RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Permalance

能力開発・人材育成のスペシャリスト、研修講師、採用広報として活躍。大手旅行会社、自動車販売会社、IT企業など100社以上の採用ブランディング、リファラル採用、ソーシャルリクルーティングをメインミッションとして活動。

1978年生まれ。米国大学院卒業後、エージェント、企業内人事、経営企画として活躍。
<< 弱いつながりからファンをつくる | main | じぶんの教科書をつくる >>
小さなことからコツコツと
0

    仕事は人に巻き込まれ、人を巻き込むのか

     


    雇用形態にかかわらず、仕事をしているとチーム単位で動いていることが多くあります。
    一人で仕事をするということはほとんどありません。
    先日も書きましたが、弱いつながりがひつようになり、
    あなたのファンを作ることから、仕事に巻き込まれたり、巻き込んだりするようになります。

    最近ではソーシャルネットがあるため、これをうまくつかう必要がある。
    昔はアポイントを獲るにしても、相手のことを調べて、電話や手紙でアプローチをするのがほとんど。
    インターネットの普及に伴い、以前より簡単に情報を仕入れることができ、
    ソーシャルネットの発展によりより身近になることとなります。

    twitterやFacebookなどではダイレクトメッセージを送ることができ、
    送られてきた人も送ってきた人のことを簡単に理解をすることができる。
    昔みたいな不信感というのはなくなりつつあり、いろいろな人へのアプローチが可能になった。

    blogやソーシャルネットで自分のやっているセミナーの写真や、
    自分が何屋であるかということをアピールする人たちが増えている。
    仕事のためにというよりは、自分ができることはこれですということに徹している。

    誰でもできるセルフブランディング

    言い換えれば、あなたが何屋でどんなスキルを持っているのかということがわかる様にしている。
    何屋であってどんなスキルを持っている人ということがわかるとアプローチしやすい。
    有名人、著名人などもソーシャルネットをしているため、そこから情報を集めることができる。

    また、友達がいいねを押したり、リツイートをしたりすることによって、
    あなたとの2次ツナガリ、3次ツナガリと広がっていくことになる。
    そうすることによっていろいろな人に知ってもらえるチャンスが広がります。

    ソーシャルネットやblogをつかうことによって、自己PRできる部分もあります。
    会社にいながらキャリアアップをしたいと考えている人もいますが、
    ほとんどの企業が就業規則内に副業規定の禁止ということを書いている。

    お金をもらっているイベント、無料のイベントにかかわらず、
    火のないところに煙は立たないというように何かあった時のリスクがあることを忘れないで下さい。
    人事は住民税の課税額で副業をしているのかどうかがわかることがあります。
    ちょっとでも怪しいと思われると容赦無い尋問が待っている可能性もあります。

    ここを明記していない場合については、人事に確認をしておく必要があります。
    勝手に解釈をして、勝手に行動をしてしまうと懲罰の対象になる可能性もあり、
    場合によっては懲戒免職の可能性もあるので注意が必要です。

    ソーシャルネットやblogについては拡散するまで、
    毎日やり続ける必要もありますし、ファンが獲得できるまではやり続けなければなりません。
    ひと月100記事をアップしたり、twitterやFacebookで1日10回以上の更新など
    いろいろと言われている理由はここから来ているということです。

    直ぐに結果が出ることはありませんし、毎日やり続けると大変ということもあります。
    スキマ時間、移動時間をうまく活用する方法でやってみることもオススメします。
    また、成功をしている人のやり方を徹底的にパクってみるところからはじめましょう。

    | careercreator | 00:05 | comments(0) | - | - |