RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Permalance

能力開発・人材育成のスペシャリスト、研修講師、採用広報として活躍。大手旅行会社、自動車販売会社、IT企業など100社以上の採用ブランディング、リファラル採用、ソーシャルリクルーティングをメインミッションとして活動。

1978年生まれ。米国大学院卒業後、エージェント、企業内人事、経営企画として活躍。
<< オワハラの問題点とは | main | 悩むだけ損、腹を割って話そう >>
キャリアの突然死
0

    キャリアの突然死を招かないためには

     


    「最近、仕事がつまらなくなってきて、転職を考えようと思います。」とか、「上司や先輩が認めてくれないので、転職をしたいんですけど…」とか、転職理由は人それぞれあります。

    大きくまとめると3つの転職理由にまとめられるんです。
    1つ目は人間関係、2つ目は労働環境、3つ目は評価と賃金のバランスがほとんどです。

    キャリアアップしたい、新しいことにチャレンジしたいという転職理由という人が多いのですが、ポジティブな理由を言わないかぎり、内定を獲得できないということがあるからでしょう。
    どんな仕事をしていたとしても、結果が求められるのは当たり前ですし、解決金制度が成立をすると、企業側が解雇をすることが今まで以上に容易になります。

    そうした時に、キャリアの突然死があることについて認識をしていないと、路頭に迷うことになるのは間違いありません。
    キャリアの突然死を招かないようにするには、常にアンテナを張り巡らせておくことが必要です。

    常に転職サイトをチェックしておく、自分のことをしっかりと理解してくれるエージェントを探しておく、弱いつながりを活用して、転職できるように準備をしておくことが必要です。

    そのためには3ヶ月に1度、半年に一度は自己分析をすることをオススメします。
    いきなり自己分析をして、過去、現在、未来をつなぐことはできません。
    きちんと精査したものではなくてもいいので、付箋紙で一言で上げる方法もありますし、箇条書きでまとめる方法もあります。

    ちょっと前までは35歳でキャリアの突然死を招く可能性が高くなり、転職の限界説を存在をしていたのは事実です。
    しかし、ここ数年で流れが大きく変わってきたというのも否めません。
    新規事業で事業を拡大している企業も多くあり、マネージャー候補や幹部候補の案件が増えているのも事実です。

    シニアになっての需要がある人材になるためには、ミドルになっても需要がある人材になるためには、ヤングでも需要がある人材になるためにはと、常に考えて行動をしていかないといけない時代に入っています。

    準備をしておくことによってキャリアの突然死を招かない、
    いざというときには独立する勇気を持っていないといけない時代。
    働き方に正解はありませんから、その時の選択が正しかったといえるようになるには、それなりの準備と心構えが必要になるでしょう。
     

    | careercreator | 00:05 | comments(0) | - | - |