RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Permalance

能力開発・人材育成のスペシャリスト、研修講師、採用広報として活躍。大手旅行会社、自動車販売会社、IT企業など100社以上の採用ブランディング、リファラル採用、ソーシャルリクルーティングをメインミッションとして活動。

1978年生まれ。米国大学院卒業後、エージェント、企業内人事、経営企画として活躍。
<< 小さなことからコツコツと | main | 方法と手段について考える >>
じぶんの教科書をつくる
0

    自己投資をして、自分の教科書をつくる

     


    研修講師をしているふと気づくことが良くあります。
    人事部や管理職が中心となりやっているため、
    本人たちにはハラオチをしていないことがあります。

    なぜこのことを学ばなきゃいけないのか、
    この1日をムダにすることによって数字があげられるかもしれないという
    不満を顔に表している事がよくある。

    企業研修というとネガティブなイメージであったり、
    本人たちがハラオチをしていないことが多いのが特徴である。
    また身銭を切っていないため、危機的状況ということを理解していない人も多い。

    いろいろなセミナーに参加をしているけれど、
    自分の強みがわかっていない人も多くいる。
    自分探しをしていたり、セミナーにでただけで満足してしまう人もいる。

    これは非常にもったいないことをしていることに気づいていない。
    資格を取らなきゃと思い込んでいて資格を取りまくっている資格マニアと変わらない。
    研修をうけたあと、セミナーをうけたあとは覚えているから使うこともあるけど、
    日が経つにつ入れてドンドン忘れてしまうことになるからもったいない。

    知識は陳腐化していくもの

    パソコンのOSを思いうかげてもらうとわかりやすいのですが、
    一度入れた知識というのは、時代とともに古くなっていきます。
    その知識を陳腐化させないためには、常に自己研鑚をしていくことになります。

    これは他人と比べるものではなく、自分自身との戦いになります。
    自分の強みは何なのか、どんなことができるのかを見つけることで、
    その強みをドンドンと磨いていくことになります。

    自分の専門エリアを見つけたり、デキるエリアを見つけることによって、
    自分のモチベーションも上がっていくことになっていくことになります。
    正しい方向で正しい努力をしていかないと才能が開花しないこともあります。

    ストレングスファインダーということばがあるように、
    自分の強みを見つけることで新しい自分を発見することができたり、
    他の人達と差別化をすることができるチャンスが増えることになります。

    一番最初にやってほしいことというのは、
    自分自身の強みをしっかりと理解して、その強みをどう活かすかということです。
    他人と比べることなく自分自身の中でどう磨いていくかによって、
    キャリアも変わっていくことになるし、天職が見つかるかもしれない。

    目の前にある仕事を必死にこなしながらチャンスを伺うことも1つですし、
    自分の強みをしっかりと理解することができたら、
    その強みを活かして、alliance、アグリゲーターという働き方もあるでしょう。

    その強みを活かしていつまでに何をするのかということを考えていきましょう。
    夢に期日を入れるということも必要になりますし、
    それが無ければ、ズルズルといつまでも同じことを続けている事になります。

    いつまでに何をするのかということを決めたあとは、
    どうやって努力をしていくのか、どういう手段を使うのかを
    しっかりと考えていくことが必要になります。

    | careercreator | 00:05 | comments(0) | - | - |