に、面接の採用基準までレクチャーをしていることも多くあるため、そう簡単に出てくるボロではありません。
    教育研修ができていない場合やその人の感覚と先入観に任せる場合には、よくこういうボロが出てくることがあります。

    ポイント6:質問にきちんと答えていない

     


    応募者だけではなく、面接官もきちんと質問に答えられていないケースが多く見受けられます。
    応募者からの質問でよくあるのが、「いろいろな企業の中から、この企業を選んだ理由」や「何年も働き続けているモチベーションは何ですか」などとういう質問に対して、曖昧な答えをいってしまっている面接官が多くいるのはもったいないですね。

    「いろいろな企業の中からこの企業を選んだ理由」と言うのは応募者にとって聞きたい内容です。
    それを曖昧にしてしまう回答をしてしまうと、応募者からするとマイナスの評価になります。
    質問に対してきちんと答えることを応募者に求めていることが多いのですが、これは面接官に対しても同じことが言えますので、冷静に落ち着いてしっかりと答えましょう。

    ポイント7:面接官の質問が浅い

     


    面接なれをしている面接官の場合は、1つの質問から3つの質問をすることが常識です。
    例えば、「学生時代に頑張ったことは何ですか」という質問をした後に、「どういうことを頑張りましたか」「どんなことに注力しましたか」「何を学びましたか」などといろいろな質問が枝葉のように出てくることになる。

    極稀にですか、質問が浅い面接官に出くわすことがあります。
    面接なれをしていないことはもちろんですが、インタビュー力も無い人であるのが特徴です。

    例えば、「サークル活動は何をしていましたか」と質問をすると、「どれぐらいの人数が所属しているのですか?」「いつ設立されたのですか?」「どんなことをやってきたんですか?」と表面だけの質問をする面接官がいます。

    面接時間は限られており、こういう質問ばかりをされてしまうと、自分の良さ、強みをアピールすることができずに、お祈りメールが届いてしまう。
    こういう面接官をアサインさせることは企業ブランドを下げることになるでしょう。
    そうしないためにも、面接担当者に対してきちんとしたレクチャーをする必要があるでしょう。
     

    | careercreator | 00:05 | comments(0) | - | - |